口の周りだけ乾燥肌になることがあるの?

口の周りは乾燥肌になりやすいと言われています


乾燥肌の原因は様々ですが、もともと口の周りは乾燥しやすい部位です。

その理由として、皮膚が薄く皮脂膜が少ないことが挙げられます。

皮脂の分泌が少ないと肌は乾燥してしまいます。

また、口の周りは食事や会話などで動かす機会が多いことも乾燥肌になりやすい原因です。

そのため、意識してスキンケアを行う必要があります。

乾燥肌を放置すると老化の原因になります

口の周りの乾燥肌は、しっかりとケアすることで改善することができます。

ただし、他の部位よりも保湿を重視してケアをする必要があります。

口周りのケアを怠ってしまうと、老化の原因となってしまう恐れがあります。

口の周りにできるシワやたるみ、ほうれい線に悩まされている人は少なくありません。

年々このような悩みが大きくなっている人も多いでしょう。

このような肌トラブルは、肌の老化によって引き起こされます。

その肌の老化の原因こそが乾燥なのです。

肌が水分不足になると、ハリが失われてしまいます。

これによって肌がたるみやすくなってしまうのです。

また、乾燥している肌は弾力もありません。

そのため、シワができやすく、改善されにくいと言えます。

口の周りは凹凸が多いことから、化粧水などがムラになりやすい部位です。

しっかりとケアをしているつもりでも、塗り漏れが多くなってしまいます。

また、口の周りは保湿をしても食事の汚れなどと一緒に拭き取られてしまうこともあります。

そのため、食事後は口の周りの保湿ケアを心がけることで乾燥が悪化しにくくなるでしょう。

老化を完全に防ぐことは不可能ですが、乾燥を防ぐことで老化を遅らせることは可能です。

特に冬は口の周りのケアを徹底しましょう


口の周りの乾燥肌は、冬になると悪化する人が多いようです。

もちろん春から秋にかけても乾燥が気になりますが、冬になると一段と症状がひどくなってしまいます。

このように冬に乾燥肌が悪化する原因は空気の乾燥にあります。

冬になると空気が乾燥することから、どうしても肌が乾燥しがちです。

肌にとって60%から70%が最適な湿度と言われていますが、冬は湿度が60%を下回ってしまいます。

12月頃から4月頃までは湿度が低い状態が続くため、より一層保湿に力を入れる必要があります。

また、冬はエアコンや暖房の影響で室内の湿度も低くなりがちです。

そのため、乾燥肌を防ぐためには加湿器を併用することをおすすめします。

加湿器を使うことで室内の湿度を60%から70%に保つことができます。

更に、冬はお湯の温度にも注意が必要です。

寒いとどうしても熱いお湯で洗顔をしたくなりますが、これはNGです。

熱いお湯は水分が蒸発しやすいため、肌の水分も蒸発しやすくなってしまいます。

そのため、冬でも洗顔の際のお湯の温度はぬるめを心がけましょう。

ただでさえ肌が乾燥しやすい寒い季節は、肌への刺激をなるべく減らすことが大切と言えます。

スキンケアは洗顔がカギになります

口の周りの乾燥肌を改善するためには、まずは洗顔を見直してみましょう。

洗顔のポイントは4つあります。

お湯の温度は30度がベスト

前述した通り、洗顔はぬるめのお湯で行うことが乾燥を防ぐポイントです。

お湯の温度は30度くらいがベストです。

冬は少々冷たく感じるかも知れませんが、くれぐれも熱いお湯での洗顔は避けましょう。

泡立ちが良く、保湿成分が配合されたものを選ぶ

洗顔料を選ぶ際には、泡立ちの良さと保湿成分に注目しましょう。

乾燥している肌に必要なのは、保湿です。

保湿は化粧水や乳液で行うものというイメージがありますが、洗顔の際にも保湿は重要になります。

強く擦らず泡でやさしく洗う

乾燥肌はとてもデリケートな状態になっているので、刺激を与えることは絶対に避けましょう。

特に注意したいのが、ゴシゴシと強く擦ってしまうことです。

たっぷりの泡でなでるようにやさしく洗うことが洗顔のポイントになります。

洗顔後はなるべくはやく保湿すること

洗顔後の肌は最も乾燥しやすい状態です。

この状態で放置するとどんどん乾燥が進んでしまうため、なるべく早めに化粧水や乳液を付けることを心がけましょう。

洗顔をしてから保湿をするまでのスピードが肌の乾燥を左右するといっても過言ではありません。

(まとめ)口の周りだけ乾燥肌になることがあるの?

1.口の周りは乾燥肌になりやすいと言われています

口の周りは皮膚が薄く、皮脂の分泌が少ないことから乾燥肌になりやすい部位と言えます。

また、口の周りの筋肉を使うことが多いため尚更乾燥肌になりやすいのです。

乾燥を防ぐためにはしっかりとケアをすることが重要です。

2.乾燥肌を放置すると老化の原因になります

口の周りの乾燥肌は、放置するとシワやたるみ、ほうれい線の原因となります。

このような肌の老化を防ぐためには、保湿ケアを重点的に行うことがポイントになります。

特に口の周りは化粧水などの塗り漏れが多い部位ですので、意識してケアをしましょう。

3.特に冬は口の周りのケアを徹底しましょう

冬は空気が乾燥するため、口の周りも乾燥肌になりやすいと言えます。

スキンケアに力を入れ、加湿器を使用しましょう。

また、洗顔の際にはぬるめのお湯を使うことで肌が乾燥しにくくなります。

4.スキンケアは洗顔がカギになります

口の周りの乾燥肌を予防するには、洗顔に気を付けましょう。

ポイントは、ぬるめのお湯で洗う、保湿成分の入った洗顔料を使う、泡でやさしく洗う、洗顔後すぐに保湿する、の4つです。

正しい洗顔で乾燥知らずの肌を目指しましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る