肌の内側の水分量を上げるにはどうすればいいの?

肌の内側の水分が蒸発しにくい肌作りをしましょう


水分量を上げるためのお手入れを毎日欠かさずすることで水分量をアップさせることができるでしょう。

年齢を重ねるに従って徐々に水分量は減っていきますが、現代人の生活でもストレスや、エアコンのある生活、寝不足などで肌内側の水分量は減ってしまいます。

理想的な水分量の肌になれば、透明感のある美しい肌になれるでしょう。

正しいスキンケアを心がけましょう

まず、毎日の洗顔は正しく行いましょう。

汚れを落としたいからとゴシゴシと擦っては肌を傷つけますし、洗顔剤を使って顔を洗いすぎると肌の内側の水分量が減って乾燥が進みます。

洗顔剤はしっかりと泡立てて優しく肌に乗せマッサージするように洗っていきましょう。

熱いお湯で洗うことは絶対にやめてください。

肌のうるおい成分が逃げてしまいますから、ぬるま湯で洗顔を行いましょう。

洗顔料の洗い残しが無いようにしっかりとすすぐこともポイントです。

また、洗顔後には化粧水をたっぷりと肌につけましょう。

洗顔後は乾燥を感じやすいので、洗顔後すぐに化粧水をつけると乾燥を防げます。

手に化粧水を取って肌に乗せてもいいですが、肌をまんべんなく水分を行き渡らせるためにはコットンを使ったほうがおススメです。

肌の隅々にまで水分が行き渡るので保湿効果が高くなると考えられます。

化粧水をつけた後は美容液や乳液などで蓋をしてさらに肌の保湿を上げましょう。

化粧水や美容液などは値段の高い物を使わなくては保湿効果が薄いということはありません。

自分の肌に合っていて、惜しむことなくたっぷりと使うことができれば安価なものでもかまわないのです。

睡眠不足は肌の天敵です


睡眠不足は肌に悪影響を与えます。

せっかく正しいスキンケアを行っても寝不足が続けば肌は衰えていってしまいます。

肌のゴールデンタイムと言われる夜10時から夜中2時までの時間には出来るだけ就寝出来るようにしましょう。

この時間を睡眠に当てることで肌のターンオーバーが活発になります。

通常肌は4週間で新しく生まれ変わりますが、乾燥状態が激しい場合にはターンオーバーがきちんとなされていません。

寝不足になるとターンオーバーが正しくなされないので、水分量も減ってしまいます。

睡眠時間は最低でも6時間は取るように心がけましょう。

いくらベッドの中に入っている時間が長くても浅い眠りばかりで熟睡出来ていなければ意味がありません。

質の高い睡眠をするためには、体を温めてから眠りにつきましょう。

湯船に肩まで浸かると体中がポカポカしますから、眠りにつきやすくなります。

また、寝る前に足湯をして足元を温めておくだけでも眠りを誘いやすくなります。

熟睡したいのであれば、眠りの質を高める環境作りが大切です。

体の内側からの影響も考えましょう

偏った食生活をしていると体の内側の水分量は低下していきます。

バランスの良い食事を心がけて健康体になりましょう。

毎日の食事の中で肌を作る素となる栄養素を取り入れることを積極的に行いましょう。

栄養バランスの良い和食を積極的に食べるようにすると自然に色々な栄養素を取り込むことができるのでいいでしょう。

肌の水分量を上げるのにセラミドは力になってくれます。

セラミドが多く含まれている食材はこんにゃくやひじき、ヨーグルト、大豆などです。

特にこんにゃくには他の食材よりも数倍多いセラミドが含まれているので、おススメです。

ヨーグルトなどの乳酸菌は便秘解消にも役立ちます。

便秘になると肌荒れを引き起こすので、便秘を引き起こさず水分量を上げるためにも乳酸菌は大切な存在です。

また水分補給もしっかりと行いましょう。

1日1.5リットルから2リットルの水分補給を心がけましょう。

水分補給は一気に行うのではなく、朝起きた時、食事の時、寝る前など、コップ1杯程度のお水をこまめに摂ることで水分補給をしていきます。

あまり珈琲や紅茶などのカフェインを取りすぎないようにしましょう。

カフェインは利尿作用が高いのでせっかく取り込んだ水分を体の外に出してしまうからです。

(まとめ)肌の内側の水分量を上げるにはどうすればいいの?

1.肌の内側の水分が蒸発しにくい肌作りをしましょう

水分量が少ないと肌はガサガサになってしまいます。

年齢を重ねると水分量は減っていきますが、ストレスのある生活、寝不足やエアコンの当たりすぎでも肌の乾燥は進みます。

肌内側の水分量をアップして潤いのある肌にするためにスキンケアが大切です。

2.正しいスキンケアを心がけましょう

毎日の洗顔はぬるま湯を使って泡洗顔をしましょう。

肌をゴシゴシと擦らないように、優しくマッサージをするように洗い上げることが大切です。

洗顔後はたっぷりと化粧水をつけます。

コットンを使えば肌の隅々にまで水分補給することが出来るでしょう。

3.睡眠不足は肌の天敵です

寝不足は肌荒れの元です。

熟睡をして質の高い睡眠を心がけましょう。

肌のゴールデンタイムである夜10時から夜中2時までは就寝に当てるようにすればターンオーバーが正常化するので肌の水分量も減ることはないでしょう。

4.体の内側からの影響も考えましょう

和食を積極的に食べることでバランスがよく色々な栄養素を取り込むことができるので、体が健康になります。

セラミドが多く含まれているこんにゃくなどの食材を積極的に食べると水分量の増加にもつながります。

また、水分もこまめに摂りましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る