肌に水分が入らない理由はいったい何?

肌に水分が入らないのは角質層が肌を守ってくれているからです


私達の皮膚の表面には、角質層という層があります。

この角質層は、身体の中の水分蒸発を防ぐ働きと、身体の外から水分や不要なものが侵入しないように防ぐバリア機能があります。

ですので、お風呂や雨などで水にぬれた時に、水分が体の中に入っていったということがないのです。

角質層にはウィルスやアレルゲンから肌を守る役目があります

化粧水が浸透してくれないという悩みは多くの女性が持っています。

化粧水が染み込むようにと、力を込めてパッティングをしたり、こすったりしている方もいるかもしれません。

でも実際は肌の表面には角質層があり、この角質層がバリア機能となって、外部の水分やウィルス・アレルゲンなどを通さない防いでくれますので、水分は肌には浸透しないようになっているのです。

バリア機能をもう少し分かりやすく説明すると、お肌の上にラップを引いている状態をイメージしてみて下さい。

ラップは水を通さないようになっていますので、どんなに水を入れようとしても入ってはいかないですよね。

それと同じで、ラップ(バリア機能)があるのに水分が浸透してしまったら、そのラップは穴が開いていて破れている状態なのではないでしょうか。

つまりは、乾燥肌でバリア機能が低下しているために、外部の水分を肌に吸収してしまっている状態と言えます。

また、健康な肌は外部からの水分の侵入を防ぐだけでなく、肌内部の水分蒸発を防いでくれますので、肌の潤いがキープされます。

化粧水を選ぶときは、界面活性剤やアルコールフリーのものを選びましょう


お肌の角質層がバリア機能となり、外からの水分・ウィルス・アレルゲンの浸透を防いでくれます。

ですので、化粧水などの水分も浸透しないように出来ていますし、肌内部の水分も蒸発していかないように保ってくれています。

しかし、肌に潤いを与えようとするため多くの人は化粧水を肌に浸透させることを求めてしまいます。

その結果、化粧品メーカーによっては界面活性剤やアルコールで肌のバリア機能を一時的に壊して、化粧水を浸透させようとするものもあります。

そうなってしまうと、肌には浸透するのですが肌内部の水分を保ってくれていたバリア機能が一時的に壊されてしまいますので、肌内部の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

そのため、保湿のために肌に化粧水を浸透させたいという思いが、結果的には肌内部の水分が蒸発しやすい肌にしてしまうのです。

保水力が下がってしまい乾燥肌に繋がってしまうなどの本末転倒な結果になることもあります。

化粧水が浸透しなくても無理をするのではなく、界面活性剤やアルコールが入っていないものをおすすめします。

乾燥から身を守るには日々のスキンケアが大切です

化粧水の役割は、肌に水分を与えることと思われていますが、肌にはバリア機能があり外部の水分から身を守ってくれますので、化粧水は浸透していかないのです。

ではなぜ化粧水を付けた後にお肌がしっとりとしているのでしょうか。

それは化粧水に含まれる美容成分が届いて肌に潤いを与えてくれてるからなのです。

化粧水の役割は、実は「肌に水分を与えること」ではなく、「肌に水溶性美容成分を与えること」なのです。

そのため、肌にどの様な水溶性美容成分を与えたいのかという観点で化粧水を選ぶと良いでしょう。

乾燥から肌を守りたい

乾燥から肌を守るには、化粧水で水分を与えるのではなく「水溶性の保湿成分」を角質に届ける目的で選ぶと良いでしょう。

「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「グリセリン」などが乾燥から肌を守る水溶性保湿成分と言われています。

白い肌になりたい

化粧水で美白を考えるなら、美白成分が含まれた化粧水が良いでしょう。

肌があまり強くない方は、美白成分の中には肌への刺激が強いものもありますので、肌の状況に合わせて刺激が強い美白成分は避けることをお勧めします。

(まとめ)肌に水分が入らない理由はいったい何?

1.肌に水分が入らないのは角質層が肌を守ってくれているからです

皮膚の表面には角質層があります。

この角質層はバリア機能の働きがあり、外部刺激によるダメージを防ぎ、不要なものが体内に侵入しないように守ってくれます。

ですので、身体の中に水分が入らないようになっています。

2.角質層にはウィルスやアレルゲンから肌を守る役目があります

健康は肌は角質層がバリア機能となり、ラップのような働きをして外部の水分・ウィルス・アレルゲンから身を守ってくれます。

また、肌内部の水分が蒸発するのを防いでくれる働きもあります。

3.化粧水を選ぶときは、界面活性剤やアルコールフリーのものを選びましょう

肌に化粧水を浸透させようという思いから、界面活性剤やアルコールで肌のバリア機能を一時的に壊して浸透をさせてしまう化粧水がある。

そうなると、肌内部の水分蒸発が防げなくなりますので、化粧水選びには気を付けましょう。

4.乾燥から身を守るには日々のスキンケアが大切です

化粧水を選びは「肌に水分を与えること」を目的にするのではなく、「肌に水溶性美容成分を与えること」を目的として選ぶと良いでしょう。

どういった水溶性美容成分を肌に届けたいかで、化粧水を選んでみて下さいね。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る