加齢とともに肌の水分は変わるの?

加齢とともに肌の水分量は徐々に減っていきます


年齢を重ねるごとに肌の水分は徐々に減っていき、一般的に老化と言われる現象が現れてきます。

生まれたての赤ちゃんの肌はハリもあってぷるぷるしていますが、年齢を重ねた肌はたるみも出てきますし、小じわも目立ってきます。

これはすべて水分量が不足しているからです。

乾燥を予防して水分を逃がさないようにケアをしていきましょう。

保湿ケアをして肌年齢を食い止めましょう

肌は年齢を重ねるごとに徐々に水分が減っていきます。

そして25歳を境に、たるみ、くすみ、しわ、シミなど、少しずつ肌に老化が進んでいきます。

ただし中には肌年齢を感じさせないほど若々しいお肌の持ち主もいます。

このような人は毎日欠かさず正しい保湿ケアをしているからなのです。

保湿ケアを行えば、肌全体に潤いが戻ってきます。

加齢とともに水分量が減ってしまうことは仕方のないことですが、それを少しでも補うことができるのが保湿ケアなのです。

保湿ケアを行ってみずみずしいお肌でい続けましょう。

肌が乾燥していれば保湿機能は低下しますし、肌全体がしぼんだ状態になります。

シワや毛穴の開きも目立つので、老化現象が目立ってしまいます。

保湿ケアを行って水分を行き渡らせれば細胞がふっくらするので全体的にハリが出てきます。

ハリが出ることでシワも目立ちにくくなるので、肌質が改善されるとともに見た目年齢も若々しい印象になるでしょう。

気をつけたいのは老化現象がでやすい目や口の周りです。

この部分は老化現象がでやすい部分ですが、くすみやしわがあると余計に年老いた印象を与えます。

他の部分よりも念入りに保湿ケアを行いましょう。

乾燥肌は紫外線の影響を受けやすい状態です


乾燥をしている肌はバリア機能が低下しています。

その為外からの影響を受けやすい状態です。

春先になると紫外線が急激に強くなりますが、乾燥肌の人は紫外線の影響もすぐに受けてしまうのです。

紫外線が肌内部に入りこんでくると、水分が蒸発しやすくなってしまいます。また、ハリや弾力、潤いを保つコラーゲンであったりエラスチンと言う成分が破壊され、その結果シミやたるみが出来安くなってしまうのです。

紫外線から肌を守るためにはしっかりと紫外線対策を行いましょう。

夏の暑い時期になってから紫外線対策をするのは遅いです。春先から紫外線は急激に強くなるので3月ごろからは念入りに紫外線対策を講じていきましょう。

ただし、紫外線は一年中私たちに降り注いできています。

冬場は夏に比べると紫外線の影響を受けにくいですが、1年中紫外線対策をしていてもかまいません。

またバリア絹を強化すれば紫外線の影響をもろに受けることはないので、保湿ケアも欠かさずに行いましょう。

保湿ケアを十分に行い、水分を補えばバリア機能がアップするので多少に紫外線の影響などは跳ね返してしまうでしょう。

体の内部からも必要な栄養素を補いましょう

肌の水分量は20代前半をピークに徐々に減少していきますから、何もせずに放置していると肌はカサカサの状態になってしまいます。

乾燥とともに老化現象も進むので、いつまでも若々しくいたいためには肌の水分量をアップさせていきましょう。

栓何語の保湿ケアは重要です。化粧水をつけた後に水分を逃がさないように美容液やクリームで蓋をしてしっとり肌にしていきましょう。肌の角質層が整いふっくらとすればシワやたるみも目立たなくなっていくので、若々しい印象になるでしょう。

保湿ケアと同じくらい大切なのがバランスの良い食事です。

体の内部からも水分量をアップし、必要な栄養素を取り入れて健康的な美肌になりましょう。

栄養素がバランスが良い和食はおススメです。

カロリーも欧米型の食事に比べると抑えられていますし、美肌の元となる栄養素や肌を内部から保湿してくれるセラミドが含まれた食材は和食に主に含まれています。

美肌作りに欠かせないのが和食と言えるでしょう。

肌の水分量を上げて美肌に近づくためにもバランスの良い和食を積極的に摂りましょう。

(まとめ)加齢とともに肌の水分は変わるの?

1.加齢とともに肌の水分量は徐々に減っていきます

加齢とともに肌の水分は減少していき、老化現象であるたるみや小じわが目立つようになってきます。

水分不足が原因ですから乾燥対策を怠らないようにしていくことが大切です。

2.保湿ケアをして肌年齢を食い止めましょう

肌は加齢とともに水分が少なくなっていき乾燥気味になります。

肌が乾燥すると老化現象であるくすみやしわ、たるみが出始めます。

保湿ケアを行い肌の水分を改善していきましょう。

3.乾燥肌は紫外線の影響を受けやすい状態です

肌の水分が足りずに乾燥状態ですとバリア機能が低下しているので、春先から強くなる紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

UVケアを怠らないようにしてこれ以上乾燥肌になるのを防ぎましょう。

4.体の内部からも必要な栄養素を補いましょう

肌の水分量を上げるには保湿ケアはもちろんのこと、肌内部からも必要な栄養素や食材を取っていきましょう。

バランスの良い和食には、肌内部から保湿力を上げる食材が多く使われているメニューも多いので、おススメです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る