肌荒れに良いスキンケア方法とは?

肌荒れに必要なスキンケアは保湿が大切です


肌荒れの状態では、お肌表面の角質層でのバリア機能が低下し、外部からの刺激やお肌を掻くことで炎症が起こっています。

角質層のバリア機能が低下する要因は、角質層での水分不足ですので、水分を補い保湿するスキンケアが必要となります。

肌荒れが起こりやすいのは、スキンケアが不十分であったり、空気中に角質層の水分が奪われてしまったりする場合や、あるいは1日の内で気温の上下が激しいときなどです。

そのような時期や状態になりやすいと感じたら、早めに保湿のスキンケアを行って、肌荒れを予防することも大切です。

肌荒れのスキンケアは水分、保湿、低刺激がキーワードです

肌荒れの状態のとき、角質層で水分が不足しまっているという場合があります。

角質層で水分が不足すると、角質細胞同士の結びつきが不十分となって隙間ができ、そこに刺激物などが入り込んで、肌荒れが引き起こされます。

ですから、肌荒れに必要なスキンケアは、水分を補うことと、それが逃げないように保湿することが大切だといえるでしょう。

まず、クレンジングですが、油分を含まないクレンジングではお肌と指との間に摩擦が生じやすく、これが肌をさらに荒れさせてしまいます。

油分が含まれたクレンジングを使用する、あるいはオイルを先にお顔に塗っておき、その後クレンジングでメイクを落とします。

この際、お肌をゴシゴシ擦り過ぎないことがポイントです。

摩擦による物理的な刺激は、お肌にダメージを与えてしまいます。

指をお肌の上で軽く滑らせるようにして行いましょう。

また、クレンジングを落とす際にも、注意が必要です。

ティッシュでふき取る場合に、お肌を擦ってしまうことも禁物ですから、ティッシュを押し当てるようにして、クレンジングを落としてあげましょう。

お湯で流せるクレンジングの場合も、同様です。

お肌にクレンジング剤が残らないよう、ゴシゴシ擦ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、お湯を使ったとしても摩擦することに変わりはありません。

刺激の少ないぬるま湯を使い、できるだけ多くお湯をかけることでゆっくりとクレンジング剤を落としてあげましょう。

化粧水は低刺激のものを選びましょう


クレンジングでメイクを落とした後は、洗顔です。

このときもクレンジング同様、指とお肌の摩擦は極力避けるようにします。

たっぷりの泡で優しく洗うようにし、指を押し付けてゴシゴシ洗うのではなく、泡のみでお肌の汚れを取り去ってあげるようにしましょう。

指がお肌に触れないようにするのが、ポイントです。

クレンジングと洗顔が終わったら、できるだけ早く化粧水などで水分補給と保湿をしましょう。

ぬるま湯とはいえ、洗顔後にお肌表面にわずかに残ったお湯は、そのまま放置すると蒸発します。

その際、お肌に含まれる水分までも奪ってしまうことがあります。

肌荒れの状態になって、普段から使っていた化粧水でも、ピリピリと刺激を感じることがあります。

お肌につけてピリピリするというのは、お肌の状態に化粧水があっていないというサインです。

化粧水にわずかに含まれるアルコールで刺激を感じる人もいますから、できることならテスティングでお肌につけてみて刺激を感じないものを選びましょう。

また、角質間にあるセラミドや天然保湿因子(NMF)の主成分であるアミノ酸を配合した化粧水を選ぶようにしましょう。

化粧水を付ける際は、手のひらに広げ、手で顔を包むように軽く押し当てます。

クレンジング同様、こすりつけるのは禁物です。

また、コットンでは、表面の線維がお肌に刺激を与えてしまうことがあるので、できれば手のひらで行うようにしましょう。

その後、乳液やクリームでお肌に蓋をしてあげましょう。

肌荒れを予防するスキンケアも大切です

肌荒れが起こってしまうと、良い状態に回復させるのには時間がかかります。

また、その間も、屋外では紫外線や埃の影響を受けてしまいますから、肌荒れの改善には時間がかかるものです。

そのため、肌荒れが起こりやすい時期等を知って、早めに対策を講じるという手も考えてみましょう。

肌荒れが起こりやすいのは、1日の中での気温の上下が激しく、日を追うごとに気温が上がっていく時期で、さらに紫外線量が増えていく時期といわれています。

季節としては、春頃ということになります。

この時期は、温かくなっていくが故に皮脂や汗の量が増えていきます。

寒さの影響も受け、お肌の代謝は活発で、ターンオーバーが早まることでお肌の細胞の入れ替わりが激しく、角質層がしっかりと形成される間もなく新しい細胞が出来上がっていくようです。

さらに、空気が乾燥しているため、角質細胞間にできた隙間から水分が奪われていき、紫外線によってお肌もダメージを受けやすい状態にあります。

ですから、春を迎える前から、肌荒れ対策のスキンケアを行うことで、肌荒れを予防できるのではないでしょうか。

(まとめ)肌荒れに良いスキンケア方法とは?

1.肌荒れに必要なスキンケアは保湿が大切です

肌荒れには、角質層で不足している水分を補い、乳液などで保湿することがとても大切です。

外からの刺激だけでなく、お肌を掻いてしまうことも、肌荒れの原因になります。

お肌のバリア機能が低下しやすい時期は、早めに適切なスキンケアを施してあげましょう。

2.肌荒れのスキンケアは水分、保湿、低刺激がキーワードです

肌荒れとは、お肌の角質層での水分不足によるバリア機能の低下が原因となっています。

クレンジングでは、お肌になじませるときやふき取るとき、洗い流すときなどに、指とお肌の摩擦を少なくすることが、肌荒れを悪化させないためには大切です。

3.化粧水は低刺激のものを選びましょう

洗顔では、指とお肌が触れ合わない程に洗顔料を泡立て、泡でお肌を洗うようにしましょう。

その後は速やかに化粧水を付けます。

付けたときにお肌がピリピリする化粧水は、好ましくありません。

天然保湿因子やセラミドを配合した、低刺激の化粧水を選びましょう。

4.肌荒れを予防するスキンケアも大切です

肌荒れが起こってしまってからでは、スキンケアで回復させるのに時間がかかります。

肌荒れを起こす原因が揃いやすい春先から、肌荒れ対策のスキンケアを講じることで、肌荒れを予防することができるのではないでしょうか。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る