乾燥肌対策は年中必要なの?

乾燥肌対策は季節を問わず必要です

乾燥肌になる原因は肌のバリア機能が衰え、水分を保つ事ができなくなってしまうためです。

肌は季節に関係なくストレスを受けているため、乾燥肌対策は年中必要だといえるでしょう。

体の内側と外側からしっかりケアを行い、みずみずしい肌を保つように心がけていきましょう。

肌は常にストレスを受けています

肌が受けるストレスと言って簡単に思いつくのは、寒い季節の乾燥ではないでしょうか。

しかし、実際はそれ以外でもさまざまな所で影響を受けています。

それらは大きく分けると「内的要因」「外的要因」の2種類になります。

内的要因にあたるのは、生活習慣(睡眠・タバコ・食事)や加齢によるものです。

睡眠不足で成長ホルモンの分泌が低下することや、偏った食事で十分な栄養素が供給できなければ、肌はストレスを受けてしまいます。

その結果、肌のバリア機能が徐々に低下していき乾燥肌を招いてしまうのです。

また、ストレスをため込むことも肌への影響があるといわれています。

外的要因の代表的なものとしてあげられるのが、日頃のスキンケアになります。

ついメイクを落とし忘れたり、クレンジングでゴシゴシ洗ったりなど、肌にストレスを与える要素はいくつもあります。

その毎日の積み重ねが、肌に影響を及ぼしてしまいます。

また、季節の外気にも気をつけなければいけません。

寒い季節の乾燥は目に見えるのでわかりやすいのですが、意外にも暖かい季節のほうが肌がストレスを受けやすくなっているのです。

紫外線や花粉、湿度、クーラーなどさまざまなものが、乾燥肌の原因となるため注意が必要です。

乾燥肌対策は体の内と外をケアしてあげましょう

肌にストレスを与えるものが内的要因と外的要因であるように、乾燥肌対策も、体の内側と外側からケアしてあげる事が必要です。

それでは具体的にどのような方法があるのかみてみましょう。

体の内側からケア

肌の新陳代謝を促すためにも、睡眠はしっかり取りましょう。

ただ長く眠るということではなく、良質な深い眠りが重要だとされています。

これは睡眠時に肌の新陳代謝を活性化する成長ホルモンが、最も多く分泌されるといわれているからです。

「自分は眠りが浅い」と感じている方は、就寝前2時間以内は食事をしない(血糖値を下げる)、就寝1時間前に照明を暗くする、などの工夫をしてみるとよいかもしれません。

また、自分なりのストレス発散方法も見つけましょう。

現代人は、日々の忙しさや人間関係などストレスを受けやすい環境で暮らしています。

ストレスを抱え込むことで、活性酸素と呼ばれる物質を発生させ肌の乾燥や老化まで招いてしまいます。

自転車に乗ったり、ウォーキングや音楽鑑賞など、簡単にできる事を見つけてみましょう。

体の外側からケア

外側のケアで最も大切なのは、毎日のスキンケアです。

化粧水や美容液で保湿さえしていれば大丈夫という事ではなく、メイクを落としたり、クレンジング、洗顔など、肌へストレスがかかる部分も十分注意が必要です。

洗顔での熱いお湯は刺激を与えるので、水かぬるま湯がよいといわれています。

肌が弱い方は、朝は洗顔料を使わないなど、肌の調子を見ながら自分に合った方法を見つけていきましょう。

季節毎のスキンケアを見直してみましょう

乾燥肌といえば、誰しも寒い季節のものだけと思いがちです。

しかし季節毎に変化する気温や湿気は、常に肌に刺激を与えています。

肌トラブルを事前に防げるよう、季節毎のスキンケアを見直してみることも大切です。

気温が上昇し始める時期になり、一番油断しやすい季節です。

暖かくなったからといっても、湿度が高くなっている訳ではないので注意が必要です。

この季節は紫外線や花粉の影響も受け始めるので、化粧水は多めにして、寒い季節と同等の保湿ケアを心がけましょう。

暑い季節になると皮脂の量が多くなるので、洗顔を念入りにしてしまいがちです。

必要な皮脂まで奪ってしまうと、肌の角質層が壊れてバリア機能の低下を招いてしまいます。

ゴシゴシとこすらないようにして、掌でやさしく洗顔するよう気をつけて下さい。

また日中もエアコンや紫外線によって、肌は乾燥しやすくなっています。

ミストなどを使って、常に肌に水分を保つように心がけましょう。

夏の紫外線によってダメージを受けた肌が、最もデリケートな状態になっています。

基本のスキンケアをしっかりと行い、肌の角質層を健やかな状態に整えてあげましょう。

特にクレンジングや洗顔を怠ると、不要な古い角質が残ってしまい、シミやくすみの原因になってしまうこともあります。

刺激を与えないように肌の不要物を取り除き、保湿ケアもしっかり行って下さい。

一年で最も乾燥する季節です。

しっかり保湿したつもりになっていても、目元・口元など皮膚の薄い部分は乾燥しやすくなっています。

乾燥が気になる部分には保湿クリームを重ねづけして、しっかり馴染ませてあげましょう。

またエアコンなどを使うときには、加湿器も併用して一定の湿度を保つようにしましょう。

(まとめ)乾燥肌対策は年中必要なの?

1.乾燥肌対策は季節を問わず必要です

乾燥肌の原因は肌のバリア機能の低下です。

肌は常にストレスを受けているので、乾燥肌対策は年中必要だといえるでしょう。

体の内側と外側からしっかりケアしていくことが重要です。

2.肌は常にストレスを受けています

肌が受けるストレスには「内的要因」「外的要因」の2種類があります。

内的要因にあたるのは生活習慣(睡眠・タバコ・食事)や加齢、外的要因としては日頃のスキンケアや季節の外気になります。

いずれも乾燥肌の原因になるため注意が必要です。

3.乾燥肌対策は体の内と外をケアしてあげましょう

乾燥肌対策は体の内と外からケアしてあげましょう。

内側のケアとして、睡眠とストレス発散は有効とされています。

外側のケアは毎日のスキンケアが最も大切だといわれています。

4.季節毎のスキンケアを見直してみましょう

季節毎に変化する気温や湿気は、常に肌に刺激を与えています。

寒い季節に限らず基本のスキンケアはしっかりと行うように心がけましょう。

また季節毎のポイントを押さえて、肌トラブルを事前に防ぎましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る