肌の透明感と水分量には関係があるの?

肌の透明感は水分量によって決まります


肌の透明感を出すポイントは水分量にあります。

肌の透明感がなく、くすんで見えるという悩みを持つ人も多いでしょう。

この悩みを解消しようと、美白化粧水を使用していませんか?

実は、肌の透明感に肌の色は関係ありません。

色白の肌=透明感のある美しい肌ではないことを覚えておきましょう。

肌の透明感がない場合、肌の水分不足が原因と言えます。

肌の透明感がないのはターンオーバーが遅れている証拠です

肌の透明感がない原因には、様々なことが考えられます。

例えば、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレス、冷え、喫煙などが挙げられます。

このような原因から肌が水分不足の状態になってしまいます。

肌が水分不足になると角質層の働きが低下し、ターンオーバーが乱れてしまいます。

肌表面にある角質層では、約28日の周期でターンオーバーを繰り返しています。

角質層の深層部で作られた細胞は、約14日掛けて肌表面に押し上げられます。

その後肌表面にバリア機能を果たしたのち、約14日で自然と剥がれ落ちます。

このようにターンオーバーが正常な周期で行われることで、健康な肌が保たれています。

しかし、ターンオーバーが遅れてしまった場合、本来剥がれ落ちるはずの細胞が肌表面に残ったままの状態になってしまいます。

これによって肌が厚く硬くなり、くすんで見えてしまいます。

肌表面に分厚い層を作ってしまうため化粧水も浸透しにくくなり、様々な肌トラブルを引き起こします。

このようなことから、肌の透明感を出すためには肌のターンオーバーを正常にし、水分を補給して角質層の働きを促進する必要があると言えます。

毎日のスキンケアと定期的な角質ケアが透明感のある肌を作ります


通常、肌の水分量が40%を超えると肌の透明感を実感できます。

しかし、くすんで見える人の肌の水分量は25%以下しかありません。

このように、水分量には大きな差があることが分かります。

ちなみにぷるぷると潤った赤ちゃんの肌の水分量は60%以上と言われています。

肌の水分量を上げて透明感を手に入れるためには、毎日のスキンケアと定期的な角質ケアが必要です。

まず、毎日のスキンケアでは水分補給と保湿を意識して行いましょう。

肌の水分量を上げるうえで、これら2つはどちらも欠かせないポイントです。

水分補給をしても、保湿しなければ水分は蒸発してしまいます。

また、保湿をする前に水分補給をしなければ、保湿の本来の効果を得ることはできません。

特にお風呂上がりの肌は水分が失われやすい状態ですので、水分補給と保湿を徹底しましょう。

続いて定期的な角質ケアですが、これにはターンオーバーを正常にする効果が期待できます。

ターンオーバーの遅れによって肌表面に溜まってしまった細胞、つまり古くなった角質を落とすことができます。

週に一度のスペシャルケアとして、ピーリングを行うと良いと言われています。

ただし、ピーリングのし過ぎはNGです。

過剰な角質ケアは、本来肌に必要な角質や皮脂まで落としてしまい、より肌の乾燥が進んでしまいます。

水分補給だけでなく生活習慣の改善も大切です

肌の水分量を上げるにはスキンケアが大切ですが、それと同時に生活習慣を見直してみることも大切です。

前述したように、肌の透明感がなくなる原因には生活習慣の乱れが大きく関係しています。

これまでのNG習慣を見直し美肌のための生活習慣を身に付けることで、より透明感のある肌に近づくことができるでしょう。

睡眠不足は肌を曇らせます

健康な肌を保つためには、質の良い睡眠が必要不可欠と言われています。

しっかりと睡眠をとることで美容ホルモンが多く分泌され、肌の調子を整えてくれます。

特に22時から2時の間は肌のゴールデンタイムと呼ばれ、肌の新陳代謝が最も活発になる時間帯です。

この時間に睡眠をとることで肌のターンオーバーが促進されます。

メイク残りや洗顔の洗い残しはNGです

仕事で疲れてメイクを落とさないまま寝てしまった…、そんな経験はありませんか?
このようにメイクの汚れが肌についたまま寝てしまうと、肌が酸化してしまう原因となります。

これによって肌の透明感は失われてしまうでしょう。

そのため、就寝前には必ずしっかりとメイクを落とす習慣を付けましょう。

また、毎日行う洗顔は肌を傷つけないようにやさしく洗うことがポイントです。

泡で洗うことを意識し、なるべく負担を掛けないようにしましょう。

(まとめ)肌の透明感と水分量には関係があるの?

1.肌の透明感は水分量によって決まります

肌の透明感のポイントは水分量です。

水分がたっぷりと含まれた肌は透明度が高く、肌トラブルに悩まされることもありません。

透明感のある肌を目指すなら、水分量を上げることを意識しましょう。

2.肌の透明感がないのはターンオーバーが遅れている証拠です

肌に透明感がない場合、ターンオーバーが遅れている可能性が高いでしょう。

肌の生まれ変わりとも呼ばれるターンオーバーが遅れてしまうと、肌表面に不必要な細胞が溜まってしまいます。

これが肌のくすみの原因となっていることが考えられます。

3.毎日のスキンケアと定期的な角質ケアが透明感のある肌を作ります

肌の水分量を上げるには毎日のスキンケアに加えて定期的に角質ケアを行うのが効果的と言われています。

角質ケアを行うことで肌表面に溜まった角質を落とすことができ、ターンオーバーが促進されます。

ただし、角質ケアのやりすぎはNGです。

4.水分補給だけでなく生活習慣の改善も大切です

水分がたっぷりと含まれた透明感のある肌には、質の良い睡眠が必要不可欠です。

22時から2時の間に寝ることで、肌にたっぷりと栄養を与えることができます。

また、メイクは必ず落としてから寝る習慣を付けましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る