乾燥肌対策に効果的なセラミド化粧品の選び方とは?

乾燥肌をケアするにはセラミド配合化粧品の中でも保湿力が高いアイテムを選ぶことが重要です


セラミド配合の化粧品を選ぶときは、そのセラミドの種類や配合量をチェックしましょう。

保湿力が高いヒト型セラミドをたっぷり配合した化粧品であれば高い効果を期待できます。

肌の表面からセラミドを補いつつ、肌がセラミドを生成しやすい健やかな状態を作りましょう。

セラミドは肌の水分を蓄えてくれる成分です

アトピー性皮膚炎や敏感肌など肌トラブルを抱えている人は多いと思います。

トラブルで傷んだ肌と健康的な肌の違いはどこにあるのでしょう。

肌の表面は角質層という膜に覆われています。

角質層の上を油分が覆うことで肌を外部の刺激から守り、水分の蒸発を防ぐ仕組みです。

例えばカビやダニ、乾燥などの外部刺激で肌荒れしやすいという人は、角質層の働きが弱まっていると考えられるでしょう。

この角質層は角質同士が重なり合ってできています。

重なった角質細胞の間を満たすのがセラミドです。

セラミドは細胞同士をつなぎとめるとともに、水分を蓄える役割があります。

しかし、このセラミドが不足することで肌のバリア機能は衰えます。

セラミドが不足した肌は、汚れや細菌などが侵入しやすい状態です。

肌に刺激を受けるとピリピリとした痛みや、かゆみを感じやすくなります。

加えて掻くことでさらに角質層が傷ついて、肌が乾燥しやすくなってしまうのも問題です。

これらの肌トラブルを防ぐためにはまずセラミドを補って、健康的な角質層を育てましょう。

セラミドを育てるにはターンオーバーが必要です


セラミドは角質層の水分を蓄える細胞間脂質の主成分です。
細胞間脂質には遊離脂肪酸、コレステロール、コレステロールエステルなどがありますが、細胞間脂質が蓄える水分の半分以上はセラミドが占めているといわれています。

セラミドは、肌が一定周期の感覚で生まれ変わるターンオーバーによって生成されています。

しかし、肌のターンオーバーが上手くいかないとセラミドが作られにくい肌質になってしまうのです。

肌のバリア機能を高めるためには、正常なターンオーバーでセラミドを生み出し続けることが大切です。

ターンオーバーの乱れは生活リズムの乱れや加齢によって起こります。

乾燥肌や敏感肌を改善するためには正常なターンオーバーを促進するために生活から改善しましょう。

質の良い睡眠や適度な運動は新陳代謝を盛んにします。

さらにゆっくりとお風呂に浸かって血行を良くすることも効果的です。

ピーリングやスクラブはせっかく育てた角質層を傷つけることもあります。

保湿で肌をいたわりながら角質層を育てましょう。

セラミド配合化粧品は種類や配合量に注意して選びましょう

コラーゲンやヒアルロン酸は外部から補給してもお肌に届かないといわれています。

一方でセラミドは肌の外側にある角質層を構成しているため、外からの補給でも効果が期待できるのです。

体内で生成されるセラミドは人によって量が異なり、生成量自体も加齢によって減少していきます。

乾燥肌などが気になる人はセラミドが配合された化粧品を使って、足りないセラミドを補いましょう。

セラミドが配合された化粧品はたくさん種類がありますが、ヒト型セラミドかどうかを基準に選ぶことをおすすめします。

ヒト型セラミドは酵母を利用して作られ、植物由来のセラミドや牛乳由来のセラミドよりも保湿力が高いのが特徴です。

成分表示ではセラミド1やセラミドNPというように、セラミドの後に数字やアルファベットが表記されています。

セラミドの配合量にも注意が必要です。

極端に安いものではセラミドが少ないことがあります。

明記された配合量を比較して選ぶようにしましょう。

セラミドはもともと角質細胞間脂質の成分で油に溶けやすい性質があります。

さらっとした化粧水よりも、とろみがあるテクスチャーの化粧品に配合されていることが多いと覚えておきましょう。

化粧品のなかにはセラミド生成を促す有効成分を含んだものや、セラミドが浸透しやすいように加工したものもあります。

肌との相性や価格などを比較して自分に合った化粧品を選びましょう。

(まとめ)乾燥肌対策に効果的なセラミド化粧品の選び方とは?

1.乾燥肌をケアするにはセラミド配合化粧品の中でも保湿力が高いアイテムを選ぶことが重要です

肌の保水力やバリア機能をキープするには、角質層のセラミドが欠かせません。

高品質のセラミドを化粧品でたっぷり補給するとともに、健やかな肌を育てて乾燥肌をケアしましょう。

2.セラミドは肌の水分を蓄えてくれる成分です

肌のかゆみやあかぎれは、肌の角質層の水分が足りなくなることで起きる症状です。

乾いた肌は外部の刺激に弱い状態なので、角質層の水分を蓄える役割を持つセラミドを補い肌のバリア機能を高めましょう。

3.セラミドを育てるにはターンオーバーが必要です

セラミドはターンオーバーと呼ばれる肌の生まれ変わりのなかで生成されます。

乾燥肌をケアするのであれば、ターンオーバーを促進してセラミドを作ることが重要です。

規則正しい生活や保湿ケアで肌のターンオーバーを正常にしましょう。

4.セラミド配合化粧品は種類や配合量に注意して選びましょう

セラミドが配合された化粧品といってもたくさんの種類があります。

選ぶときはヒト型セラミドを使用したもので、セラミド配合量が多いものがおすすめです。

パッケージや成分表示をよく比較して選びましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る