肌の水分量と美肌の関係性は?

肌の水分量が上がれば潤いもアップし、美肌になれます


肌の水分が不足していると乾燥肌になり、肌細胞がふっくらとせずしぼんでしまうので小じわも目立ってしまい美肌からはかけ離れてしまいます。

肌の水分をアップするためには保湿ケアも必要ですが、体の内部からの水分補給も必要です。

美肌を作っていくには外側からだけではなく内側からのケアも行いましょう。

肌の水分量を増やすために水を大量に飲めばいいの?

モデルさんや芸能人などは美容法の一つとして水を飲んでいることを告白していますが、肌の水分量を増やして美肌になるためには、水を大量に飲めばいいのでしょうか?

水を飲むことで体内部から水分を吸収できるので肌の潤いもアップできます。

水分量が足りない場合、化粧品から肌へ潤いを与えるだけではなく、直接水を飲むこともいいでしょう。

ただし、気をつけなくてはならないのは、水を飲めば飲むほど肌が潤いのではないという点です。

あまりに大量に水を飲みすぎると体冷やし調子が悪くなってしまいます。

また大量に水を摂取することで腎臓に負担をかけすぎるので、体がむくんでしまいます。

お肌のために水分摂取はいいですが、適量にとどめておきましょう。

だいたい1日1.5リットル~2リットルの水を飲めば美容には良いと考えられています。

水は冷たいので体を冷やすから温かい飲み物である紅茶やコーヒーを飲んだ方が良いのではないかと思うかもしれませんが、紅茶やコーヒーは利尿作用があるので、せっかく取り入れた水分が排出されてしまいます。

やはり水分を御摂取するのであれば水が一番いいでしょう。

乾燥シーズンは特にきちんとした保湿ケアをしましょう


水分が足りない肌は乾燥肌となっている状態です。

乾燥が進むと小じわやくすみが目立つようになってしまい、年齢より高めにみられてしまうでしょう。

普段から乾燥しがちの人は特に、冬場などの乾燥シーズンになるとすぐにカサカサ肌になってしまいます。

乾燥を防ぐためには乾燥シーズンに入る前から徹底的に保湿ケアを行いましょう。

冬の乾燥シーズンになると特に乾燥しがちの人は肌がかさつきがちになりますし、保水力が弱まってしまいます。

寒い時期になるとかさつきが酷いと言う人は早めに保湿ケアを始めましょう。

冬前になるといつも使っている美容液やクリームを見直したほうが良いでしょう。

乾燥を防ぐためには保湿浄化の高い美容液やクリームを使うことをおススメします。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどのなど保湿成分が配合されているものなどがいいでしょう。

高価なものであればいいと言うことはありません。

化粧水をつけた後に水分が逃げないように蓋をする役目なのでたっぷりと心おきなく使えるものが良いでしょう。

ただし保湿効果の高い物は夏場にはべたついたりして使い心地が悪いと感じる人もいるので乾燥シーズンにだけ使うことをおススメします。

自分の肌の水分量を把握しておきましょう

自分の肌の水分量は年齢並みにあるのかそれとも足りないのか、知っていますか?
一般的に20代前半は水分量がピークであると言われています。

その儀は徐々に肌の水分量は減っていきます。

なかなか自分で肌の水分量をチェックすることはできないでしょうから、コスメカウンターなどに行った時に水分量を測ってもらいましょう。

測定器で測った時に水分量が40%~50%あればOKですが、それ以下であれば乾燥気味と言うことになります。

測定器で測ることで、自分の肌年齢が分かりますし、水分量もチェックできるので、乾燥肌なのかどうかがはっきりとわかります。

コスメカウンターでわざわざ行くのが面倒と言うのであれば、自分で水分量をチェックすることもできます。

肌の水分量がチェックできる測定器は市販されていますので購入すればいつでも好きな時に測定できるでしょう。

水分が少なくなると肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

水分が十分肌に行き渡るようにケアをしていくことが大切です。

(まとめ)肌の水分量と美肌の関係性は?

1.肌の水分量が上がれば潤いもアップし、美肌になれます

肌の水分が不足しているとキメがあらくなり、小じわも目立ち老化現象が顕著に表われてきます。

肌水分を上げるためには外側からの保湿ケアも重要ですが、体の内部からのケアも大切です。

2.肌の水分量を増やすために水を大量に飲めばいいの?

水を体内に取り込めば肌の水分量アップにもつながります。

しかし大量に水を飲むことで体の調子を壊したりむくみが生じてしまいます。

水分補給は1日1.5リットル~2リットル程度にとどめておきましょう。

3.乾燥シーズンは特にきちんとした保湿ケアをしましょう

乾燥シーズンに入ると普段から乾燥しがちの人はより感想が強く出てしまいます。

シーズン前からきちんと保湿ケアをしていきましょう。

保湿成分の入っているクリームや美容液がおススメです。

4.自分の肌の水分量を把握しておきましょう

肌の水分量は20代前半をピークに徐々に減っていきます。

水分量が減ると肌トラブルを引き起こしやすくなってしまうので、自分の肌が乾燥していないかを常にチェックしておきましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る