水分が少ないと肌はどんな状態になる?

水分量が少なくなると、さまざまな肌トラブルに悩まされます


肌の水分が少ないと、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

乾燥による肌トラブルといえばカサカサ、ゴワつき、かゆみ、皮剥けなどが挙げられますが、これら以外にもニキビや皮脂の過剰分泌も肌の水分が少ないことが原因です。

乾燥肌は放置しないことが大切です。

乾燥肌を引き起こすNG習慣を知ることが大切です

乾燥肌の原因として代表的なのが間違ったスキンケアですが、生活習慣も大きな原因となります。

乱れた生活習慣は肌の水分を少なくしてしまうため、まずは生活習慣を見直しましょう。

睡眠不足は成長ホルモンの分泌を減らします

肌の健康を保つためには、ターンオーバーが正常に働いていることが重要です。

ターンオーバーが乱れてしまうと、保湿成分であるセラミドが減少し肌の水分が少なくなってしまいます。

ターンオーバーを正常にするために必要不可欠なのが、成長ホルモンです。

成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、睡眠不足だと成長ホルモンも十分に分泌されなくなってしまいます。

熱いお風呂にゆっくり浸かると肌は乾燥します

肌にある保湿成分は熱に弱く、42度以上のお湯に浸かることで流れ出てしまいます。

そのため、肌の水分を保つためにはぬるめのお湯がおすすめです。

また、肌が濡れたままの状態を放置すると、角質層がふやけることによって保湿成分が流れ出てしまいます。

そのため、長時間湯船に浸かることはおすすめできません。

肌触りの悪い寝具は肌に負担を与えます

意外と見落としがちなのが、寝具や衣服です。

肌触りの悪い寝具や衣服は、摩擦によって肌を傷つけてしまう恐れがあります。

また、直接肌に触れるものはこまめに洗濯をして清潔に保つことを心がけましょう。

乾燥肌にはいくつかタイプがあります


水分が少ない状態を乾燥肌と呼びますが、乾燥肌にもいくつかタイプがあります。

自分の肌はどのタイプの乾燥肌なのかチェックしてみましょう。

敏感性乾燥肌

肌の水分が少ないことにより、バリア機能が低下している状態です。

肌が敏感になっているため、少しの刺激でも肌が炎症を起こしてしまいます。

超乾燥肌

乾燥肌を放置することで症状が更に悪化し、超乾燥肌になってしまいます。

皮剥けや白い粉をふくなどの症状が見られます。

脂性乾燥肌

いわゆる混合肌で、乾燥している部分とべたついている部分が混在しています。

べたついていることから乾燥とは無縁のイメージがありますが、乾燥が原因で引き起こされます。

加齢性乾燥肌

加齢によって起こる乾燥肌です。

年齢を重ねるとともに肌の水分や油分は少なくなります。

これにより肌のバリア機能が低下し、更に乾燥が進みます。

幼児性乾燥肌

10歳未満の幼児に見られる乾燥肌です。

幼児は肌の機能が整っていないことから引き起こされます。

アトピー性皮膚炎と症状が似ています。

乾燥による肌の不調を感じたら放置してはいけません

乾燥してる肌は、放置するとどんどんは肌の水分が減少していきます。

そのため、肌がカサカサするなど乾燥肌の初期症状が現われたらすぐに対策を行いましょう。

また、乾燥肌ではなくても乾燥を防ぐために日々スキンケアを怠らないことも大切です。

肌の水分が少ない状態を放置すると、次第に皮剥けやひび割れ、粉をふくといった症状が現われます。

このような状態になると洗顔料や化粧水をつけると肌にしみるようになります。

肌は赤みをもち、とってもデリケートな状態になってしまいます。

バリア機能が低下してむき出しの状態となっているため、刺激にも大変敏感になってしまいます。

また、ニキビも乾燥肌の悪化が原因となることがあります。

肌の水分が少ないと、皮脂が過剰に分泌されやすくなってしまいます。

皮脂が過剰に分泌されることでニキビの原因であるアクネ菌が増殖します。

肌のたるみやシワも水分が少ないことで引き起こされる肌トラブルです。

肌の水分が少ないとハリや弾力がなくなり、下へと垂れてしまいます。

これによって徐々にたるみやシワができやすくなります。

乾燥肌は肌の代謝が悪い状態ですので、ターンオーバーも乱れてしまいます。

ターンオーバーが乱れると皮膚の生まれ変わりも遅れてしまい、その結果シミが残りやすくなります。

(まとめ)水分が少ないと肌はどんな状態になる?

1.水分量が少なくなると、さまざまな肌トラブルに悩まされます

肌の水分が少ないと乾燥肌になってしまいます。

カサつきやゴワつきなどの肌トラブルは、肌の水分が少ないことが原因です。

ニキビや皮脂の過剰分泌も乾燥が原因となる場合があります。

2.乾燥肌を引き起こすNG習慣を知ることが大切です

肌の水分は、生活習慣によっても少なくなってしまいます。

特に睡眠不足は成長ホルモンの分泌量が減ってしまうため気を付けましょう。

また、入浴方法や清潔な寝具を使うことも肌の水分に関係しています。

3.乾燥肌にはいくつかタイプがあります

乾燥肌は、敏感性乾燥肌、超乾燥肌、脂性乾燥肌、加齢性乾燥肌、幼児性乾燥肌の5つのタイプに分かれます。

それぞれ原因は異なるため、まずは自分の乾燥肌のタイプを知りましょう。

4.乾燥による肌の不調を感じたら放置してはいけません

肌の水分が少ないと様々な肌トラブルを引き起こします。

考えられる肌トラブルとして、皮剥け、ひび割れ、粉ふき、ニキビ、たるみ、シワ、シミなどが挙げられます。

見た目の印象にも大きく影響するため、乾燥を感じたら放置してはいけません。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る