きれいな肌のために揃えるべきスキンケア化粧品とは?

揃えるべきスキンケア化粧品の基本は化粧水です


化粧水はスキンケアをする上で欠かせない基礎化粧品です。
潤いのあるみずみずしい肌を目指すには、化粧水の選び方が重要になります。
化粧水には肌に必要な水分を与え、乾燥してこわばった肌を柔らかくする効果が期待できるでしょう。
肌に柔軟性を持たせることで、後から使う乳液や美容液などを浸透しやすくさせる目的もあります。

化粧水を使わない方がよいという説もありますが、乾燥しがちな肌をいたわるに化粧水はまず揃えるべきスキンケア化粧品です。

化粧水の正しいつけ方をマスターしましょう

なんとなく自己流のやり方で化粧水をつけているという人は意外と多いものです。

化粧水はスキンケアの際に最初に使用するものなので、使い方を間違えていては化粧水本来の効果が発揮できず、もったいないと言えるでしょう。
スキンケアの基本中の基本ともいうべき化粧水のつけ方を覚えて、肌の保湿力をアップさせましょう。

化粧水を使う時には、どのくらいの量が適しているのかという疑問がある方もいるでしょう。
説明書きには適量としか記載されていないことがあるので、適量がどのくらいなのかという判断が人によってまちまちになってくることもあります。
使用量はメーカーや製品によって異なってきますが、一般的には500玉硬貨ほどの量が適量です。

また化粧水を肌につける際に手でつけた方がよいのか、コットンでつけるべきなのかという疑問も出てきます。
使用する化粧水によっても変わってきますし、それぞれメリットがあるので一概にどちらがよいとは言えません。
両方のつけ方を試してみて、自分に合うと思う方法を選ぶのもよいでしょう。

手でつける場合

片方の手のひらに500円玉大の化粧水を出し、両方の手のひらに広げてから顔全体になじませます。
顔の中心から外側へ弧を描くように伸ばし、顎や首筋にもつけていきましょう。
手でつけると手のひらの温度で化粧水が温まるため、肌に浸透しやすくなると言われています。

コットンでつける場合

コットンに化粧水を含ませる時は、コットンの裏側まで濡れるくらいの量を目安としましょう。
摩擦で肌にダメージを与えないよう、やさしくコットンを当てていきます。
顔の中心から外側へつけた後は、頬や額、鼻や顎へと向かってつけて、手のひらの時と同じく顎や首にもつけていきましょう。
コットンを使うと肌の引き締め効果が得られると言われています。

化粧水は使用目的によって種類が分かれています


化粧水とひとことで言っても、使用目的に合わせてさまざまな種類が存在しています。
どの化粧水を揃えるべきか迷いますが、季節や肌質に合わせていくつかの種類を組み合わせて使ってもよいでしょう。

保湿化粧水

肌の角質層に水分や保湿成分を浸透させて、乾燥を防ぎます。
乾燥肌で肌の水分量が気になる人には、欠かせない化粧水です。
美白効果やエイジング効果がついたものもあります。

収れん化粧水

肌の引き締め効果が高い化粧水です。
皮脂が多く、脂っぽい肌になりやすい人向けの化粧水で、肌の引き締め効果が得られます。

ふき取り化粧水

クレンジングをした後に落としきれなかった成分などをふき取るための化粧水です。
皮脂や肌のざらつきが気になる人にも向いているでしょう。

化粧水のほかにも揃えるべきスキンケア化粧品があります

揃えるべきスキンケア化粧品は、化粧水のほかにもいくつかあります。
化粧水の後に使うと肌に与えた水分や保湿成分が逃げにくくなり、肌の乾燥予防につながるものが多いでしょう。

乳液

乳液は肌に適度な油分を与え、しっとりとした肌に導きます。
10玉硬貨の大きさが適量ですが、肌質に合わせて量を調整しましょう。

クリーム

肌から水分が逃げるのを防ぎ、適度な油分を補います。
パール1個分を手に取り、肌の状態に合わせて少しずつつけていきましょう。

美容液

美容液は数多くの種類があり、使用方法や適量は製品によって異なります。
保湿を目的とするのか、美白を目的とするのかによって揃えるべき美容液が変わってきます。

選ぶ時に迷わないで済むように、普段から肌状態を把握しておきましょう。

(まとめ)きれいな肌のために揃えるべきスキンケア化粧品とは?

1.揃えるべきスキンケア化粧品の基本は化粧水です

肌の潤いを保つために揃えるべきスキンケア化粧品は、自分の肌に合った化粧水です。
スキンケアに化粧水は不要という意見もありますが、化粧水には肌に水分を与えて柔軟にする役割があります。

化粧水を使うことで、乳液や美容液などの浸透力も変わってくるのです。

2.化粧水の正しいつけ方をマスターしましょう

化粧水を自己流のやり方でつけている人は多いですが、正しいつけ方をマスターすれば肌の保湿力を高められます。

手のひらでつける場合もコットンでつける場合もそれぞれにメリットがあるので、自分に合う方法を選びましょう。

3.化粧水は使用目的によって種類が分かれています

化粧水には保湿を目的としたものだけでなく、ふき取り化粧水や、収れん化粧水などほかにもいくつかの種類があります。

季節や肌質、目的に合わせて使い分けるのがおすすめです。

4.化粧水のほかにも揃えるべきスキンケア化粧品があります

揃えるべき基本のスキンケア化粧品は、化粧水のほかにもいくつかあります。
代表的なものは乳液、クリーム、美容液などです。

現在の肌状態に合わせ、自分に合ったスキンケア化粧品を選びましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る