乾燥肌体質を変える方法とは?

乾燥肌の体質を変えるためには生活習慣の改善が大切です


乾燥肌をケアするには生活習慣の改善が近道です。

体の新陳代謝が活発でないと肌のターンオーバーも進まず、傷ついた肌も再生できません。

乾燥肌をケアするには新陳代謝を良くして、肌を傷つけないように心がけましょう。

肌を刺激から守り、潤いを保つためにも保湿がスキンケアのベースとなります。

乾燥肌と健康的な肌の違いは水分と油分のバランスです

乾燥肌と健康的な肌は見た目でも全く違います。

健康的な肌は適度な潤いがあってハリとツヤがあってなめらかです。

一方乾燥した肌は表面が荒れて、カサカサとして見えます。

乾燥肌が原因で顔色が暗く見えるうえ、シワも目立つので老けて見えてしまうこともあるでしょう。

この2つの肌の違いは肌の水分と油分のバランスです。

健康的な肌は水分量が30パーセント以上で、油分は10パーセント前後が目安になります。

例えば水分が少なければ乾燥肌、油分が多すぎる場合はオイリー肌ということです。

なかには水分が不足しているが、油分が多くてニキビができるというタイプの乾燥肌の人もいます。

水分と油分のバランスが崩れる原因は角質のバリア機能の低下です。

皮膚は角質層という約 0.02 ㎜の層で守られています。

角質層は外部からの刺激から肌を保護するとともに、肌内部の水分を逃さないように封じ込めることが役割です。

角質層は皮脂と天然保湿因子、角質細胞間脂質から構成されています。

これらの3つが少ないと肌を守る機能も衰え、皮膚が乾燥するようになるのです。

乾燥肌や敏感肌は体質ではなく生活習慣が関係していることもあります


乾燥肌や敏感肌の体質の人は、肌がもともと薄いか刺激に弱い体質といわれています。

肌がデリケートだと普通肌の人が感じないような刺激にも反応してしまい、肌のバリア機能を損ねます。

しかし、生まれついての乾燥肌という人ばかりではありません。

自分が乾燥肌になってしまう原因を作っていないか考えてみましょう。

肌への刺激

肌への物理的な刺激も肌の角質層を傷つける原因です。

肌をゴシゴシこすったり、熱いお湯につかったりという刺激は、バリア機能を損ね炎症を起こすこともあります。

特に肌に触れる機会が多いスキンケア時には肌をこすったり、ひっぱたいたりしないように注意しましょう。

乾燥した空気

私たちが想像している以上に空気は乾燥しています。

特にエアコンをよく使う季節は乾燥肌になりやすいため、加湿器やマスクを使いましょう。

いつものスキンケアに保湿アイテムをプラスするのも効果的です。

肌のターンオーバーの乱れ

肌はターンオーバーによっておよそ28日周期で生まれ変わります。

健康的なターンオーバーで良質な肌細胞が生まれ、肌のバリア機能を保ちます。

しかし、肌の炎症や不規則な生活習慣はターンオーバーを乱し、肌の形成を阻害してしまうので注意しましょう。

乾燥肌体質を改善するためには外と中の両面からアプローチしましょう

乾燥肌の体質を改善すると聞くと保湿をイメージする人が多いでしょう。

しかし、肌自体が水分を蓄えられない状態では保湿も効果が発揮できません。

水分を蓄えるための肌作りと一緒に、肌に水分を補給するケアを行いましょう。

内側からのケア

肌を作るためには肌のターンオーバーを整える必要があります。

肌のターンオーバーに欠かせない成長ホルモンの分泌は、夜の10時~2時に行われるのでこの時間に睡眠をとるように心がけましょう。

さらに肌の新陳代謝を活発にするには、軽い運動も効果的です。

汗をかいて血行が改善すると血の酸素や栄養が全身に届けられ、肌の再生につながります。

外側からのケア

体内を改善するとともに、体の外側からもケアをしましょう。

肌の水分を封じ込める保湿ケアは、スキンケアがベースとなります。

保湿はアンチエイジングやホワイトニングなどのスペシャルケアの効果を発揮させるための土台部分です。

肌に水分や栄養を与えた後は、必ず保湿アイテムで蓋をして肌を保湿しましょう。

(まとめ)乾燥肌体質を変える方法とは?

1.乾燥肌の体質を変えるためには生活習慣の改善が大切です

良質な肌細胞を育て、乾燥肌を改善するには生活習慣が大きな役割を持っています。

普段の生活で肌を傷つけないようにするとともに、運動や睡眠で肌のターンオーバーを促進しましょう。

2.乾燥肌と健康的な肌の違いは水分と油分のバランスです

乾燥肌と理想的な肌の大きな違いは肌のバリア機能です。

肌は角質層に守られていますが、バリア機能が衰えることで肌に水分を蓄えられなくなり水分と油分のバランスが崩れてしまいます。

3.乾燥肌や敏感肌は体質ではなく生活習慣が関係していることもあります

肌は本来定期的に新しい肌に生まれ変わります。

しかし炎症や外からの刺激で生まれ変わりが上手くいかず、乾燥肌を引き起こすこともあります。

体質以外にも乾燥肌の原因になる行動をとっていないか、生活を見直しましょう。

4.乾燥肌体質を改善するためには外と中の両面からアプローチしましょう

乾燥肌の体質を改善するには体の内側と外側両方のアプローチが必要です。

体の内部からのアプローチで肌の生まれ変わりを促進し、外部からのアプローチで水分や油分をチャージしましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る