肌の水分不足解消のために必要な成分とは?

肌の水分を補うにはセラミド、ヒアルロン酸をはじめとする保湿成分が欠かせません


肌の水分を補う効果が期待されているのが、保湿成分です。

水分が十分に保たれた肌を維持するためには、毎日のスキンケアが重要なポイントになります。

乾燥が気になる場合は、保湿成分が配合されたスキンケアアイテムを取り入れてみましょう。

セラミドやヒアルロン酸が効果的とされています。

肌の水分を保持しているのは角質層です

潤いのある肌のために重要な役割を果たしているのが、角質層です。

角質層は皮膚の最も表面にあり、水分を保持する働きをしています。

たった0.02ミリの厚みしかありませんが、死んだ細胞が20もの層になって積み重なっています。

その死んだ細胞の隙間を埋めているのが、細胞間脂質や天然保湿因子です。

細胞間脂質はその名の通り細胞と細胞の間にある脂質ですが、これは肌トラブルの原因となる皮脂とは異なります。

細胞間脂質の約半分はセラミドという保湿成分で作られています。

天然保湿因子の主な成分はアミノ酸です。

このアミノ酸は、新陳代謝の際にたんぱく質が分解されることにより作り出されています。

アミノ酸以外の成分として、ミネラルや乳酸塩、PCAなどが含まれています。

天然保湿因子は、吸湿と保湿の働きをしています。

この働きによって水分が取り入れやすくなり、その水分を保持することができます。

角質層の役割は水分保持だけではありません。

それ以外にも、刺激から肌を守るバリアのような働きをしています。

日々、肌は様々な外的刺激にさらされていますが、肌表面にある角質層が肌トラブルを防いでいます。

たった0.02ミリの厚さしかなく、死んだ細胞が重なってできている角質層ですが、健康な肌にとってはなくてはならない存在です。

保湿成分が不足すると肌のターンオーバーが乱れます


肌の保湿成分が不足した場合、ターンオーバーが乱れてしまいます。

ターンオーバーとは細胞の新陳代謝のことで、皮膚の生まれ変わりとも呼ばれています。

肌の水分量を高めるためには、このターンオーバーについても詳しく知っておくべきでしょう。

肌の最も上に位置しているのが、表皮です。

表皮は基底層、有棘層、顆粒層、角質層と肌の深層部から表面に向かって4層になっています。

基底層で作られた細胞は、約14日掛けて角質層まで押し上げられます。

角質層に押し上げられた細胞は、すでに生命力のない死んだ細胞です。

その状態から約14日掛けて皮膚から自然と剥がれ落ちます。

このようにターンオーバーは約28日の周期で行われています。

ターンオーバーの乱れは、様々な肌トラブルの原因となります。

例えばターンオーバーが遅れてしまうと、役目を終えた不必要な細胞が肌に留まったままになってしまいます。

これによって肌の硬化やくすみ、乾燥、シミなどが引き起こされます。

逆にターンオーバーが早くなってしまうと、未熟な細胞が肌の表面に押し上げられてしまいます。

未熟な細胞は外からの刺激によってダメージを受けやすいため、肌荒れしやすくなります。

このように健康な肌のためには、正常なターンオーバーが欠かせません。

肌の水分を補うには保湿成分の補給が効果的です

肌の水分を補うために効果的な成分として最も注目されているのがセラミドです。

前述したようにセラミドはもともと肌に存在する成分で、水分を保持する役割を果たしています。

角質層の水分保持の割合を見てみると、セラミドが約80%、天然保湿因子が約17%から18%、皮脂が2%から3%となっています。

この割合からも分かるように、セラミドは肌の水分を保持するうえでとても重要な成分です。

このようなことから、乾燥肌が気になる場合はセラミドが配合された化粧水を取り入れてみましょう。

セラミドは注目の保湿成分ですので、セラミド配合の化粧水は多く販売されています。

また、セラミド以外にもヒアルロン酸やアミノ酸が配合された化粧水も人気を集めています。

しかし、これらの成分も保湿成分に含まれていますが、セラミドと比較すると効果は劣ってしまうでしょう。

現在セラミドと並んで注目を集めている保湿成分がリピジュアです。

リピジュアは細胞間脂質と構造が同じという特徴があり、角質層を整える効果や吸湿、保湿効果が期待されています。

リピジュアの吸湿性は、ヒアルロン酸の約2倍とも言われています。

そのため、リピジュアが配合された化粧水を使うことで肌の水分量を上げる効果が期待できるでしょう。

(まとめ)肌の水分不足解消のために必要な成分とは?

1.肌の水分を補うにはセラミド、ヒアルロン酸をはじめとする保湿成分が欠かせません

肌の水分を補給するにはスキンケアが欠かせません。

スキンケアでは、セラミドやヒアルロン酸などの成分が配合された化粧水を取り入れましょう。

これらの成分は保湿効果が高いことで注目されています。

2.肌の水分を保持しているのは角質層です

肌の水分を保持しているのが、肌表面にある角質層です。

角質層は死んだ細胞が積み重なってできており、細胞の間に細胞間脂質や天然保湿因子が存在しています。

角質層がしっかりと働くことで水分保持だけでなく肌のバリア機能も果たします。

3.保湿成分が不足すると肌のターンオーバーが乱れます

肌の保湿成分が不足するとターンオーバーが乱れてしまいます。

ターンオーバーの乱れは肌を乾燥させるだけでなく、くすみやシミなどの様々な肌トラブルを引き起こします。

肌の水分量を上げるには、ターンオーバーを整えることも重要です。

4.肌の水分を補うには保湿成分の補給が効果的です

肌の水分を補うには、保湿成分を補給することが大切です。

特に重要視されているのが、細胞間脂質の主成分でもあるセラミドです。

他にもヒアルロン酸やアミノ酸、リピジュアが配合された化粧水を使うことで肌の水分量がアップすると言われています。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る