乾燥肌でバリバリになってしまった肌を改善するには?

バリバリの肌を改善するには乾燥肌の原因を知ることが大切です


乾燥肌の原因を知って、肌がバリバリする辛い症状を改善しましょう。

まず、根本的な乾燥肌の原因となるのが生活習慣の乱れによるターンオーバーの乱れです。

生活習慣が乱れると代謝が悪くなり、ターンオーバーのサイクルも乱れてしまいます。

ターンオーバーが遅れることによって肌の表面に古い角質が残ったままになり、バリバリしてしまうのです。

乾燥肌は肌の水分が不足することで起こります

乾燥肌に大きく関係しているのが、肌の表面にある角質層です。

角質層は角質細胞と細胞間脂質でできており、肌の水分を保持する役割と肌を刺激から守る役割を持っています。

この角質層の2つの役割によって肌の健康をキープしています。

特に細胞間脂質は肌の潤いに必要不可欠なもので、セラミドや天然保湿因子などの保湿成分で構成されています。

健康的な肌は、角質層の水分が約30%に保たれています。

角質層の働きが低下し、水分が30%以下になると、いわゆる乾燥肌となります。

つまり、乾燥肌は角質層の機能が低下することによって十分に水分が保たれていない状態です。

乾燥肌の自覚症状として、初期段階では肌のツッパリやカサカサ、かゆみを感じます。

症状が悪化するとかゆみがひどくなり、肌がバリバリします。

乾燥によるひび割れも発生します。

更に症状が悪化するとひび割れた部分から菌が入り、それによって湿疹が出てしまいます。

かゆみだけでなくヒリヒリとした痛みを感じるようになるでしょう。

乾燥肌は症状が悪化すればするほど改善も難しくなります。

そのため、症状が悪化する前に改善することが大切です。

肌の水分不足を感じたら、保湿対策に力を入れてみましょう。

夕方になると肌がバリバリする原因は職場の環境にあります


朝にしっかりと保湿をしても、夕方になると肌が乾燥してバリバリになる人は少なくありません。

このように夕方に肌が乾燥してしまう原因を見ていきましょう。

空調が効いた部屋で長時間過ごしている

職場の環境は肌に大きな影響を与えます。

特に注意したいのが、空調です。

夏は冷房、冬は暖房が効いている室内で仕事をしている場合、空気が乾燥することから肌も乾燥しがちです。

冬だけでなく夏も気を付けたいのが冷え

肌がバリバリになる原因として冷えも考えられます。

体が冷えると、血行が悪くなってしまいます。

血行が悪くなると全身に水分や栄養が十分に届かなくなり、その結果肌の乾燥を引き起こします。

寒い冬はもちろんですが、夏も注意が必要です。

夏は腕や足を露出することが多く、冷房によって体が冷えやすくなります。

また、暑いからと言って冷たい飲み物や食べ物ばかりを摂取すると体が冷えてしまいます。

紫外線による肌への刺激

肌にとって大敵なのが、紫外線です。

紫外線は乾燥肌の原因の1つでもあります。

昼間外に出る機会が多い場合、紫外線を浴びることも多くなってしまいます。

その結果肌が乾燥し、夕方に症状が現れてしまいます。

職場でできる保湿対策を実践しましょう

肌の乾燥を防ぐためには、まずは上記に挙げた肌が乾燥する原因を改善する必要があります。

とはいえ職場の環境を変えることは簡単ではないため、自分でできる保湿対策を取り入れてみましょう。

まず、空調による肌の乾燥対策として、小型の加湿器を使って保湿することが効果的です。

マスクを使って顔を保湿するのもおすすめです。

とにかく、肌が乾燥した状態のまま放置しないことが大切です。

続いて冷え対策ですが、なるべく肌の露出を避け、特に下半身やお腹周りを温めるように心がけましょう。

水分補給は温かい飲み物にしましょう。

ただし、コーヒーは体を冷やすため、お茶や水が適しています。

夏は常温の飲み物を飲むように心がけましょう。

紫外線対策としては、外に出る際には日焼け止めや帽子などで対策を行いましょう。

夏はもちろんですが、1年中紫外線は降り注いでいるため冬も手を抜いてはいけません。

職場でできる乾燥肌対策として、食事も効果があると言われています。

特に、たんぱく質やビタミンを多く摂取することで肌を健康に保つことができます。

野菜や果物、乳製品、大豆食品などからしっかりと栄養を補給し、夕方になっても乾燥知らずの肌を手に入れましょう。

(まとめ)乾燥肌でバリバリになってしまった肌を改善するには?

1.バリバリの肌を改善するには乾燥肌の原因を知ることが大切です

乾燥肌は、ターンオーバーの乱れによって引き起こされます。

そのため、ターンオーバーを整えることが乾燥肌改善の基本と言えるでしょう。

生活習慣を見直し、代謝を上げることを心がけましょう。

2.乾燥肌は肌の水分が不足することで起こります

乾燥肌になる原因は肌の角質層の水分不足です。

角質層の水分が30%以下になると、乾燥肌の症状が現れます。

乾燥肌は悪化すると改善にも時間が掛かってしまうため、早めに対策をすることが重要です。

3.夕方になると肌がバリバリする原因は職場の環境にあります

夕方に肌がバリバリに乾燥してしまう場合、原因として職場の環境や紫外線の影響が考えられます。

常に空調が効いている室内で過ごしていると肌は乾燥してしまいます。

また、紫外線を多く浴びることでも肌は乾燥します。

4.職場でできる保湿対策を実践しましょう

乾燥肌対策として、職場でもできることを実践してみましょう。

例えば加湿器を使用することで湿度を上げることができますし、温かい飲み物を飲むことで体を温めることができます。

また、たんぱく質やビタミンを摂取することも肌の健康に効果的です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る