乾燥肌にはどんなスキンケアが良い?

乾燥肌対策のスキンケアに必要なのは保湿とターンオーバーの正常化です


乾燥肌では、保湿を担う成分や体内からの水分供給が減っています。

その原因には、睡眠不足などの生活スタイルの変化によるお肌のターンオーバーの異常や、空気の乾燥、紫外線を浴びることによるお肌のダメージなどが挙げられます。

乾燥肌のスキンケアのポイントは、セラミドを補うために化粧水を付け、その上から乳液やクリームなどでしっかりと蓋をしてあげることや、洗顔、UVケアなどが大切です。

加えて、お肌のターンオーバーを正常化するためにも、睡眠時間を確保しつつ、食事でしっかりとお肌に必要な栄養も摂るようにしましょう。

お肌が求める成分を補い、浸透しやすいお肌の状態をつくることが大切です

乾燥肌にはいくつかの原因があります。

それらを取り除いた上で、保湿に作用するスキンケアを行うことが重要になります。

まず、そもそもお肌に潤いを与えるためには、お肌が潤いを受け取れる状態を作ることが大切です。

そのためには、洗顔が大切な役目を果たします。

洗顔料を使うとお肌の皮脂が奪われて、乾燥肌が悪化してしまうと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、1日過ごした肌では、分泌された皮脂に埃が混ざって張り付いた状態になっています。

このままの状態でベースとなるスキンケアをしても、お肌にまでは到達しません。

お肌の角質層を傷めないようにしっかりとした泡をたっぷり使い、お肌表面の汚れをまずは取り去ってあげましょう。

その後使用する化粧水では、角質層に含まれ保水効果をもたらすセラミドを含んだものを使用します。

化粧水を付けるとき、コットンなどにつけて肌にこすりつけてしまうと、角質をかえって傷めることになってしまいます。

軽くパッティングするようにあててあげましょう。

そして、与えた水分やセラミドが蒸発して逃げていくことを防ぐために、乳液やクリームなどでお肌にしっかりと蓋をして、水分を抑え込むようにします。

乾燥肌の原因になる紫外線からお肌を守ることも大切です


乾燥肌で悩む方では、お肌の刺激になるものはできるだけつけたくないと思っている方もいらっしゃることでしょう。

おそらく、日焼け止めもそのひとつといえます。

しかし実は、紫外線がお肌の乾燥を招いてしまうこともあるのです。

紫外線が肌の乾燥につながるとわかれば、UVケアの必要性もおわかりいただけるでしょう。

紫外線を浴び続けていると、お肌は自身を守ろうと角質層を厚くしようとします。

また、お肌の内部に浸透しやすい紫外線によって、お肌を守るバリアの機能が弱まり、水分が蒸発して乾燥した肌へと変化してしまうのです。

ですから乾燥肌の方は、そうでない人と比べてよりUVケアが重要になってきます。

ただ、乾燥肌では、角質細胞間を埋める成分が弱まっているため、外からの刺激にはとても敏感です。

ですから、日焼け止めが諸刃の剣となってしまう場合もあるのです。

肌を守るために付けたものが、お肌の刺激になってしまっては意味がありません。

乾燥肌の方が日焼け止めを選ぶ際は、刺激が弱いSPF値が低めのものを選ぶことが大切です。

そして、できるだけこまめに塗り直すようにして、紫外線からお肌を守りましょう。

乾燥肌は大気に水分が奪われることも原因のひとつです

春や秋の季節の変わり目、あるいは冬は、乾燥肌が最も起こりやすい季節です。

では、どうしてお肌が乾燥してしまうのでしょうか。

その理由は2つあり、ひとつはお肌の血行不良による水分供給の不足、もうひとつは外気にお肌の水分が奪われてしまうことにあります。

外気に水分が奪われてしまう原因には、お肌のバリア機能の低下が関係しています。

お肌表面の角質層は、角質細胞とその間を埋めるセラミドを多く含む角質細胞間脂質によってできています。

しかし、なんらかの原因でこの角質細胞間脂質が減少すると、角質細胞間に隙間ができ、外気と触れ合うことで水分が奪われていってしまうのです。

では、角質細胞間に隙間ができないようにするには、どうしたら良いのでしょうか。

ひとつのポイントとしては、生活スタイルを見直してお肌のターンオーバーを正常に保つことです。

角質層にある天然保湿因子やセラミドを含む角質細胞間脂質は、お肌のターンオーバーによって作られます。

寝不足やストレスなどが続くとこのターンオーバーが遅れるため、天然保湿因子や角質細胞間脂質の生成量が減ってお肌の保湿能力が下がってしまいます。

睡眠時間と必要な栄養をしっかりと摂り、また適度にストレスを発散することも、乾燥肌予防にはとても重要なのです。

(まとめ)乾燥肌にはどんなスキンケアが良い?

1.乾燥肌対策のスキンケアに必要なのは保湿とターンオーバーの正常化です

乾燥肌には、セラミドを補う化粧水と、それが逃げないようにしっかりと蓋をする乳液を使うことがポイントです。

また、保湿因子生成に関与するお肌のターンオーバーを正常化するためにも、睡眠と栄養にも気を配るようにしましょう。

2.お肌が求める成分を補い、浸透しやすいお肌の状態をつくることが大切です

乾燥肌対策のスキンケアでは、お肌表面の汚れの除去、保湿成分であるセラミドを含む化粧水と、水分が逃げないようお肌に蓋をする乳液やクリームを用いるようにします。

洗顔や化粧水を付ける際には、お肌を擦らないようにしましょう。

3.乾燥肌の原因になる紫外線からお肌を守ることも大切です

乾燥している肌こそ、お肌の水分を奪う紫外線から守るための策が必要です。

日焼け止めがお肌の刺激にならないよう、SPF値が低いものを使い、こまめに塗り直すようにしてお肌を紫外線から守りましょう。

4.乾燥肌は大気に水分が奪われることも原因のひとつです

乾燥肌予防には、お肌のバリア機能を高めお肌の水分が奪われることを防ぐことも大切です。

生活スタイルを見直して、お肌のターンオーバーを正常化することで、角質細胞間脂質や天然保湿因子を維持すると、お肌の水分量とバリア機能を良くすることができます。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る