スキンケアグッズを選ぶ基準は?

スキンケア用品を選ぶ時の基準はシンプルで余分な物が入っていないかです


スキンケアグッズを選ぶ基準に、シンプルで刺激成分の入っていないことがあり、まずは購入する前に成分の確認をしましょう。

そして気になる製品を見つけた時はサンプルでパッチテストを行い、異常が出ないか確認します。

アルコールなど刺激のある成分の他に自然の成分も人によってはアレルギー反応が出ることもあるので、チェックは必要です。

また肌に合うスキンケアグッズを使って肌を健康に保つことはエイジングケアにも役立ちます。

成分がシンプルで余分な物少ないアイテムがおすすめです

スキンケアアイテムを選ぶ基準のひとつが成分であり、いくらパッケージでシンプルさをアピールしていても成分を確認すると刺激のある物も入っている場合があります。

気になるスキンケアアイテムに出会った時は、成分表示の確認から始めましょう。

避けたい成分は刺激のある物

刺激のある成分としてイメージされる物には、アルコールや香料、着色料などがあります。

しかし体に優しい成分としてスキンケアアイテムに配合されている、オーガニックタイプの物は人によってアレルギーを起こす場合があり、刺激物になるケースが出てきます。

それからアロマも心を落ち着かせるなどの働きが期待されていますが、肌にとって刺激が強い場合もあり肌にも優しいとは言い切れません。

敏感肌用を選ぶ時も確認

スキンケア用品の多くが肌タイプ別になっており、敏感肌用や低刺激をうたった製品も多数登場しています。

ですがそれらが全てシンプルな成分でできているかといえば、そうとは限りません。

なぜなら薬機法で定められた表示方法により、表示が義務付けられた成分を使っていなければ、たとえ対象とならない刺激のある成分を使っていても敏感肌用や低刺激を掲げることができるからです。

新しいスキンケアグッズを使う時は先にサンプルで試しましょう


成分表示をチェックして、使ってみたいと思った時にはすぐにスキンケア用品を購入してしまわず、サンプルで肌に合うかどうかを試してみましょう。

事前にパッチテストを行って異常が起きないことも、体に合ったスキンケア用品を選ぶ基準になります。

パッチテストの行い方

まず使おうとするスキンケアアイテムのサンプルを用意し、夜入浴したあとで二の腕の内側に塗ります。

そして24時間経過して肌の様子を見て、赤くなったりかゆみが出たりしなければ、今度はフェイスラインで確かめましょう。

それでも赤みなど異常が見られなければ使っても肌の異常は起きにくいでしょう。

アイテムを変えても異常が出た時は

異常が出たスキンケアアイテムを別の物に変えてパッチテストを行っても、また異常が出る場合その前に使った製品と同じ刺激成分が入っている可能性があります。

そのため成分を比較して確認し選ぶことがおすすめですが、中には全成分を表示していない物もあるため、その場合はメーカーへ問い合わせることもひとつの方法です。

肌に合ったスキンケア用品を使って十分に保湿しましょう

肌には本来バリア機能があり、肌の奥にある大切な組織を守る働きを持っています。

しかし乾燥などの理由からバリア機能が落ちてしまうことがあり、その働きを補うためにスキンケアを行うのです。

肌に合ったスキンケア用品を選んで使うことにより、肌がバリア機能を取り戻すまで代わりに肌の組織を守る働きをします。

そのためスキンケアグッズを選ぶ基準がシンプルで刺激のある物が入っていないことは大切なポイントといえます。

エイジングケアにも必要

年齢を感じさせない肌づくりが注目されていますが、その基礎となることが保湿です。

保湿をすることで肌を正常な状態に保ち、そこへエイジングケアにうれしいといわれる成分を加えることで、効果を発揮します。

いくら高機能のエイジングケア成分が含まれたアイテムを使っても、土台となる肌が乱れていれば無駄になってしまうのです。

そのためより美しい肌を手に入れようと思うのならば、まず肌に合うスキンケアグッズを選ぶことが大切で毎日のスキンケアから見直しましょう。

(まとめ)スキンケアグッズを選ぶ基準は?

1.スキンケア用品を選ぶ時の基準はシンプルで余分な物が入っていないかです

スキンケア用品を選ぶ基準は、刺激成分が使われていないことで、先にパッチテストを行うことをおすすめします。

自然の成分でもアレルギーが出ることもあるため必ず調べましょう。

また肌に合うスキンケア用品でケアすることはエイジングケアにも役立ちます。

2.成分がシンプルで余分な物少ないアイテムがおすすめです

スキンケアアイテムを選ぶ基準には成分のシンプルさがあり、アルコールや香料、着色料などを使っていない物は刺激が少ないでしょう。

しかし低刺激をうたっている物でも表示義務がない刺激のある成分を含んでいる場合があります。

3.新しいスキンケアグッズを使う時は先にサンプルで試しましょう

新しいスキンケア用品にする時は、サンプルで肌に合うか確かめてからにしましょう。

そのためにはパッチテストで異常がないこともスキンケアアイテム選びの基準です。

もしパッチテストで異常を繰り返す時は、刺激成分を特定するためにも成分を比較しましょう。

4.肌に合ったスキンケア用品を使って十分に保湿しましょう

肌が持つバリア機能は乾燥などにより働きが低下することもあります。

その時スキンケアを行い働きが回復するまで肌を補いますが、エイジングケアをする時もスキンケアは欠かせません。

肌が正常な状態でなければ成分の効果を十分発揮しにくくなるのです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る