肌の水分が足りないときは水を飲めばいいの?

水分補給をしても、潤いの足りない肌には浸透しません


乾燥肌に水分補給をどれだけ行っても、スムーズに浸透することはありません。

お肌が乾燥しているのは、角質が非常に硬くなっているため、まずはお肌の角質を柔らかくしなければなりません。

単に乾燥しているだけではなく、紫外線のダメージを受けていたり、スキンケアが不足していたり、睡眠不足が続いているなど生活習慣が関係しているのです。

そのため、まずは生活習慣の改善を取り入れることが重要です。

乾燥肌は体の内側からのアプローチと角質ケアが必須です

乾燥肌を改善するためには、生活習慣を見直すと同時にお肌の角質ケアを行いましょう。

水分を蓄えるをお肌にするためには、固まって肥大している角質を取り除くことが重要です。

その1つとしてピーリングが挙げられます。

ピーリングはお肌の必要のない角質を取り除き、新陳代謝を促進する働きがあります。

お肌の角質が正常に戻ることによって、お肌に有効成分が行き届きやすくなります。

また保湿も当然忘れてはなりません。

角質ケアを行ったとしても、お肌の水分を蓄えることができているか、といえばそうではありません。

お肌の汚れや余分な皮脂を取り除くための洗顔料やクレンジング剤などは、少しでもお肌に優しいものにしましょう。

洗浄成分の強力なものは、必要な皮脂まで奪い取ってしまいます。

洗顔をした後にはすぐに化粧水をたっぷりと補給して、水分がお肌から逃げてしまわないようにします。

角質ケアを行ってもお肌から水分が逃げていく状態が続いていれば、どれだけ保湿をしても意味がありません。

生活習慣の改善、そしてお肌に潤いをたっぷりと与えることを忘れてはならないのです。

肌の乾燥と水分の補給量は無関係ではありません


お肌が乾燥している時に飲み物から水分を補給したからといって、潤いを持たせることができるのでしょうか。

まず、お肌の乾燥に対して化粧水を使用する場合、一時的に水分補給をすることができます。

しかし、浸透したとしてもお肌が吸収することができないのです。

お肌から水分を吸収させようとしても角質層で止まってしまいます。

つまりお肌の内部の水分は、お肌の外からではなく水分補給によって初めて増やすことができるわけです。

水を飲むことで、体の中の細胞の深部にまで水分がしっかりと供給されるようになり、お肌も潤うようになります。

体の水分が不足すれば、細胞すべて水不足になってしまいますので、お肌が乾燥しやすくなります。

ただし、たっぷりと水分補給すればそれだけお肌が潤うようになるのか、といえばそんな事はありません。

飲み過ぎてしまうと腎臓に負担をかけてしまうこともありますし、お肌がむくむことにもなりますので、できるだけ1日に1.5リットル前後飲む、ということを心がけてください。

もちろん外で働いていて汗をよくかく人や、運動を頻繁に行っている人など、水分補給が必要なのであれば、自分に合う水分量がたくさん必要なのであれば、自分に見合った量を摂取するようにしましょう。

水分補給が不足していると、体の中からカラカラの砂漠状態になってしまうということを忘れてはなりません。

体を冷やしすぎると乾燥肌のリスクが高まります

水分が足りないことによる乾燥肌には、水分補給が必要不可欠であるということは欠かせません。

しかし、水を飲むことによって体を冷やしてしまうことがあります。

体を冷やしてしまうことがないように、水を飲むのであれば普段から常温、もしくは温かいものを飲むようにしましょう。

夏場などには冷たいものを飲みたくなりますが、冷たいものを飲めば飲むほど体が冷え、内臓機能が低下し、新陳代謝が低下することによる乾燥肌を引き起こしてしまいます。

紅茶やコーヒーを飲むことで水分補給をしているという方もいるでしょう。

しかし、コーヒーや紅茶のカフェインが含まれているため摂取すればするほど利尿作用によって、体外に水分を排出しようとします。

つまり、コーヒーや紅茶を摂取し、カフェインを摂取すればするほど体は水分不足になっていくのです。

コーヒーや紅茶を飲むのであれば、同じ量だけの水を摂取しなければならないのです。

スムージーや野菜ジュースから水分補給をする場合には、夏野菜などの体を冷やしやすい野菜はできるだけ控えるようにしてください。

体を冷やすと、冷たい水の飲み過ぎの時と同じように、代謝の低下による乾燥肌の原因となってしまいます。

(まとめ)肌の水分が足りないときは水を飲めばいいの?

1.水分補給をしても、潤いの足りない肌には浸透しません

お肌の水分が足りない場合には、硬くなっている角質を柔らかくすると同時に、お肌が乾燥しやすい生活習慣を改善する必要があります。

その上で、化粧水などを使用してお肌に水分を補給すべきなのです。

2.乾燥肌は体の内側からのアプローチと角質ケアが必須です

乾燥肌はお肌に水分を与えると同時に、お肌に与えた水分が浸透しやすくなるように角質を柔らかくする必要があります。

角質を柔らかくするのはもちろん、お肌のケアをしっかりと行うようにしましょう。

3.肌の乾燥と水分の補給量は無関係ではありません

お肌の乾燥は水分補給の量も深く関係してきます。

乾燥を予防、改善したいのであれば、化粧水などを使用するばかりでなく、しっかりと水分補給をして体の中から細胞一つ一つに水分を行き渡らせなければなりません。

4.体を冷やしすぎると乾燥肌のリスクが高まります

水分補給をするのであれば、体を冷やさないように注意しましょう。

体を冷やさないように意識をしたうえで摂取する水分を選んでみてください。

摂取する成分を正しく選ぶことで、効率よく保湿効果を高めることができるのです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る