30代のお肌に必要なスキンケアは?

30代のお肌に必要なスキンケアは血行改善と保湿です


30代のお肌では、それまで浴びた紫外線や接した乾燥した空気の影響で水分が失われて乾燥したり、運動の機会が減ることにより血行不良に陥ったりする場合があり、これら2つを改善していくことがポイントとなります。

血行の維持には、肌表面のマッサージや、表情筋を積極的に動かすこと、適度な運動や入浴などが効果的といわれています。

またお肌の保湿も、化粧水や乳液の塗布の仕方に一工夫し、お肌表面の水分が逃げていかないように蓋をすることが大切です。

こうすることで、お肌の基礎となる部分のハリも保たれて、シワとは無縁のハリのあるお肌を維持することができるようになるでしょう。

30代は血行維持がお肌を健康にしてくれます

お肌の表面、わずか0.3mmの厚さの角質層は、お肌から水分が失われることを防ぐ大切な役割を果たします。

この角質層は、角質というブロックをセラミドという接着剤でつなぎ合わせることで作られています。

長い間、乾燥した空気や紫外線を浴びていると、この角質層のセラミドは水分を失い、接着剤としての効果が弱まっていくために、お肌は乾燥していきます。

お肌の乾燥を防ぐひとつの方法として、お肌の血行を保ち、さらには血行を良くすることが重要です。

特に、寒い時期になるとお肌表面の血管は、体温が奪われることを防ぐために細くなりますが、これはお肌の血行、水分補給を妨げることにつながります。

お肌の血行を良くする方法には、マッサージや入浴、適度な運動があります。

入浴や運動は、お肌表面の血管を拡げ、お肌への血液の流れを良くする効果があります。

マッサージでは、お肌の組織を適度に圧迫したり広げたりすることが、血管の圧迫や拡張といった血液の流れを良くするポンプの役割につながります。

こうすることで、お肌表面の血液の流れが良くなり、お肌に水分や栄養が行きわたって、お肌を良い状態に保つことができるのです。

お肌のマッサージでは摩擦によるダメージに気をつけましょう


お肌の最も表面にある細胞は、生きている細胞ならあるはずの核が抜けた、いわゆる「死んだ」細胞です。

そう聞くと驚かれる方も多いかもしれませんが、この「死んだ」細胞のおかげで、それより深いところにある細胞が生きて潤いを保つことができているのです。

一方、マッサージでは方法を誤ると、このお肌の表面にある死んだ細胞をはぎ取ってしまい、生きている細胞を露出させることになってしまいます。

すると、お肌の水分が失われやすくなり、乾燥してハリのないお肌になってしまいます。

マッサージのポイントは、指とお肌の摩擦をできる限り少なくすることです。

ひとつの方法として、保湿剤が入ったクリームをたっぷりと使うことで、摩擦を少なくしつつ保湿効果をお肌に与えることです。

クリームを使うことで、指がお肌の上を滑りやすくなり、お肌の表面を削り取ることを防ぐことができます。

もうひとつのポイントは、人差し指を使わないことです。

人差し指は中指から小指までとは違い、単独で動くことのできる筋肉があるため、強い力でお肌を押すことができます。

お肌にとっては、これが大敵なのです。

マッサージする際には、中指や薬指など、あまり強い力を加えることができない部分を使って行うと、お肌を傷つけることなくマッサージの効果を得ることができるでしょう。

お肌に水分を与えた後は、しっかりと蓋をすることも必要です

30代のお肌を健康な状態に保つには、栄養や水分の補給を血行による内側からだけではなく、お肌表面からも与えることが大切です。

そして、与えた栄養や水分が、お肌表面から逃げていかないよう、しっかりと蓋をしてあげましょう。

お肌に水分を与えるのは、化粧水です。

化粧水をお肌につける際は、コットンを使うと良いでしょう。

軽くパッティングしながら化粧水をつけることで、お肌に充分な水分を与えることができます。

このとき、ムラがないようお肌全体にまんべんなくコットンを押し当てるのがポイントです。

特に額の上、前髪との境目や鼻のすぐ脇、ほうれい線が始まる部分は、丁寧に化粧水を与えてあげましょう。

また、化粧水をしみこませたコットンをお肌に貼り付け、パックをするのも良いです。

コットンが乾ききる前にお肌から剥がすようにすることが大切になってきます。

コットンが渇ききってしまうと、逆にお肌から水分を奪ってしまうことがあるためです。

化粧水を塗布した後は、乳液でしっかりと蓋をしてあげます。

このときにも、コットンを使用すると良いでしょう。

こうして、一日中働いたお肌を癒やし、いたわってあげることで、お肌は次の日も頑張ることができるのです。

(まとめ)30代のお肌に必要なスキンケアは?

1.30代のお肌に必要なスキンケアは血行改善と保湿です

30代のお肌には、保湿によるハリやたるみの防止と、適度な運動やマッサージによる血行維持が大切となります。

疲れの見え始める30代のお肌に、充分なスキンケアを施し、疲れの出ない、綺麗なお肌を維持していきましょう。

2.30代は血行維持がお肌を健康にしてくれます

適度や運動やゆったりとした入浴は、お肌表面の血管を拡げて、お肌への血液の供給を良くしてくれます。

また、お肌のマッサージは血管にポンプのような働きを与え、新しい血液の流れをもたらしてくれます。

3.お肌のマッサージでは摩擦によるダメージに気をつけましょう

お肌のマッサージでは、指とお肌の摩擦をできる限り少なくすることがポイントになります。

そのために、保湿クリームを使ったり、お肌を強く圧迫することができない薬指や中指でマッサージしたりすると良いでしょう。

4.お肌に水分を与えた後は、しっかりと蓋をすることも必要です

お肌に表面から水分を与えそれを逃がさないために、化粧水をつけた後は乳液で蓋をしてあげましょう。

化粧水も乳液も、コットンをつかってまんべんなく顔に付けてあげます。

特に額と前髪の境目や、ほうれい線部分には、充分に水分を与えてあげましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る