理想的な肌の水分量とは?

理想の肌の水分量は40~50%といわれています


肌にある程度の水分がないとモチモチの美肌の状態を維持できなくなります。

具体的に肌の水分量の理想はどのくらいなのかと疑問に感じる人は多いでしょう。

理想的な水分量の目安とされているのが、40~50%程度といわれています。

また、水分量が多ければよいということではありません。

水分と油分のバランスが取れていないと理想の肌のコンディションを保つことは難しいでしょう。

肌の水分量が多いことにはメリットが多くあります

肌にある程度の水分が含まれているとよいといわれているのは、水の役割が関係しています。

肌に水分が十分含まれていると、外からの刺激や衝撃を和らげるクッションのような役割を果たしてくれます。

大気中には有毒物質も浮遊しており、肌がその有害物質を受け止めてしまう可能性があります。

そのまま受け止めてしまうと肌の状態を悪くすることもありますが、十分な水分量があれば有害物質が水によって薄まります。

つまり肌へのマイナス効果を軽減できる可能性が高まるのです。

さらに肌のコンディションを悪化させる要因として、温度や湿度の急激な変化があります。

エアコンの効いている部屋に入ると肌が乾燥することも湿度の急激な変化が関係しています。

しかし肌に充分な水分があれば、温度や湿度が急激に変化しても肌を保護してくれます。

その他にも水分が肌細胞に行き渡っていると、栄養分の供給もスムーズになるといわれています。

その結果、肌細胞の働きも活発になって、肌のターンオーバーなどを活性化させてくれます。

このように肌に潤いのある状態を維持し続けると、肌にさまざまな恩恵をもたらしてくれ、きれいな肌の状態を維持しやすくなるわけです。

肌が乾燥しているとトラブルが起こりやすくなります

肌の水分量が十分ではなく、乾燥肌の状態になると肌はダメージを受けやすくなります。

上記で紹介したように肌に含まれる水分は、外部からの刺激などを軽減する効果があります。

このバリア機能が弱くなるため、肌は外部の刺激を直接受け止めてしまうので、ダメージを受けやすくなるのです。

また肌の水分が少なくなって、バリア機能が不完全になると皮脂を盛んに分泌してその代用をしようとします。

オイリー肌の状態を見てみると脂性どころか乾燥しているという話もしばしば耳にします。

皮脂の分泌が盛んになると、ニキビなどの肌トラブルも起こりやすくなります。

肌がカサつくと、表情が変化した時に肌に入る線がそのまま残りやすくなります。

その線が小じわ、さらには本格的なしわに変化してしまう恐れも高まります。

つまり実年齢よりも老けた見た目になる恐れがあるのです。

そのため、常日頃から保湿をいかに行うかがポイントになるでしょう。

肌の水分量を上げるためのスキンケアを行いましょう


肌を理想的な水分量に上げるためには、毎日のスキンケアがポイントになります。

洗顔の際は、熱いお湯を使って洗わないようにしましょう。

肌にとって大事なセラミドや油分を落としてしまうので、乾燥肌の原因になってしまいます。

お湯を使う場合には、体温よりも少し低い35度前後を目安にするとよいでしょう。

また、しっかり洗顔料を泡立てて肌に乗せるように塗ると、この泡がクッションのような役割を果たして肌を傷つけずに洗うことが可能です。

洗顔後には、化粧水を使って肌に水分を補給しましょう。

化粧水をつけないと、肌が乾燥しやすくなります。

洗顔をする時には傍らに化粧水を準備して、なるべく早く化粧水をつけるようにしましょう。

化粧水ですが、手ではなくコットンを使ったほうが顔全体に水分を十分行き渡らせることができます。

コットンを使って優しくパッティングすれば、肌の奥深くに水分をより供給できます。

化粧水を塗っただけでは、肌の水分がすぐに蒸発してしまいます。

そのため、乳液や保湿クリームを上から塗って蓋をするようにスキンケアしましょう。

(まとめ)理想的な肌の水分量とは?

1.理想の肌の水分量は40~50%といわれています

理想的な美肌の状態を維持するためには、ある程度の水分を含んでいる必要があります。

理想の肌の水分量は40~50%と言われています。

また、ただ水分があればいいというわけではなく、油分とのバランスがとれているかどうかも重要な問題になります。

2.肌の水分量が多いことにはメリットが多くあります

肌の水分量が多いと、外部からの刺激などから肌を守ってくれるのでダメージを最小限に抑えられます。

また肌細胞の働きを活性化させる役割もありますので、肌の代謝の力をアップして美肌を維持しやすくなるわけです。

3.肌が乾燥しているとトラブルが起こりやすくなります

肌に充分な水分がなく乾燥していると、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなります。

また肌にしわができやすくなって、実年齢よりも老けてみられるなどのデメリットが発生する危険性があります。

4.肌の水分量を上げるためのスキンケアを行いましょう

肌に理想的な水分量を維持するためには、さまざまな対策があります。

しかしそのなかでも重要なのは、スキンケアを毎日しっかり行うことです。

洗顔後には化粧水で肌に潤いを与え、さらに保湿をするように心がけましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る