肌の水分不足でハリを失う原因とは?

肌のハリと水分が失われる原因は、真皮層と筋肉の衰えです


最近ハリが衰えてきたと感じられたら、それは加齢による真皮層と筋肉の衰えです。

皮膚は表皮・真皮・皮下組織という層でできています。

そして、真皮層は表皮を支えていますので、この真皮層がしっかりと土台をつくることによってハリが保たれています。

ですが、この真皮層が衰えるとシワ、シミ、たるみなどの原因になるのです。

ハリが失われる原因は多数考えられます

加齢によるハリの低下

ハリが失われる原因は加齢による、真皮の衰えです。

真皮にある「線維芽細胞」によってコラーゲンやエラスチンが生成されますが、加齢により真皮が衰えると生成されにくくなり真皮が衰えます。

それによって表皮のハリが失われるのです。

乾燥によるハリの低下

乾燥もハリが失われる原因になります。

肌が乾燥すると外部刺激から肌を守ってくれている「角質層」のバリア機能が低下します。

それによって、紫外線ダメージから防御してくれる肌機能が低下して、ハリを失う原因になります。

また、乾燥によりターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)が乱れることも肌のハリが失われる原因になります。

紫外線によるハリの低下

紫外線により真皮のコラーゲンやエラスチンなどを傷つけるため肌のハリが失われます。

活性酸素によるハリの低下

活性酸素は肌を酸化させてサビさせる働きをします。

この活性酸素が、コラーゲンやエラスチンなどの線維や線維芽細胞にダメージを与えます。

それによって、コラーゲンやエラスチンの産生力が低下して肌のハリが失われます。

女性のホルモンの減少によるハリの低下

女性ホルモンが減ると、女性ホルモンに含まれるエストロゲンが低下します。

エストロゲンが減少すると、コラーゲンやエラスチンの生成量が減ってしまい肌のハリが失われます。

生活習慣の乱れによるハリの低下

生活習慣が乱れることによって、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり肌のハリが失われます。

睡眠不足などの生活リズムの乱れ、偏食による食生活の乱れ、ストレスなどでも肌のハリが失われます。

喫煙によるハリの低下

喫煙により、ビタミンCが破壊されてしまいます。

コラーゲンの生成を促進する働きのある、ビタミンCが破壊されてしまうため肌のハリが失われます。

また、喫煙により肌を酸化させる活性酸素が大量につくられます。

ハリを保つには日々のスキンケアに気を付けましょう


肌のハリを守るためには、紫外線対策と潤い対策が必要です。

紫外線対策と潤い対策はやはり日々のスキンケアで気を付けることが大切です。

紫外線UV-Aは表皮を通過して真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。

そのため、ハリが失われてしまうのです。

肌のハリを守るためにはしっかりと紫外線対策を行い、肌ダメージを防ぐことがとても大切になります。

日焼け止めはこまめに塗り、使用するものも利用シーンに合ったレベルを使うことをお勧めします。

また、紫外線以外にも肌の乾燥から肌を守ることもとても大切です。

肌が乾燥して潤いが低下すると、肌のハリに影響します。

毎日のスキンケアで、保湿機能が高い化粧水・美容液・クリームなどを使い、肌を乾燥から守りましょう。

また、肌のハリが衰える原因として、肌の筋肉の衰えもあげられます。

肌の筋肉が衰えると、肌の重みをさせることができずに、肌のハリが低下してしまいますので、マッサージを行って肌の筋肉を鍛えるようにすると良いでしょう。

またマッサージはむくみを解消するほか、血行を良くしリンパの流れを改善する効果もありますので、普段のスキンケアにぜひ取り入れてみて下さい。

目元と口元のハリが低下すると、老け顔の原因になります

ハリの低下で特に気を付けたいのは目元と口元です。

目元と口元は、顔の中でも常に動く場所になりますので特にハリが低下しやすく、目元は皮膚がとても薄いですので乾燥しやすい場所になります。

ですので、乾燥によるハリの低下で小じわが増えてしまいやすくなります。

顔の小じわは一気に老け顔に見えやすいですので特に注意が必要です。

油断すると軽い小じわが、気づけばカラスの足跡と言われる深刻な深いしわになっていることもあります。

そういった小じわの対策には、毎日のスキンケアが欠かせません。

目元と口元には特に念入りに、化粧水やクリームを浸透さえて保湿を心がけると良いでしょう。

また、目元と口元には保湿力の高い専用クリームなどもありますので、そういったアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか?
目元と口元の小じわがないハリのある肌は、いつまでも若々しい肌印象を与えてくれます。

ですので、そういった肌を手に入れるためにも、毎日のスキンケアは少し面倒でもきちんとやることをお勧めします。

気付いたら肌老化が進んで、取り返しのつかないことになっていたとならないためにも、日々のスキンケアには十分に気を配りましょう。

(まとめ)肌の水分不足でハリを失う原因とは?

1.肌のハリと水分が失われる原因は、真皮層と筋肉の衰えです

真皮層と筋肉の衰えによってハリが失われます。

真皮層が表皮を支えてしっかり土台をつくることでハリが保たれています。

ですので、真皮層が衰えると、シワ・シミ・たるみの原因になります。

2.ハリが失われる原因は多数考えられます

ハリが失われる原因は、加齢・乾燥・紫外線・活性酸素・女性ホルモンの乱れ・生活習慣の乱れ・喫煙などです。

これらの要因で、肌のコラーゲンやエラスチンの生成が低下するために、ハリが失われてしまいます。

3.ハリを保つには日々のスキンケアに気を付けましょう

肌のハリを守るためには、紫外線対策と潤い対策が必要です。

毎日のスキンケアを意識して、紫外線と乾燥から肌を守りましょう。

紫外線はしっかりと防御し、乾燥は日々のスキンケアアイテムを意識すると良いでしょう。

4.目元と口元のハリが低下すると、老け顔の原因になります

目元と口元のハリは特に気を付けましょう。

目元と口元は常に動く場所になりますので、とくにハリが低下しやすく、乾燥しやすい部位になります。

毎日のスキンケアをしっかりと行い、保湿を心がけましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る