乾燥肌が吹き出物の原因になるって本当?

乾燥肌は吹き出物の原因になります


いつも吹き出物ができていて悩んでいる、定期的に吹き出ものができてしまう。

そのように悩まれている方も多いのではないでしょうか。

顔がテカテカオイリー肌で吹き出物ができやすい、という方もいるでしょう。

生活習慣や食生活によって吹き出物ができやすくなっている、という方もいると思います。

しかし、実はオイリー肌だけでなく乾燥肌でも吹き出物はできてしまいます。

むしろ、乾燥肌でありながら吹き出物ができる方が多いかもしれません。

乾燥肌の吹き出物はスチーマーで予防します

乾燥肌というのは肌を外部の刺激から守る皮脂が不足しているので、肌のバリア機能が働かずに汚れが毛穴などに侵入しやすくなります。

乾燥しているだけで吹き出物ができるリスクがアップしてしまうのです。

美顔スチーマーを使用している方も多いと思いますが、このスチーマーを使用するのは乾燥肌はもちろん吹き出物の予防においてもおすすめです。

美顔スチーマーを使用すると同時に、潤いを閉じ込めるために乳液を使用するようにしましょう。

また、同じスチームだからといって熱いお湯の蒸気で顔を潤わせるというのは絶対にだめです。

スチーマーというのは粒を非常に小さな蒸気にして顔に使用します。

しかし、熱いお湯から立ち上る蒸気というのは全くの別物です。

粒が大きいので角質の隙間に入り込むことができません。

また熱いお湯が肌に触れると皮脂を洗い流してしまうので、肌に必要な皮脂が失われ、肌の水分が蒸発してしまうようになります。

乾燥肌には一にも二にも保湿が必要ですので、保湿の徹底を心がけてください。

ちなみに、吹き出物ができていると刺激しないように保湿をしない、という方も多いようですが、乾燥すると必要以上に皮脂が分泌されてしまうので保湿はしっかりと行いましょう。

吹き出物ができてしまったら軟膏を塗ってみましょう


乾燥肌による吹き出物を改善するには、まずは肌の保湿をすることも欠かせません。

しかし、すでにできている吹き出物に対しては吹き出物用の軟膏を塗るというのも1つの手段です。

薬局などで相談をしてみると良いかもしれません。

塗ってから一晩寝ると、それだけでもかなりの効果を期待することができるでしょう。

ただし、吹き出物用の洗顔料というのはあまりおすすめできません。

吹き出物用洗顔料というのは、過剰に皮脂が分泌されているお肌には高い効果を期待することができます。

しかし、乾燥肌であるにも関わらずさらに吹き出物用洗顔料を使用すると、今よりも肌が乾燥してしまい、肌のバリア機能が低下してしまうので吹き出物が大量に作られてしまう可能性があります。

吹き出物内は皮脂や雑菌が大量に溜まっているので、吹き出物専用の洗顔料で多少は状態を良くすることができるでしょう。

しかし、吹き出物ができている部分以外への刺激がどのくらいなのか、ということも十分に考慮しておかなければなりません。

吹き出物を治すために専用洗顔料を使用しても、それが原因で新しい吹き出物ができるというのであればいつまでも肌はブツブツと汚いままになってしまいます。

保湿の徹底が吹き出物を予防します

乾燥肌やインナードライ肌といった肌質による吹き出物対策に効果的なスキンケアというのはなかなか難しいものです。

乾燥肌や吹き出物をスキンケアによって予防、改善するのであればなによりも重要なことは保湿を心がけることです。

吹き出物ができたからといってとにかく肌の油分を取り除く!というようなスキンケアをしてしまっていると、症状は悪くなるばかりです。

そしてなるべく、香料や着色料が含まれていない刺激の少ないスキンケア化粧品を使用するようにしましょう。

乾燥肌やインナードライ肌の人の皮膚というのは角質が荒れているので、外部からの刺激に極端に弱くなっています。

そのため、化学成分によって少し刺激を受けただけでも簡単に傷つきやすいのです。

その結果、肌荒れの原因となってしまうことがあるのです。

使用するスキンケア化粧品は水分がたっぷりと含まれていて肌にかかる負担を最小限にできるものでなければなりません。

また、吹き出物ができるのであれば、ベースメイクを少しでも薄く、吹き出物に負担を掛けないようにすることも心がけなければなりません。

(まとめ)乾燥肌が吹き出物の原因になるって本当?

1.乾燥肌は吹き出物の原因になります

乾燥肌は吹き出物の原因になります。

定期的に吹き出物ができて、悩んでいるのであればまずは肌のコンディションを整える、ということを徹底しましょう。

乾燥肌の症状を少しでも緩和することが大切なのです。

2.乾燥肌の吹き出物はスチーマーで予防します

乾燥肌は肌が敏感で炎症を起こしたり、吹き出物ができる原因となっています。

そこで、徹底的に保湿するために美顔スチーマーを使用するのもおすすめです。

スチーマーのきめ細かいスチームで肌を潤わせましょう。

3.吹き出物ができてしまったら軟膏を塗ってみましょう

乾燥肌による吹き出物というのは、軟膏を塗って一時的に改善することもできます。

しかし、根本的な原因である肌の乾燥を予防しなければ意味がありません。

軟膏で一時的に吹き出物を改善しつつ、肌のコンディションを整えていきましょう。

4.保湿の徹底が吹き出物を予防します

保湿を行うことで肌の乾燥を効果的に改善できます。

時間はかかりますが、少しずつ水分量がたっぷりと足りている肌を手に入れることができます。

乾燥肌やインナードライ肌といった敏感な肌質を改善して、吹き出物のできにくい肌にしていくことができます。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る