敏感肌の人にはどんなスキンケアがおすすめ?

乾燥を防ぐスキンケアが敏感肌対策には有効です


敏感肌の原因で最も多いのは、お肌の乾燥です。

そのため、お肌の乾燥を防ぐスキンケア、つまり保湿がとても大切になってきます。

お肌の表面にある角質層には角質細胞と、それをつなぎ合わせる角質細胞間脂質があります。

乾燥によって角質細胞間脂質が減るなどして隙間ができると、そこから異物などが侵入して痒みやかぶれを起こします。

そのため、お肌の内と外からの保湿を心がけ、異物の侵入を防ぐことが大切になるのです。

クレンジングや洗顔などでお肌を傷つけないことや、化粧水や乳液、クリームなどで充分に保湿し、角質層に隙間をつくらないことなどが効果的です。

敏感肌対策のスキンケアは乾燥を防ぐことが重要です

季節の変わり目や空気が乾燥する冬などに、お肌がピリピリしたり痒みを感じたりするという方は少なくないでしょう。

この場合、お肌が敏感な方へ傾いている状態で、その原因の多くはお肌の乾燥にあるようです。

敏感肌になってしまったときに必要なのは、お肌の保湿です。

そして、お肌の保湿には、体の内側から栄養を与え、外側からも低刺激の化粧水などでお肌に必要な成分を補うことが大切になってきます。

まず、敏感肌の最大の要因であるお肌の乾燥を防ぐために、朝晩の洗顔や夜のクレンジングに気を付けましょう。

できるだけお肌への刺激を少ないものを選ぶことはもちろんですが、その方法にも気を付けることが大切です。

洗顔もクレンジングも、お肌を擦る作業が入ってくるため、力をできるだけ抑えて角質細胞を必要以上に取り去ってしまわないようにします。

保湿では、角質細胞間にある脂質の主成分であるセラミドを補い、化粧水では刺激の少ないものを選ぶようにします。

その後、乳液でしっかりと蓋をして角質層を保湿し、大気中の細菌などからお肌を守りましょう。

また、お肌の細胞をつくるたんぱく質、保湿に関係のあるアミノ酸も食事などで積極的に摂取し、睡眠時間を確保しましょう。

そうすることで、お肌のターンオーバーが維持されお肌の状態が徐々に良くなっていくといえるでしょう。

お肌の乾燥を防いで敏感肌から脱出しましょう


敏感肌の方の多くが感じる症状というとお肌のかさつきや痒み、肌荒れやお肌の赤みが挙げられます。

あるいは、今までと同じ洗顔料や化粧水を使うと、お肌がピリピリ、ヒリヒリすると感じることもあるようです。

これらの症状は、お肌が乾燥しているサインであり、洗顔料や化粧水などではお肌にとって刺激になっていることの表れです。

乾燥した肌は、どのような状態になっているのかご存知でしょうか。

お肌の表面は、角質細胞が積み重なり、層ができています。

その細胞の間には角質細胞間脂質があり、角質細胞同士をつなぎ合わせています。

この角質細胞の主な成分は、セラミドです。

さまざまな要因でこの角質細胞間脂質が作られなかったり、水分が抜けてしまったりすると、細胞間に隙間ができてしまいます。

そこに、化粧水にわずかに含まれるアルコールや空気中の異物が入り込むと、それが刺激となりピリピリしたり、かぶれたりする場合があるのです。

酷いときには、髪の毛がわずかに触れただけでも、痒くなることがあります。

さらには、お肌の表面に皮が浮いたような白いものが張り付いた状態になってしまうこともあります。

これらは、お肌が乾燥しているサインです。

この状態で適切なケアをすることは、敏感肌の予防にはとても大切です。

敏感肌にはさまざまな要因があります

敏感肌の原因となるお肌の乾燥は、どうして起こるのでしょうか。

空気の乾燥でお肌の水分が奪われることも要因のひとつではあるのですが、そもそも角質細胞間脂質が作られにくくなることも原因となります。

角質細胞間脂質は、お肌のターンオーバーの過程で作られますが、栄養状態の不良や睡眠不足が続くとこのターンオーバーが遅れてしまい、角質細胞間に隙間ができてしまうことになります。

このターンオーバーを正常化するために必要な栄養には、ビタミン類や、お肌の元になっているたんぱく質、さらには保湿に関係するアミノ酸などが挙げられます。

また、お肌の乾燥の原因には、アレルギーもあります。

角質細胞間の隙間から入り込んだアレルゲンなどの異物によってお肌に炎症が起こり、これが長く続くこともお肌の乾燥を引き起こします。

ほかにも、日常的に使用しているクレンジングや化粧品も、乾燥肌を引き起こすことがあることは、忘れてはならないでしょう。

気を付けたいのは、使用している化粧品がお肌の状態に合っているかどうかということです。

お肌に合わない化粧品を使用すると、充分に保湿されないことがあったり、お肌の免疫機構が働いてアレルギーと似たような症状を引き起こしてしまったりすることがあります。

敏感肌を防ぐにはお肌の乾燥を防ぐことが大切ですが、まずは原因を知って必要な対策を施すことが重要です。

(まとめ)敏感肌の人にはどんなスキンケアがおすすめ?

1.乾燥を防ぐスキンケアが敏感肌対策には有効です

敏感肌の一番の原因、それはお肌の乾燥です。

角質層を傷つけないようクレンジング剤や洗顔料、また洗い方に気を付けましょう。

また、化粧水と乳液、クリームによる充分な保湿も大切です。

2.敏感肌対策のスキンケアは乾燥を防ぐことが重要です

多くの敏感肌の原因は、お肌の乾燥です。

その乾燥を防ぐために、化粧水で角質細胞間脂質の構成要素であるセラミドなどを補いながら、保湿をしましょう。

同時に、充分な栄養と睡眠の確保も欠かせません。

3.お肌の乾燥を防いで敏感肌から脱出しましょう

敏感肌の原因となるお肌の乾燥は、お肌表面のかさつきや痒み、お肌の荒れによって感じ取ることができます。

また、洗顔や化粧水をつけたときにヒリヒリしたり、髪の毛が触れたときに痒みを感じたりするのも、お肌の乾燥のサインとなります。

4.敏感肌にはさまざまな要因があります

敏感肌の原因となるお肌の乾燥、その原因のひとつには睡眠不足や栄養不足のような生活スタイルの乱れが挙げられます。

また、異物の侵入に対するアレルギー症状や、お肌の状態に合わない化粧品の使用もお肌の乾燥を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る