肌の水分が入浴時に失われるってホント?

長時間の入浴は肌の水分を奪う原因になります


美容のために入浴が大切だと思い、かなり長時間入浴する女性は結構います。

なんとなくのイメージで入浴は肌に良いと思い込んでいる人もいますが、実は長時間の入浴はかえって肌の水分を奪ってしまい、美肌になるどころか肌乾燥の原因になってしまうと言われているのです。

入浴後は急激に肌の水分が失われていきます

毎日お風呂に一時間ゆったり入るのは、健康や美容によいと思われがちです。

しかし長時間の入浴は美肌にダメージを与えるものになりかねないのです。

とにかくお風呂に入ることは身体にも肌にも潤い与えてくれるというイメージがあるかもしれませんが、実は長時間の入浴は皮膚表面の皮脂や角質層のセラミドなどの保湿成分を奪ってしまうというのです。

皮脂もセラミドも本来肌の水分を守ってくれるはずのものですので、そうしたものがなくなってしまうと肌は非常に無防備な状態にさらされてしまいます。

その状態が続くと肌の表面だけでなく、肌の内部まで水分不足になり、いわゆるインナードライという状態を招くことになってしまいます。

長風呂でないとしても注意が必要なのが、入浴後の肌の水分量です。

お風呂からあがった直後はもちろん肌の水分量は増えているのですが、そこから急激に乾燥していきます。

そのため10分もすれば入浴前と同じ水分量に戻り、入浴後30分経つと、なんと入浴前よりも肌の水分量は少なくなってしまうのです。

これでは美肌のための入浴のはずが本末転倒でしょう。

正しい入浴方法で肌の水分を守りましょう


美肌のために良い本当の入浴方法を考えると、まずお湯の温度は38~40度とややぬるめに設定し、入浴時間は長くても15分くらいに抑えたほうが良いようです。

なかには保湿成分を含む入浴剤というものも発売されていますので、そうした入浴剤を用いるのも無駄に肌の乾燥を防ぐ助けになるかもしれません。

そしてお風呂上がりには顔の化粧水、乳液、クリーム、身体にはボディクリームやオイルなどを素早く塗るのも大切です。

お風呂から出たあとに肌が乾燥するのは本当に早いので、人によってはきっちりと肌の水気をタオルで落とすのではなく、ある程度濡れている状態でボディークリームを塗り込むようにしている人もいます。

化粧水なども保湿成分がしっかり含まれているものを使用したいものです。

もともとお風呂自体は身体を温めて、リラックスさせてくれる良い効果があり、日本人の文化にとっては重要なものです。

たまにはちょっとゆっくり湯に浸かりたい時もあるでしょうが、基本的に長風呂は避けたほうが美しいボディやフェイス作りには良いようです。

モデルさんの中には入浴後のクリームだけでも何種類も塗る人もいるようなので、保湿ケアの大切さが伺えます。

肌の状態を把握して正しい保湿ケアをしましょう

このように一見美容に良いと思えることでも、実は思い込みで逆に美容に悪影響があるという習慣はほかにもあるかもしれません。

アンチエイジングのためにはやはり正しい知識を得て努力を払っていく必要があります。

そもそもアンチエイジングというものは食事や睡眠など基本的な生活習慣すべてを包含するものであり、老化の曲線をゆるやかにして若々しさを長持ちさせることです。

化粧やクリームを塗ったりすることがアンチエイジングというわけではないことも覚えておきましょう。

それぞれの意識でエイジングケアといものをしていくことによって心身ともに元気で若々しい状態を保つことができるはずです。

その中で美肌保つ努力というのは多くの女性にとって目標とすることですし、男性でも気を配っている人が大勢います。

たくさんの人が関心を持つ分野だからこそスキンケア用品はたくさん発売され製品の進歩も目覚しいものがあります。

そうしたアイテムもきちんと自分に合ったものを使わなければ効果が薄れてしまいますので、まずはスキンチェックなどをして自分を知ることからスタートするのは良いことです。

(まとめ)肌の水分が入浴時に失われるってホント?

1.長時間の入浴は肌の水分を奪う原因になります

ゆったりとお風呂に浸かることは女性にとって1日の楽しみの一つでストレス発散としてもよい方法です。

しかし、その長風呂が乾燥肌の原因になっているかもしれません。

2.入浴後は急激に肌の水分が失われていきます

長風呂は女子力の証明というイメージがありますが、実は肌の保湿成分を奪ってしまう結果になるので、美肌のためには長風呂はNGなのです。

入浴後は皮膚の乾燥により入浴前よりも水分量が少なくなってしまうことも覚えておく必要があります。

3.正しい入浴方法で肌の水分を守りましょう

熱いお湯で長風呂は保湿成分を奪ってしまう結果になるので、理想としては38~40度くらいのぬるめのお湯で、長くても15分くらいの入浴にとどめておくのが良いようです。

入浴後は顔もボディもしっかりと保湿するようにしましょう。

4.肌の状態を把握して正しい保湿ケアをしましょう

美容のために役立つと思っていたことでも、実はそうではなかったということもあるのです。

アンチエイジングと美肌の努力は正しい知識をもって自分に合った方法でおこなっていきましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る