肌のキメを整えるのは水分が必要なの?

肌に水分を与え保湿することでキメが整っていきます


肌に水分が十分に行き渡れば肌全体がふっくらとし弾力がアップするので、肌全体のキメが整います。

キメが整うと肌全体が毛穴の大きさも目立つことなくツルンとして見えるので、美肌に見えます。

生活習慣を乱さないようにすること、キメが乱れないように、水分を肌に行き渡らせるように保湿を十分にして肌の状態を良くすることが必要です。

肌のキメが粗くなる理由は水分不足です

肌のキメが整っていない理由は乾燥をしているからです。

つまり、肌内部に水分が足りていないのです。

日本人女性は他の民族に比べてキメが細かい肌質をしていると言われますが、水分が足りない状態が続けばどうしてもキメは粗くなります。

肌が乾燥していると、肌がしぼんだ状態になるので肌全体に弾力やハリもなくなって小じわが目立つようになってしまうでしょう。

肌にしっかりと水分が行き渡れば肌全体がふっくらとしますので、キメが整っていきます。

さらに肌が乾燥をしていると肌のターンオーバーも乱れがちになってしまいます。

肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が肌表面から剥がれおちないままになってしまうので余計に肌の状態が悪くなってしまうのです。

肌の乾燥をする要因の一つに洗顔のしすぎがあります。

肌をきれいにするために洗顔をすることがかえって乾燥肌を助長することになってしまうのです。

肌はとてもデリケートですから、間違ったケアを続けているとどんどん肌荒れを引き起こします。毎日正しい保湿ケアを行って肌を十分に潤わせていけば徐々にキメが整ってくるでしょう。

毎日保湿ケアを行ってキメを整え、きめ細やかな美肌を手に入れましょう。

毎日しっかりと保湿ケアをしましょう


キメを整えたいなら肌が乾燥している状態は最悪です。

水分を十分に行き渡らせて潤いを持たせてキメを整えていきましょう。

そのためには、毎日の正しい保湿ケアが重要なポイントです。

一日の終わりにはメイクを落とすクレンジングをして洗顔をするでしょうが、この洗顔をした後すぐに保湿ケアを行うようにしましょう。

洗顔後は肌が乾燥しがちになっています。

長時間放置していると肌の水分が奪われて乾燥がひどくなってしまいますから、洗顔後は早めにケアをしていくことが大切です。

洗顔後はまずは化粧水をつけますが、この時手でつけるよりもコットンを使ってパッティングをしていきましょう。

コットンを使うことで肌の隅々にまで化粧水の成分を届けることが出来るでしょう。

ただしあまりに強くパッティングしすぎるとのバリア機能を壊してしまいかねないので飽くまで優しく行います。

どうしても難しいと言う人は手のひらに化粧水を出して顔全体を覆うようにして、化粧水をしみ込ませていきましょう。

たっぷりの化粧水をつけた後は水分が逃げださないように蓋をする意味を込めて美容液や乳液をつけます。

美容液や乳液をつける時も擦らず肌全体になじませるように優しく付けましょう。

洗顔の仕方も重要です

正しい洗顔の仕方を理解しているでしょうか?
化粧水で肌に水分を行き渡らせて保湿をすることも大切ですが、毎日の洗顔で水分を減らして乾燥肌にならないように気をつけることも大切です。

正しい洗顔方法を身につけてキメを整えていきましょう。

まずは洗顔はぬるま湯で洗いましょう。

熱すぎるお湯や冷たい水では毛穴がしまったままですし、汚れを落としきることができません。

洗顔料はしっかりと泡立ててから使います。

泡立てた洗顔料を顔に乗せて洗っていきますが、皮脂の多い部分から洗っていきましょう。

おでこやあごなど、皮脂が多い部分から洗っていき、最後に皮膚が薄い部分である目の周りや口の周りを優しく洗いあげましょう。

洗顔料は肌の上に洗い残しが無いようにしましょう。泡が付いたままですと肌荒れの原因になってしまいます。

ぬるま湯で20回程度すすげば、完全に洗顔料は流れ落ちるでしょう。洗顔後は清潔なタオルで優しく抜けば完了です。その後すぐに保湿ケアを行えば完璧です。

(まとめ)肌のキメを整えるのは水分が必要なの?

1.肌に水分を与え保湿することでキメが整っていきます

肌に水分が足りないとキメが整うことはありません。

毎日の保湿ケアを丁寧に行い、水分を十分に肌に行き渡らせることができればキメも整いますので、毛穴が目立つことなく美肌に見えます。

2.肌のキメが粗くなる理由は水分不足です

肌に水分が足りていないと乾燥肌となり、肌にハリや潤いが無くなりますから、キメも乱れがちになってしまいます。

洗顔のしすぎも乾燥肌になってしまうので、正しい保湿ケアを身につけてきめ細かい美肌にしていきましょう。

3.毎日しっかりと保湿ケアをしましょう

肌が乾燥しないように、洗顔後はすぐに保湿ケアを行います。

洗顔後は化粧水をつけますが、優しく肌になじませるようにつけましょう。

パッティングしすぎて刺激を与えないように気をつけましょう。

4.洗顔の仕方も重要です

正しい洗顔を毎日行うことでキメを整えていくことができます。

洗顔はぬるま湯で行い、洗顔料はしっかりと泡立てます。

洗い残しが無いように20回以上すすいで最後は清潔なタオルで押さえるように拭いたら完了です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る