肌のたるみの原因は水分不足?

肌のたるみは水分が足りていない証拠です


肌がたるんでしまう原因の一つに、肌の水分不足が挙げられます。

肌の水分が不足すると、肌表面にある角質層がひび割れて隙間ができてしまいます。

これによって皮膚は薄くなり、弾力が失われます。

そのため、肌のたるみを改善するには水分を補うことがとても大切です。

たるみが起こる仕組みを知りましょう

たるみを改善する前に、なぜたるみが起きるのかその仕組みを知りましょう。

皮膚は、肌表面から深層部に向かって表皮、真皮、皮下組織の3層になっています。

その下に脂肪や筋肉があります。

このうち水分を保持する役割を果たしているのが、表面にある表皮です。

表皮の角質細胞には細胞間脂質や天然保湿因子などの保湿成分が存在しています。

これらが水分を保持することで、潤いのある肌を保つことができます。

また、角質層は外からの刺激を防ぐバリアの働きもしています。

この働きによって肌内部にある真皮や皮下組織が守られています。

このように重要な働きをしているのが表皮ですが、年齢とともにその働きは低下していきます。

表皮の働きが低下してしまうと肌に潤いがなくなり、バリア機能も弱くなってしまいます。

バリア機能が弱くなると真皮がダメージを受けやすくなり、たるみの原因となります。

真皮の約75%はコラーゲンとエラスチンで構成されています。

潤いのある健康な肌は、コラーゲン繊維とエラスチンが真皮を支えている状態です。

たるみは真皮を支える働きをしているコラーゲン繊維やエラスチンが緩むことで引き起こされます。

たるみを引き起こすNG習慣を知りましょう


肌のたるみが起こる仕組みを説明しましたが、その原因は水分不足だけではありません。

他にも、生活習慣や環境が大きく影響しています。

最も代表的な原因が、紫外線です。

紫外線は真皮の中のコラーゲン繊維やエラスチンを切断してしまいます。

特に顔は紫外線の影響を受けやすいことから、たるみやシワなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

季節に関係なく、外出の際には紫外線対策を徹底することが望ましいでしょう。

睡眠不足も肌のたるみを引き起こします。

肌のために22時から2時の間の睡眠が大切と言われていますが、これは成長ホルモンが多く分泌されるためです。

成長ホルモンは肌のターンオーバーを促進するため、健康な肌を保つためには欠かせません。

肌のターンオーバーが乱れると肌が水分不足になり、様々な肌トラブルを引き起こします。

肌のために、しっかりと睡眠をとることを心がけましょう。

栄養バランスの偏りにも注意が必要です。

真皮の主成分であるコラーゲン繊維やエラスチンはアミノ酸から作られます。

そのため、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取して、肌にしっかりと栄養を与えましょう。

たるみ予防には表情筋のエクササイズが効果的です

たるみを予防するために、表情筋を鍛えることを意識しましょう。

表情筋は顔の皮膚の下にある筋肉で、顔を動かす働きをしています。

笑う、喋る、食べる、目を動かすなどの動作は表情筋によるものです。

普段無意識に使っている表情筋ですが、加齢と共に筋肉が衰えていきます。

表情筋の衰えはたるみの原因にも関係するため、エクササイズで表情筋を鍛えましょう。

表情筋のエクササイズはとても簡単ですので、今すぐに始められます。

やり方は、口を大きく開けることを意識しながら「あえいおう」と発音します。

このとき、それぞれの発音を5秒程度キープするとより効果的です。

このエクササイズを1日に5回から10回程度行うだけで、表情筋を鍛えることができます。

表情筋を鍛えることによる効果は、たるみの予防だけではありません。

表情筋を鍛えることで肌の新陳代謝が良くなり、血行促進にも繋がります。

リフトアップや二重あごの改善にも役立ちます。

コラーゲン繊維やエラスチンを作る線維芽細胞の働きを促進する効果も期待できます。

肌のたるみで悩んでいる人は、ぜひ表情筋のエクササイズにチャレンジしてみてください。

(まとめ)肌のたるみの原因は水分不足?

1.肌のたるみは水分が足りていない証拠です

肌のたるみは水分が不足しているサインです。

肌の水分が不足すると、皮膚が薄くなりハリや弾力がなくなります。

水分をしっかりと補給して、肌のハリや弾力を取り戻しましょう。

2.たるみが起こる仕組みを知りましょう

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっています。

表皮の中の角質層は肌の潤いを保つ働きをしていますが、この働きが低下すると真皮にも悪影響を与えます。

真皮の主成分であるコラーゲン繊維やエラスチンが緩むことでたるみが起こります。

3.たるみを引き起こすNG習慣を知りましょう

水分不足以外にも肌のたるみを引き起こす原因はあります。

それが生活習慣や環境による影響です。

紫外線や睡眠不足、栄養の偏りはたるみの原因となるため、これらのNG習慣を改善しましょう。

4.たるみ予防には表情筋のエクササイズが効果的です

肌のたるみで悩んでいる人は、表情筋のエクササイズを行いましょう。

表情筋を鍛えることで、肌のたるみだけでなく二重あごの改善、リフトアップ、代謝アップなどの効果が期待できます。

表情筋のエクササイズを毎日の日課にしてみましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る