乾燥肌のかゆみ対策はどうすれば良い?

乾燥肌のかゆみ対策で重要なのは保湿です


乾燥肌の人でかゆみに悩まされている原因は、肌の乾燥が関係しています。

そのため保湿をすれば、かゆみを軽減できるわけです。

そこで保湿対策を怠らずに行うように気を付けましょう。

肌の保湿でおすすめの方法として、天然由来の成分が配合された化粧水を塗る方法です。

入浴や洗顔をした後で、化粧水を使って保湿する習慣をつけましょう。

乾燥肌でかゆみが起きるのは肌のバリア機能が低下しているためです

乾燥肌は、肌の水分量が低下している状態のことを指します。

この水分量が減る原因としては、皮脂やセラミドなどの減少によって肌のバリア機能が衰えているためです。

肌のバリア機能が衰えているなか、外気のさまざまな刺激をダイレクトに皮脂が受けることにより、かゆみとなって表れるのです。

乾燥肌になると、髪の毛や衣服の線維が触れる程度の接触でも、大きな刺激となりかゆみを伴うこともあります。

乾燥によって、通常弱酸性で保たれている肌がアルカリ性に傾いてしまいます。

アルカリ性の状態になると、細菌が繁殖しやすくなるといわれています。

その結果、細菌の活動が肌への刺激となり、かゆみにつながっていくこともあるのです。

肌がかゆくなると、どうしてもかきたくなるかもしれません。

かいてしまうとヒスタミンといわれる成分をどんどん発生させてしまいます。

かゆい箇所をかくと一時的にかゆみは緩和されるかもしれません。

しかし後になってまた我慢できないほどの強い痒みが襲ってくるため、我慢しましょう。

刺激のない化粧水を購入しましょう

乾燥肌のかゆみ対策として、化粧水を使って保湿することが大切といわれています。

しかし乾燥肌の人は通常よりも肌質が弱くなっているので、化粧水の成分をチェックするようにしましょう。

アルコールや香料、着色料のような人工的な成分が入っていると、これが肌に対する刺激になりかねません。

意外なところではアロマ成分が、種類によっては肌に強い刺激を与えることもあります。

またオーガニック化粧品やナチュラルコスメなども、人によってはかぶれを起こすこともあります。

敏感肌用の化粧品でも、刺激のある成分が含まれていることもあり得ます。

そのため化粧水を購入する際には、乾燥肌の人はテスターを実際に塗ってみて問題がないかどうか試す習慣をつけるほうがよいでしょう。

乾燥している人であれば、テクスチャーをとろみのあるものに変えてみるのもよいかもしれません。

もっちりとした潤いのある肌をキープできるかもしれないので、ドラッグストアなどに行って商品をチェックしましょう。

乾燥肌対策のポイントを押さえて保湿をしましょう


乾燥肌が原因で強いかゆみを伴うのであれば、化粧水などを使って保湿対策を行うことが大事です。

そのためには、毎日欠かさず保湿対策を行うことを心がけましょう。

保湿対策を行って数日で肌がモチモチの状態になることは少ないでしょう。

しかしそれでもあきらめずに毎日続けることで、肌のコンディションも徐々に改善していくはずです。

また化粧水を使って保湿する場合には、十分な量を使うことも大事です。

少し贅沢なのではないかと思えるくらいたっぷりと化粧水を与え、その上から保湿クリームを塗って化粧水が蒸発しないようにしましょう。

化粧水は高級なもののほうがより効果を実感できるのではないかと考える方もいるでしょう。

しかしたっぷり化粧水を使い続けたほうが効果も期待できるので、そういった化粧水を使ったほうがよいです。

目元やひじなどの皮膚の薄いところは、もともと乾燥しやすい箇所でかゆみを感じる人も多いでしょう。

そのようなところの保湿ケアは、特に重点的に行うことが大切です。

化粧水を塗った後で、保湿クリームを重ね塗りして、できるだけ水分が蒸発しないように対処しましょう。

(まとめ)乾燥肌のかゆみ対策はどうすれば良い?

1.乾燥肌のかゆみ対策で重要なのは保湿です

乾燥肌の方がかゆみを感じるのは、乾燥そのものがかゆみの原因となっているからです。

そこで肌に潤いを与えるために、入浴や洗顔をしたときにはこまめに化粧水などを使って保湿することが大事です。

2.乾燥肌でかゆみが起きるのは肌のバリア機能が低下しているためです

乾燥肌になると肌のバリア機能が衰えるので、外部の刺激に対して過敏に反応してかゆみを伴います。

かゆくなるとどうしてもかいてしまいがちですが、かくことによってかゆみ成分をさらに生み出して、後になって強いかゆみを伴います。

3.刺激のない化粧水を購入しましょう

化粧水を購入して乾燥肌対策をすることは大事ですが、市販のものだと刺激が強すぎるかもしれません。

アルコールや着色料、香料などの含まれていない、刺激の少ない化粧水を使って保湿対策をしましょう。

4.乾燥肌対策のポイントを押さえて保湿をしましょう

乾燥肌対策として保湿を行うのであれば、毎日続けることが何よりも大事です。

また化粧水を塗って保湿する場合には、たっぷりと使用したほうが乾燥状態からの改善が期待できます。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る