スキンケアに本当に必要なものは?

スキンケアで必要なものは、クレンジング・洗顔・化粧水・美容液の4つです


スキンケアの基本は、肌の汚れを落とすことと肌に必要なうるおいを与えることで、この2つはすべての肌質に共通していえることです。

そのために必要なアイテムをご紹介します。
まず肌の汚れを落とすことに必要なものは、クレンジングと洗顔です。
次に保湿成分配合の化粧水と美容液でうるおいを与えます。
乳液やクリームは肌質によって、取り入れるのがよいでしょう。

スキンケアに必要なものは、目的別に使いましょう

スキンケアの第一段階である、肌の汚れを落とすのに必要なのは、クレンジングと洗顔です。

まずクレンジングでしっかりとメイクを落としましょう。
肌は刺激に弱いものなので、日常のメイク汚れを落とせるレベルの肌ダメージの少ないものを選ぶとよいです。

次にメイク汚れと皮脂汚れは別なので、洗顔でメイク以外の汚れを落とします。
こちらも汚れを落とせる洗浄力のあるもので、低刺激のものを使いましょう。

肌を清潔にしたら、あとはうるおいを与えるだけです。
洗顔後の水分補給として化粧水をつけますが、ただつければいいというわけではありません。

大切なのは、肌の奥で水分をしっかりとキャッチしてくれる保湿成分なのです。
そのため保湿力の高い化粧水を選ぶのがよいでしょう。
化粧水だけでは時間が経つと、水分が蒸発してしまいます。

そのあとに、保湿効果のある美容液を重ねましょう。
乳液やクリームなどでフタをし、うるおいを閉じ込める方法もあります。

こちらは、水分と油分を乳化したものです。
脂性肌の方には、過剰に油分を取り入れると、ニキビの原因にもなりかねます。
肌質によって、取り入れるようにしましょう。

自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です


スキンケアは目的によって選ぶとよいものではありますが、自分の肌に合ったものを選ぶのも大切なのです。

化粧水と美容液は、どんな肌質にも有効的なスキンケアになりますので、きちんとつけましょう。

他のスキンケアアイテムですが、皮脂の多い脂性肌の方は、保湿力の高い美容液を選び、乳液やクリームを省いても構いません。
逆に乾燥肌の方は、しっかりとクリームでフタをするのがよいでしょう。

また年齢を重ねると、皮脂や油分などのうるおい成分が減少していきます。
そのため年齢に合わせて、アイテムを少しずつ足していくのも1つの方法です。

本来の肌質だけではなく、季節や環境の変化など外的要因で、肌の調子は変化します。
そのときどきの肌の状態に合わせて、乳液やクリームをプラスしましょう。
他にも、目や口のまわりなど部分的な乾燥が気になる方は、部分用ケアアイテムをピンポイントで足すのでもよいです。

肌質によって、好みのテクスチャーもあるでしょう。
サラサラ系からしっとり系まで、肌になじみやすいものを選びましょう。

スキンケア以外にも必要なものはあります

美肌を保つには、スキンケアの基本は必要なのものですが、それ以外にも必要なものがあります。

それは、睡眠です。
肌に充分な栄養を行き届くのは、主に睡眠中だといわれています。
そのため美肌には睡眠も欠かせません。
夜更かしせずに早く寝ることを心がけましょう。

睡眠時間が短かったり、寝つきが悪かったりすると、肌のターンオーバーの周期が乱れると考えられています。

いくら肌によいスキンケアを行ったとしても、肌のターンオーバーが滞ってしまっては意味がありません。
質のよい睡眠を取ることも美肌を保つために必要だといえるでしょう。

質のよい睡眠を取るためには、入浴に気をつけることも1つです。
眠りについてからの約3時間が睡眠の質を上げるといわれています。

そこで入眠がスムーズになるよう、入浴は就寝の60~90分前に済ませましょう。
スムーズな入眠は、深部体温が下がったときです。

そのため就寝前に入浴することで体を芯から温め、体温を上げておけば、寝るときに深部体温の低下が速やかになります。

(まとめ)スキンケアに本当に必要なものは?

1.スキンケアで必要なものは、クレンジング・洗顔・化粧水・美容液の4つです

スキンケアは肌の汚れを落とし、うるおいを与えることが目的です。

そこで必要なアイテムは、クレンジング・洗顔・化粧水・美容液の4つになります。
乳液やクリームなどの保湿アイテムは、肌質に合わせて、取り入れるとよいでしょう。

2.スキンケアに必要なものは、目的別に使いましょう

まず肌の汚れを落とすクレンジングと洗顔です。

肌は刺激に弱いので、汚れを落とせるレベルのなかで肌へのダメージが低いものを選びましょう。
次にうるおいを与えるのが化粧水と美容液です。
うるおいを保つために、保湿力の高いものがよいでしょう。

3.自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です

化粧水と美容液以外は、肌質に合わせて選びましょう。

脂性肌の方は乳液やクリームは省いても構いません。
逆に乾燥肌の方はクリームでフタをします。
肌の状態は、齢や季節などによって変化するので、それに合わせて、アイテムを足すのがよいでしょう。

4.スキンケア以外にも必要なものはあります

スキンケア以外にも美肌を保つために、良質な睡眠が必要です。

睡眠時間が短かったり、寝つきが悪かったりすると、肌のターンオーバーが滞り、きちんとスキンケアをしても意味がなくなってしまいます。
就寝の60~90前の入浴で、スムーズな入眠を手に入れましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る