コラーゲンが不足すると肌の水分も低下するの?

コラーゲンの不足は肌のハリや潤いを不足させるので水分も低下してしまいます


コラーゲンが不足すると、肌の保湿効果が低下し潤いを保っておけなくなるので水分が逃げだし乾燥肌になるのです。

コラーゲン不足によってハリや潤いが低下するため、乾燥によるしわ、たるみなどのトラブルも出現するようになってしまいます。

また、コラーゲンが不足することで髪や爪、骨や筋肉量も低下していくので、体全体の老化が進むのです。

コラーゲンは加齢や不規則な生活が原因で不足します

コラーゲンが不足すると肌はどんどん老化が始まると言われていますが、そもそもコラーゲンとはどのようなものであるか知っていますか?
コラーゲンはタンパク質の一種です。

人の体は60%が水分、40%がタンパク質で作られていますがそのタンパク質のうち30%がコラーゲンなのです。

つまり、体の1/3がコラーゲンで形成されていると言えるでしょう。

コラーゲンは人の身体の中で真皮や血管、軟骨などを構成していますが、年齢とともに減少していきます。

コラーゲンは20歳前後が一番ピークでその後は徐々に減少傾向にあります。

40歳近くになるとピーク時の半分にまで落ち込みます。

さらに、不規則な生活習慣や過度のダイエットなどでもコラーゲンは減少していきます。

このコラーゲンの減少は、肌の弾力を支えきれなくなるので、保湿機能の低下につながり、水分量も減少することになってしまうのです。

顔がたるんで潤いが無く、ハリもない状態は老けた印象を与えますが、これもすべてコラーゲンの低下が影響を及ぼしているのです。

さらに、コラーゲンは骨や筋肉、つめや髪の毛の健康にもかかわっているので、減少することで体中に老化現象が現れてくるでしょう。

コラーゲン不足が乾燥を呼び、老化現象が進む原因となります


コラーゲンが加齢や不規則な生活が原因で不足していくと、肌のハリや潤いが低下していきます。

さらに弾力もコラーゲンが影響しているのでコラーゲン不足によってたるんだ肌になっていくでしょう。

肌から弾力が失われるので小じわが出来ていきますし、肌が硬くなっていくので肌がかさつく原因にもなります。

コラーゲンは保湿機能を持っているので肌の内側の水分を守る役目をしていますが、コラーゲンが低下することでバリア機能も低下し、水分が不足するので乾燥肌に移行してしまうのです。

つまり、コラーゲンが不足するだけで肌の水分や必要な栄養が不足しがちになるので、どんどん老化現象が進んでしまいます。

髪にコシがなくなってきた、髪が以前に比べてパサパサするようになった、肌にハリやツヤがなくなってきたと感じたらそれはコラーゲン不足のサインです。

そのまま放置しておると肌の水分も低下し老化現象が顕著になってくるので、出来るだけ表面に表さないように食い止める必要があります。

体の内側からコラーゲンを取り入れましょう

コラーゲンが減ってきているのであれば、積極的に体に内側から取り入れましょう。

食事でコラーゲンを取り入れると手軽です。

コラーゲン鍋、手羽先、鶏皮、ふかひれなど、コラーゲンが多く含まれているものを積極的に食べましょう。

このようにコラーゲンは動物や魚の皮や骨に多く含まれています。

女性は手軽にできるダイエットとして食事制限をしがちですが、食事制限をして肉や魚の摂取量を抑えることでコラーゲン不足にもつながるのです。

食事制限をした場合でもバランスの良い食事を心がけてコラーゲンを意識的に多くとりいれるようにしたいものです。

コラーゲンを食事から効率よくとりたいが、思うように取れないと言う場合にはサプリメントを使用してもいいでしょう。

化粧品にコラーゲンが含まれているものもあります。

即効性はないかもしれませんが、毎日使うことで確実にコラーゲンは肌に取りこまれていきます。

何もしないよりはコラーゲン入りの化粧品を使ってケアをしたほうが良いでしょう。

(まとめ)コラーゲンが不足すると肌の水分も低下するの?

1.コラーゲンの不足は肌のハリや潤いを不足させるので水分も低下してしまいます

コラーゲンが不足すると、肌の保湿力が弱まります。

肌の保湿が弱まるので水分も逃げ出してしまうので潤いが無くなっていき、しわやたるみを引き起こします。

さらに髪や爪、骨、筋肉量に身影響を与えます。

2.コラーゲンは加齢や不規則な生活が原因で不足します

人の体の1/3はコラーゲンで形成されていますが、加齢とともに徐々に減少していきます。

コラーゲンが減少すると、保湿機能が低下するので、肌の張りがダウンし潤いも低下します。

さらにはたるみも出てくるので老化現象が顕著になってくるのです。

3.コラーゲン不足が乾燥を呼び、老化現象が進む原因となります

コラーゲンは加齢や不規則な生活習慣などで減少していきます。

コラーゲンの減少は体内の水分量を低下させますし、老化現象を引き起こします。

髪に元気がない、肌の張りが少ないと感じ始めたら放置せずにコラーゲン不足を改善できる策を施しましょう。

4.体の内側からコラーゲンを取り入れましょう

コラーゲンは毎日の食事で無理なく取り入れましょう。

肉や魚の皮や骨に多く含まれるので食事制限をするダイエットをするとコラーゲンが不足しがちになってしまいます。

食事よりは効果が薄いですが、コラーゲン入りの化粧品を使ってもいいでしょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る