今日から始められる乾燥肌を治す方法とは?

乾燥肌を治す方法は肌自身が持つ修復力を取り戻すことです


乾燥肌トラブルは対策をしないと症状が進行してしまいます。

乾燥肌を治す方法といえば保湿をイメージしがちですが、乾燥によって失われた肌の修復力を取り戻すことも大切です。

一時的な乾燥を防ぐのではなく、肌の新陳代謝を促進して刺激に強い肌を育てましょう。

乾燥肌を放っておくとさらに悪化します

乾燥肌は人によっては一年中苦しむトラブルです。

人によっては、体質だからと諦めているかたもいるでしょう。

実は乾燥肌とは、単純に肌が乾燥しているだけの状態ではありません。

乾燥した肌を拡大すると、皮膚の表面が粗くガサガサとはがれているような状態です。

健康的な肌であれば、角質細胞が等間隔でみっちりと詰まってキメが整っています。

この皮膚の違いは見た目だけではなく、肌機能を見ても大きな違いがあります。

キメが粗い肌は角質層のバリア機能が失われて、異物の侵入が簡単な状態です。

さらに肌内部の水分も蒸発しやすくなるため、乾燥肌が一層進行してしまいます。

乾燥肌がなかなか改善しない理由もこのことが関係しています。

肌が乾燥してバリア機能が失われると肌の奥にまで刺激が伝わり、肌の生まれ変わりが正常に行われません。

その結果さらに乾燥が進んでしまうという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

乾燥した肌を治すには保湿だけでは不十分です。

肌のバリアを修復して乾燥肌を根本的に治さなくてはいけません。

乾燥肌が進行することで発生する症状に注意しましょう


乾燥肌が進行すると、かゆみやあかぎれという症状があらわれます。

これは肌のバリア機能が壊れて、外からの刺激に肌が反応している状態です。

健康的な肌なら気にならないような髪の毛や衣服の繊維の刺激、エアコンなどによる温度変化や雑菌などにもデリケートな肌は刺激を感じてしまいます。

肌を掻くとさらに乾燥肌は悪化します。

肌を掻くことで傷ができ炎症を引き起こし、さらに刺激に対して敏感になってしまうのです。

掻いているうちにかゆみを起こす成分ヒスタミンがでて、さらにかゆくなってしまうこともあります。

乾燥肌が進行してかゆみを生じた場合は、かゆみ止め成分が入った保湿クリームなどを利用して、極力触らないように注意しましょう。

衣服やシーツなどを洗濯したするときに使う柔軟剤や漂白剤が肌の刺激になることがあります。

また、ごわごわしたジーンズや起毛素材も摩擦でかゆみを起こすことがあるので注意が必要です。

しかし、生活スタイルの改善で乾燥肌の悪化を防ぐことができます。

肌が乾燥してデリケートな人は、肌に触れるものも慎重に選ぶように心がけましょう。

乾燥肌を治すには肌の修復と保湿が肝心です

乾燥肌を根本的に治すには保湿で油分や潤いをプラスするだけでは不十分です。

乾燥しにくい強い肌をつくるために肌のバリア機能を修復しましょう。

肌の保湿剤としてよく使われているの尿素やワセリン、コラーゲンです。

これらの物質は、肌表面で作用して角質層に潤いを持たせる効果があります。

バリア機能の修復にはそれに加えて肌深部の新陳代謝を促す成分が必要です。

近年、肌深部まで浸透してバリア機能を修復してくれるとして、ヘパリン類似物質が注目されています。

ダメージを受けた肌の炎症を抑える効果もあるため、薬局などで処方される薬にも配合されている物質です。

この他にもビタミンA油やスクワランなども皮膚の生まれ変わりを活発にしてくれる成分として知られています。

乾燥肌を治す化粧品は、さまざまな種類のものが販売されています。

選ぶときは肌の表面を瑞々しく整えてくれる成分と、肌バリアを修復してくれる成分の両方が配合されているものを選ぶとよいでしょう。

(まとめ)今日から始められる乾燥肌を治す方法とは?

1.乾燥肌を治す方法は肌自身が持つ修復力を取り戻すことです

乾燥肌を治すためには保湿だけではなく、肌の修復力を取り戻すことも重要です。

そのためにも、肌の新陳代謝を促すなどの対策を取り入れ、乾燥肌からの改善を目指しましょう。

2.乾燥肌を放っておくとさらに悪化します

乾燥肌を治す方法は保湿だけだと不十分です。

乾燥肌は肌のバリア機能まで壊れてしまい、新しい健康的な肌を生み出すことができなくなっています。

そのためにも、乾燥肌を治療するには保湿だけでなく、肌のバリア機能を取り戻すケアを導入しましょう。

3.乾燥肌が進行することで発生する症状に注意しましょう

乾燥肌は進行するとかゆみやあかぎれを伴います。

乾燥して刺激に弱くなった肌にはスキンケアだけでなく日常での工夫が重要です。

肌に触れる衣服や寝具などは肌への影響を考えて肌触りがいいものを選びましょう。

4.乾燥肌を治すには肌の修復と保湿が肝心です

乾燥肌を治すには、油分や水分を補うだけでなく衰えた肌のバリア機能を回復させる必要があります。

肌が生まれ変わるためには、ターンオーバーを活発化させることが重要です。

ヘパリン類似物質などの成分が配合されているスキンケアを選びましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る