スキンケアで必要な成分にはどんなものがある?

スキンケアで必要なのはセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分です


乾燥肌にとってのスキンケアはとても大切です。

乾燥はシワやたるみの原因になる可能性があります。

スキンケアを正しい方法で実践することはもちろん、乾燥肌を改善するための保湿成分が必要とされています。

例えば、三大保湿成分と呼ばれるコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸が代表的といえるでしょう。

これらの成分にはそれぞれ異なった作用があると考えられています。

三大保湿成分には肌の健康と美しさを維持する作用があります

乾燥肌を予防するために効果的といわれているのが、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸の三大保湿成分と呼ばれる成分になります。

これらの保湿成分には、それぞれ異なった作用があると考えられていますが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

肌の新陳代謝に欠かせないコラーゲン

タンパク質の一種であるコラーゲンは、私たちのからだを構成しており、全体の3分の1をも占めている成分だといいます。

人間の皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織で構成されていますが、このうち9割以上を占めるのが真皮だといいます。

真皮の7割程度がコラーゲンであると考えられており、肌のハリや潤いを保っているといわれています。

保水力の高いヒアルロン酸

ヒアルロン酸は肌の細胞と細胞の間で水分を保持する働きを持っているといいます。

肌に弾力をもたらすだけでなく、保水力の高さで肌を保湿する役目を担っていると考えられています。

ヒアルロン酸1gにつき6リットルもの水分を保持することができるといいます。

肌のバリア機能をサポートするセラミド

細胞間脂質の半数を占めるといわれているのがセラミドです。

肌のバリア機能を守り、潤いを保つ作用をもっているといわれています。

セラミドが不足してしまうと、乾燥肌になり、さまざまな肌トラブルの原因となります。

保湿効果の高いスクワランをスキンケアの最後に使用すると良いです


三大保湿成分と同様に保湿成分として高い効果が期待されているのが「スクワラン」です。

スクワランというのは、人間やサメ、オリーブオイルなど哺乳類や植物に含まれるスクワレンに水素を添加した成分のことです。

特に、人間の体内で生成されるスクワレンは肌を保護する皮脂膜の成分となるため、必要なスキンケアの成分といってよいでしょう。

スクワランは肌への親和性が高く、ほかの化粧品成分と比べても酸化しにくい性質を持っているため、肌質にとらわれず使用できるのがメリットとされています。

また、もともと人間の体内で作られるスクワレンは肌表面から水分が蒸発していくのを予防する役目をもっているといいます。

そのため、スクワランも乾燥を防ぐ保湿効果や肌のバリア機能を高める効果があると考えられています。

スクワランは、スキンケアの最後に使用するのが良いとされています。

化粧水や乳液、クリームなどを塗った後の仕上げとして数滴使用するのが良いです。

スクワランは1滴でも十分な保湿効果があるといわれています。

三大保湿成分と併せて使用することをおすすめします。

紫外線ダメージを軽減するスキンケア成分も取り入れましょう

肌トラブルの80%程度が「紫外線」によるものだといわれています。

つまり、肌を健康で美しく保つためには、紫外線予防は欠かせないといえるでしょう。

そして、紫外線から肌を守るためには、抗酸化成分をスキンケアに取り入れるのが有効とされています。

代表的な成分を挙げるのであれば、ビタミンC、E、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどです。

紫外線を浴びた肌は酸化が進み、ターンオーバーの乱れが生じやすくなるといいます。

また、紫外線の酸化作用はメラニンが生成し、シミやそばかすの原因にもなると考えられています。

抗酸化成分をスキンケアに取り入れることで、肌の酸化を予防することが可能になります。

紫外線ダメージを防ぐために日焼け止めを塗ることも大切ですが、日焼けした後のアフターケアも忘れないようにしましょう。

(まとめ)スキンケアで必要な成分にはどんなものがある?

1.スキンケアで必要なのはセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分です

乾燥肌はさまざまな肌トラブルにつながります。

スキンケアを行う上で大切となるのが、保湿成分だといいます。

例えば、三大保湿成分であるコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などが配合された化粧品で保湿を行うことで乾燥肌を防ぐことが可能です。

2.三大保湿成分には肌の健康と美しさを維持する作用があります

三大保湿成分には、まず、タンパク質の一種であり、肌のハリや潤いを保つ作用を持っているコラーゲンが挙げられます。

また、保水力の高さをもつというヒアルロン酸、肌のバリア機能を守ると考えられているセラミドも同様です。

3.保湿効果の高いスクワランをスキンケアの最後に使用すると良いです

肌表面から水分が蒸発するのを防ぎ、保湿効果や肌のバリア機能を高める効果があるとされている「スクワラン」もスキンケアの成分としておすすめです。

三大保湿成分と併用することで相乗効果が期待できます。

4.紫外線ダメージを軽減するスキンケア成分も取り入れましょう

肌トラブルの8割を占めるという紫外線からのダメージを抑えることも、スキンケアでは大切です。

シミやそばかす、しわなどを防ぐためには、ビタミンCやE、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどの抗酸化作用を持つ成分を取り入れましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る