肌の水分とニキビの関係とは?

肌の水分不足はニキビの原因になります


冬はお顔の角質層の水分量が少なくなってしまいます。

乾燥している場合は乾燥肌が敵で、ニキビなどはできにくいと思いがちですが、肌を守るバリアが弱くなり、乾燥しているのにニキビができてしまうという悩ましい状況になってしまう可能性があります。

冬のニキビは肌の保湿ケア不足かもしれません

ニキビの問題で悩むというと新陳代謝の良い十代の頃が一番多いかもしれませんが、大人になってからもニキビで悩んでいる人というのは結構いらっしゃるものです。

男性のほうが皮脂が多くこうしたニキビができやすいかもしれませんが、女性でもちょっとした小さいニキビができてしまったりと肌問題を抱える人は少なくありません。

しかも汗でベトベトしがちな夏だけでなく、乾燥していてニキビとは無縁のように思える冬場でもニキビができてしまうことがあるのです。

冬場にできるニキビを乾燥ニキビと呼んだりしますが、角質層の保湿が十分できておらず、肌を守るバリア機能が低下してしまうのが原因です。

その結果角質が柔軟性を失う異常角化という状態になってしまい、角栓発生となってニキビの原因となってしまうのです。

さらに角質層内部がどんどん乾燥してしまうことによりインナードライの状態になってしまい、皮脂分泌が活発になり肌は乾燥しているにも関わらずニキビができてしまうということです。

わたしたちの肌の中では様々な現象が起きていることがわかりますが、自分ではなぜそうした肌状態になるのかわからなくても、意外と同じ悩みを抱えている人は世の中にいるものです。

専門家に相談したりネットでも調べてみたりすることで自分に合う解決策を見つけることができるはずです。

乾燥ニキビを防ぐには肌の水分を絶やさないことが大切です


この乾燥ニキビというものですが、普通のニキビと比べて特徴があります。

それは普通のニキビが顔のTゾーンにできやすいのに対して、乾燥ニキビの場合はアゴ周りにできやすいというものです。

さらに普通のニキビよりも乾燥ニキビのほうが治りが遅く、跡も残りやすいということなので、なんとしても冬の乾燥ニキビを防ぎたいものです。

基本的には角質の対処と保湿ケアで対策をすることが可能です。

余分な角質を溜めないことが大切なので、できれば週1度か2度角質ケアをするようにしましょう。

そして肌のバリア機能を整えるためにも角質層の水分量を不足させないようにしましょう。

角質層には30パーセントの水分量が必要と言われています。

冬の乾燥しやすい時期にもその数字を下回らないように保湿成分入りの化粧水、乳液、乾燥が激しい場合はオイルやローションパックなども遣って十分な潤いを肌に与えるようにしてください。

もしすでに乾燥ニキビに悩まされている方や、例年こうした症状があるという方は角質ケアと保湿ケアの両方をきちんとペアでおこなうようにして、万全の対策をするようにしたいものです。

やはり肌のケアの基本は肌に水分をしっかり与える保湿だということがよくわかります。

ニキビ予防のためにも肌水分を重視したケアを続けましょう

ニキビができているのを見つけると、女性であればその日1日憂鬱な気持ちになったりと、メンタル面でも影響を受けてしまうことは少なくないと思います。

ニキビのように目立つものの対処はもちろん大切ですが、そうでなくてもわたしたちの肌は常に乾燥の脅威にさらされていますので、肌水分を十分に保つように保湿ケアを怠ることがないように気をつけましょう。

お肌のアンチエイジングに関して言えば、とにかく基本となるのは毎日のUV対策と保湿ケアですので、老化曲線をゆるやかにし、年齢に対して美しい肌をキープするためにはこれらの対策を徹底しておこなうことが大事です。

人によってはかなりの敏感肌で、肌ケアの方法が限られていて、余分にケアをしなければならないという人もいらっしゃるでしょう。

自分の肌のタイプや強さ、弱さを知ることから肌ケアは始まりますので、まずは肌診断を受けるのも良い方法です。

しっかりとした知識を基にして美肌を作り上げていきましょう。

(まとめ)肌の水分とニキビの関係とは?

1.肌の水分不足はニキビの原因になります

冬場のお肌の敵は乾燥肌だけではありません。

実は肌のバリア機能が低下する冬場はインナードライによる乾燥ニキビという別の肌問題に悩まされる可能性も高くなってしまうのです。

2.冬のニキビは肌の保湿ケア不足かもしれません

ニキビは夏場のベタベタした季節にできるもののようなイメージがありますが、冬場でも乾燥ニキビという問題が起こります。

角質層の異常角化やインナードライによる皮脂分泌が原因となり発生することがあります。

3.乾燥ニキビを防ぐには肌の水分を絶やさないことが大切です

乾燥ニキビは普通のニキビと比べて治りにくく、跡も残りやすいので、上手に対処したいものです。

毎週の角質ケアと肌の水分を絶やさないように保湿ケアをすることが大切です。

4.ニキビ予防のためにも肌水分を重視したケアを続けましょう

ニキビなどの対処と同時に毎日のUV対策と保湿ケアを続けることが美しい肌をキープするために必要なことです。

自分の肌のタイプを知るために肌診断を受けるのも良いかもしれません。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る