肌のごわつきは乾燥肌と関係があるの?

肌のごわつきは乾燥肌のサインと言えます


ごわつきを感じたら、乾燥肌の恐れがあります。

スキンケアを怠っていると肌が乾燥し、ごわついてしまいます。

ごわつきや乾燥肌は、放置するとかゆみやニキビの原因となります。

かゆみを我慢できず掻いてしまうと、刺激によって肌荒れも発生してしまうでしょう。

そのため、ごわつきを感じたら放置せずにスキンケアを見直すことが重要です。

肌がごわついているかセルフチェックしてみましょう

肌のごわつきを改善する前に、ごわついている肌はどんな状態なのかを理解しましょう。

自分が当てはまっているかどうかを見極めて、正しい対策を選択してください。

ごわついている肌の特徴

自分の肌がごわついているかを知るためのチェックポイントはこちらです。

  • 肌の表面が硬く、乾燥している
  • 肌がくすんでおり、キメが粗い
  • Tゾーンや小鼻周りの角栓が気になる
  • あごの下に角栓やニキビがある

このような特徴に当てはまる場合、肌がごわついていると言えます。

1つでも当てはまったら、健康な肌とは言えないでしょう。

肌のごわつきは角質が肥大している状態

肌のごわつきには角栓が関係しています。

角栓は古い角質と皮脂でできています。

肌にとって悪いものと考えられがちですが、ある程度の角質や皮脂は必要です。

角質は肌を刺激から守るバリアのような働きをしています。

しかし、角質が肥大してしまうと肌のごわつきの原因となってしまいます。

角質肥大は、ターンオーバーが乱れることによって古い角質が除去されていないことで引き起こされます。

この古くなった角質と皮脂が混ざって硬い角栓となり、肌の表面を硬くしているのです。

また、逆に角質が少なすぎても乾燥肌の原因となります。

その結果、肌がごわついてしまうのです。

ごわつきの原因は乾燥や間違ったスキンケアです


肌のごわつきの主な原因は、乾燥肌と間違ったスキンケアにあると言われています。

まずはスキンケア方法を見直し、正しいスキンケアを心がけましょう。

夏のスキンケア不足による乾燥

肌のごわつきは夏から秋にかけての季節の変わり目に起こりやすいようです。

この時期に起こる肌のごわつきの原因は、乾燥です。

肌が乾燥するのは空気が乾燥する冬のイメージがありますが、意外と見落としがちなのがこの時期の乾燥肌です。

この時期に肌が乾燥する原因は、夏のスキンケア不足です。

夏は汗をかきやすいため、ついつい保湿ケアを怠ってしまいます。

しかし、汗をかいていても肌は潤った状態とは限りません。

保湿ケアを怠ることで肌がどんどんと乾燥してしまい、夏の終わりごろに乾燥に気付くことが多いようです。

ゴシゴシ擦る洗顔はNG

肌のごわつきの原因として間違ったスキンケアが挙げられますが、中でも注意したいのが洗顔です。

古くなった角質を落とそうと、ゴシゴシと擦っていませんか?
肌はとってもデリケートですので、強く擦ると傷がついてしまいます。

これによって肌のバリア機能が低下し、ごわつきやすくなります。

正しい洗顔方法として、まずはしっかりと洗顔料を泡立てることがポイントです。

強く擦らず、泡で洗うことをイメージしてやさしく洗いましょう。

ごわつき解消には肌の血行促進が効果的です

肌のごわつきを改善するためには、ターンオーバーを整えることが重要です。

ターンオーバーとは肌が生まれ変わるサイクルです。

ターンオーバーの周期は人によって異なりますが、だいたい28日から56日と言われています。

ターンオーバーでは、肌の表面にある古くなった角質が剥がれ落ちます。

古くなった角質が除去されれば肌がごわつくこともありません。

つまり、ターンオーバーが正常に行われることで肌の健康が保たれています。

このターンオーバーを整えるためには、肌の血行を良くすることが大切です。

血行が良くなれば肌の隅々まで栄養が運ばれるため、若々しい肌を保つことができます。

肌の血行促進の方法として、蒸しタオルがおすすめです。

まず、タオルを濡らしてビニール袋に入れます。

電子レンジで1分から2分程度過熱し、蒸しタオルを作ります。

温まった蒸しタオルを顔全体に乗せます。

そのままの状態で2分から3分、しっかりと肌を温めましょう。

その後、化粧水や乳液でスキンケアを行います。

肌を温めることでより化粧水や乳液が肌に浸透しやすくなるでしょう。

蒸しタオルを使う際の注意点として、タオルが冷たくなったら外しましょう。

冷たいタオルを肌に乗せていても、血行促進効果は得られません。

むしろ肌を冷やしてしまうため、逆効果になってしまいます。

(まとめ)肌のごわつきは乾燥肌と関係があるの?

1.肌のごわつきは乾燥肌のサインと言えます

肌のごわつきと乾燥肌には大きな関係があります。

ごわついている肌を放置するとかゆみやニキビが発生しやすくなってしまいます。

保湿を意識したスキンケアを行いましょう。

2.肌がごわついているかセルフチェックしてみましょう

肌の表面が硬い、くすんでいると感じる場合肌がごわついている可能性が高いと言えます。

このような肌のごわつきは、角質が肥大している状態です。

肌の健康を保つためには、角質が大きく関係しています。

3.ごわつきの原因は乾燥や間違ったスキンケアです

肌のごわつきの原因は、乾燥と間違った洗顔にあります。

特に夏は皮脂が多く分泌されることからスキンケアが疎かになり、その結果肌が乾燥してしまいます。

また、洗顔の際に肌を強く擦るとごわつきやすくなるため注意しましょう。

4.ごわつき解消には肌の血行促進が効果的です

肌のごわつき改善にはターンオーバーを正常にすることが大切です。

そのためには、蒸しタオルを使って肌の血行を促進しましょう。

簡単に出来る方法ですので、毎日の日課にしてみてはいかがでしょうか。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る