乾燥肌で肌がつっぱるのはどうして?

乾燥で肌がつっぱるのは水分不足で皮膚の柔軟性が失われているためです


毎日しっかりとスキンケアをしているにも関わらず、洗顔後やお風呂上りになると顔がパンッとつっぱることもあります。

お風呂上りなどに顔がつっぱってしまうのは、急激に水分が蒸発してしまうので肌は柔軟性を失います。

しかし、原因をしっかりと見つけて対処しなければ乾燥肌になり、さらに敏感肌になってしまうのです。

つっぱり感には保湿をすることが大切です

顔がつっぱるのは、肌内部の水分がどんどん蒸発してしまう状態になっているからです。

角質が薄くなっているので、つっぱり感の他にも肌がテカテカしてきます。

肌になめらかさがなくなることもあります。

これは、ピーリングなどを何度も繰り返したことで、肌が乾燥しやすくなってつっぱります。

そこで、乾燥肌によるつっぱりを改善しなければ、肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌が乾燥しやすくなります。

そして肌トラブルが起こりやすくなるのです。

最初はちょっとしたトラブルでも、何度も重なれば、大きな肌トラブルの原因となってしまいます。

肌がつっぱるのであれば水分補給は正しいのでしょうか。

洗顔後などに肌がつっぱってしまうのでは、水分が急激に蒸発してしまっています。

そのため、化粧水などを使用すれば良いと思われるもしれませんが、化粧水を使用して乳液や保湿クリームを使用しないと結局乾燥しやすくなります。

重要になるのは肌が水分を保持することです。

化粧水をつけていなくても、美容液や保湿クリームを使用して水分を肌内に閉じ込めてください。

そうすれば不快なつっぱり感を改善することができます。

ミストスプレーでつっぱりを改善します


メイクをしている時などに肌がつっぱることがあります。

お昼を過ぎた頃になると顔が乾燥してしまい、つっぱるのです。

その時に便利なものがミストスプレーです。

メイク直しの際にミストスプレーでメイクの上から一吹きしてみてください。

一吹きすると肌に水分がしっかりと補給されるので、つっぱった感覚を解消することができます。

しかし、乾燥肌にたんなる水をミスト状にして吹きかけると、肌の水分も一緒に蒸発してしまうことがあります。

そのため、ミストとして肌に吹きかけるのであれば、化粧水を使用しましょう。

また、クレンジング後や洗顔後に化粧水をつけてパッティングすると思います。

このパッティングというのは賛否両論ありますが、コットンの素材が肌に刺激を与えてしまうことがあります。

乾燥肌というのは刺激を受けやすい状態になっていますので、コットンが触れただけで肌の状態を悪化させてしまいます。

コットンをパタパタするよりも、ぎゅっと肌に押し付けるようにすると、化粧水を効率よく肌に浸透させることができます。

そうすれば肌のつっぱり感も多少改善できるでしょう。

洗浄力が強い洗顔料には注意しましょう

脂性肌だとついつい洗浄力の高い洗顔料を使用している、ということもあるでしょう。

洗浄力が強力な洗顔料、クレンジング剤というのは汚れや皮脂を取り除く効果は高いのですが、同時に肌に必要な皮脂まで奪い去ってしまいます。

この皮脂がなくなってしまうと、肌のバリア機能が低下して、砂埃をはじめ外部からの様々な刺激に対して敏感になってしまいます。

また、洗浄成分が強いと、肌は刺激を強く感じてしまうようになります。

その結果、洗顔後に肌がパンパンに張っているように感じることもあると思います。

脂性肌が改善されなかったり、部分的に乾燥をしてしまうのであれば、使用する洗顔料などを見直してみてください。

洗顔をしてもつっぱらないような、洗浄成分の強すぎない、刺激の控えめな洗顔料などを使用してください。

このような洗顔料を使用して、メイクをしっかりと洗い流さなければなりません。

(まとめ)乾燥肌で肌がつっぱるのはどうして?

1.乾燥で肌がつっぱるのは水分不足で皮膚の柔軟性が失われているためです

スキンケアをしていても、洗顔後などで肌がつっぱることがあると思います。

これは、肌の表面にある水分が蒸発する時に、肌内部の水分も蒸発してしまうからです。

肌がつっぱるということは早急に対処しなければなりません。

2.つっぱり感には保湿をすることが大切です

肌がつっぱるのは角質が薄くなっていることも関係します。

ピーリングを必要以上にしてしまったり、乾燥した肌が柔軟性を失っていることも原因の1つです。

乾燥肌による肌のつっぱりを改善するためには美容液などを使用することが欠かせません。

3.ミストスプレーでつっぱりを改善します

肌が乾燥している時には、肌の水分量を増やしてあげましょう。

ミストスプレーであれば非常に細かい水の粒が肌につくので、肌の角質まで必要なだけの水分がしっかりと行き届きます。

肌に負担もかからないのでおすすめです。

4.洗浄力が強い洗顔料には注意しましょう

脂性だからといって洗浄力の強すぎる洗顔料を使用していると、気がついた時には肌がパリパリにつっぱってしまいます。

そのため、できるだけ早い段階で肌が必要としているだけの水分をしっかりと与えることが重要なのです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る