もちもち肌を目指すためのスキンケアとは?

もちもち肌になるにはスキンケアだけでなく適度な運動と食事も心がけましょう


もちもち肌の条件には水分量やハリ、血色などがあります。

スキンケアで保湿するとともに、体の中から美しい肌作りを始めましょう。

顔が血行不良になると、肌の与えるための栄養や酸素が届かないため、クマやくすみの原因になるといわれています。

血行不良は運動不足やストレス、寝不足などの生活習慣の乱れによっておこることがあります。

適度な運動と食生活の見直しが重要です。

もちもち肌になるには「うなはだけつ」がポイントです

赤ちゃんの肌は触るとふんわりとして、水分をたっぷり含んでいますが、赤ちゃんの肌のようなもちもち肌になりたいと叫ぶ女性も多いでしょう。

もちもち肌といわれる条件とは何なのでしょうか。

もちもち肌に大切なのは「うなはだけつ」といわれており、これはもちもち肌を表す条件の頭文字をとったものです。

それでは、そんな「うなはだけつ」について、一つずつ確認していきましょう。

「う」は潤い、「な」は滑らかさを意味します。

角質層が十分に水分を保って肌のきめが整った状態です。

続いて「は」はハリ、「だ」は弾力です。

内側から張るようなハリ感とモッチリとした弾力が大切です。

最後に「け」は血色、「つ」はツヤを意味します。

くすみや色むらがなくてツルンとした肌です。

赤ちゃんのようなもちもち肌は上記の「うなはだけつ」がすべてそろっています。

もちもち肌を目指すためにはこれらの条件の中から自分にどれが足りないかを考えてみてもいいでしょう。

例えば、潤いがなければ保湿アイテムをプラスする、血色が悪ければ食生活や生活リズムを整えるなどそれぞれに対処法が違います。

日常的に行っているスキンケアは見直す機会はあまりありません。

定期的に鏡などでチェックして今のスキンケアでもちもち肌になれるか、何が足りないかを考えましょう。

もちもち肌になるためには運動をして肌を育てましょう


きれいな肌は血の巡りが良くて、健康的な色をしています。

血には栄養を運ぶ働きがあるため、血流が良いと肌に十分栄養がいきわたって、ターンオーバーも活発に進みます。

肌の血流を良くするためには、お風呂で体を温めたり、運動したりすることで全身の血行を促進させましょう。

血行を良くするにはマッサージなども効果的だといわれています。

しかし、過度のマッサージは摩擦があるため、逆に肌にダメージを与えてしまうこともあるため注意が必要です。

血行不良の人にぜひ試していただきたいのが、軽い運動です。

汗をかくことは美しい肌にとって、大きな意味を持ちます。

汗は天然の美容液ともいわれ、肌に潤いを与えて保湿を助けるとともに、汗をかくことで皮脂腺が活発になると毛穴に詰まった老廃物の排出も進みます。

さらに血管の拡張と収縮が進むことで新陳代謝も促進されてターンオーバーも整うといわれています。

逆に血行不良になってしまうと酸素や栄養が肌にいきわたらないため、老廃物がたまって肌がくすみ、乾燥や肌荒れを引き起こします。

運動が苦手という人も、まずは軽いウォーキングから生活に取り入れてみましょう。

もちもち肌になるにはバランスよくいろいろなものを食べましょう

もちもち肌になるためには、定期的に汗をかいて血流が良い肌を育てるとともに、肌に必要な成分を摂取するようにしましょう。

もちもち肌になるための食事とはどのようなものでしょうか。

タンパク質を欠かさない

美しい肌にはタンパク質が欠かせません。

良質なタンパク質である魚や肉をバランスよく食べるようにしましょう。

また大豆には女性ホルモンに似た働きを持つ大豆イソフラボンが含まれています。

豆腐や納豆を毎日食べるようおすすめします。

何でも食べる

きれいな肌を作るために偏食はやめましょう。

単品ダイエットなど偏った食事を摂ると肌にも影響があらわれます。

足りない栄養がないようにバランスよくいろいろなものを食べるようにしましょう。

脂質の摂り方にこだわる

美しい肌のためには油分も必要です。

しかし、ラードやスナック菓子などの油は過剰摂取するとニキビや肌荒れの原因になります。

オリーブオイルやゴマ油などの植物油を中心に適量の油を摂取しましょう。

肌の健康に必要なカロテンやビタミンE、リコピンは油と一緒に摂ると吸収率が上がります。

オリーブオイルとトマトやカボチャのサラダなど上手に組み合わせましょう。

(まとめ)もちもち肌を目指すためのスキンケアとは?

1.もちもち肌になるにはスキンケアだけでなく適度な運動と食事も心がけましょう

もちもち肌になるためには保湿とともに、適度な運動とバランスが良い食事を心がけましょう。

半身浴や運動で汗をかくことは肌のターンオーバーを促進するためにも欠かせません。

体の内部から美しくなる習慣を定着させましょう。

2.もちもち肌になるには「うなはだけつ」がポイントです

もちもち肌は、肌が美しく健康的であるための条件がそろっています。

美しい肌の秘訣は「うなはだけつ」です。

潤いと滑らかさ、ハリや弾力、血色、ツヤとそれぞれが満たされることで赤ちゃんのようなもち肌が実現します。

何が足りないかを考えてみましょう。

3.もちもち肌になるためには運動をして肌を育てましょう

肌を美しくするためには適度な運動が必要です。

運動することで血行が促進されると、肌に栄養がいきわたりターンオーバーも促進されます。

また汗をかくことで肌に潤いが補われ、老廃物の代謝も進むといわれています。

軽いウォーキングからはじめてみましょう。

4.もちもち肌になるにはバランスよくいろいろなものを食べましょう

もちもち肌を育てるためには食べるものも重要です。

タンパク質を欠かさないようにして、バランスよくいろいろなものを食べましょう。

また良質なオリーブオイルなどの油も摂取してください。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る