乾燥肌の人も肌断食は効果があるの?

自分で肌断食を行うと乾燥肌の悪化や老化を早めてしまう危険性があります


乾燥肌の人が専門家のもとで行うのではなく、自分で行うと肌が荒れ乾燥などの症状が悪化したり、老化を早めてしまったりする可能性があります。

肌が生まれつき弱い人や乾燥肌の人、敏感肌の人にはあまり向いているとはいえません。

スキンケアを全てやめるのではなく、できるだけ肌の負担となる行為を避け、しっかりと保湿してあげましょう。

また、バランスの良い食事や十分な睡眠も大切です。

生活習慣や食事も同時に改善していきましょう

年齢とともに皮脂の分泌量や水分は低下するため肌断食ではより良い状態になることは難しいです

肌断食は今までケアをして状態を保っていた肌のケアをやめることで、肌本来の力で生まれ変わらせようというものです。

確かにトラブルが改善するケースもありますが、急にケアをやめると肌が荒れたりカサカサしてしまうなど肌を傷めてしまうこともあります。

年齢とともに皮脂の分泌量や肌の水分の蓄える力が落ちてきますので、肌断食を行うことで生まれたての赤ちゃんのようなお肌を手に入れることは難しいでしょう。

セラミドやコラーゲンなどの大事な潤い成分が不足しているので、不足している分は外部から補ってあげる必要があります。

また、数日肌断食を行っただけではお肌は根本的には改善になりません。

数日の肌断食では単にスキンケアを怠ったことと同じことになってしまいます。

残念ながらお肌はそう簡単には回復できないのです。

乾燥肌の人が自分で行う肌断食にはリスクがあります


乾燥肌や敏感肌の人が肌断食を自分で行うことには次のようなリスクがあります。

肌が荒れる

肌断食は、直後は肌が一時的に荒れますが、その後肌が回復していくというものです。

しかし、その回復するまでの期間には個人差があり、今まで肌に負担をかけてきたほどその期間は長くなるといわれています。

乾燥肌や敏感肌で悩んでいる人は一刻も早く治したい気持ちが強いため、その期間がどのくらいかかるのかわからない間はとても不安でストレスになります。

この荒れた状態が「よくなる前兆」の場合もあれば、「肌が悲鳴を上げている状態」の場合もあります。

しかしどちらかなのかは、皮膚科の医師など専門家でないと判断できません。

もしその肌荒れが「肌が悲鳴を上げている状態」だった場合、そのまま肌断食を続けてしまうと余計に乾燥などの症状が悪化する可能性があるのです。

肌の老化を早める原因になる可能性がある

肌断食は肌を乾燥させて、肌の老化を早めてしまう危険性があります。

皮脂の分泌量は年齢とともに減少していくので、肌が水分を保てない状態が続いてしまうかもしれません。

また、私たちは冷房や暖房などが効いた部屋にいることが多いなど、肌が乾燥しやすい環境にいるため、肌断食をしているときにその環境にいれば肌は直接刺激を受けて乾燥してしまいます。

紫外線をダイレクトに浴びてしまう

肌断食ではUVケアもできません。

UVケアをせずに外を歩けばダイレクトに紫外線に当たってしまいます。

紫外線は肌を乾燥させるだけではなく、お肌の老化も早めてしまいます。

日焼け止めは肌の負担になるのは確かですが、何もつけずに外に出るのも肌に悪影響を与えてしまいます。

乾燥肌の人は肌の負担を減らししっかりと保湿してあげることが大切です

化粧品や基礎化粧品などに肌に刺激となる成分が入っているものがあるのは確かですが、現代ではメイクは女性に必要不可欠であることにも違いがありません。

全てをやめるとなると躊躇してしまう人は多いのではないでしょうか。

乾燥肌や敏感肌の人は全てをやめるのではなく、肌に負担となるものを避け、できるだけ肌に刺激となる成分が入っていないものを選ぶようにしましょう。

また、クレンジングが肌を傷める大きな原因であることには間違いないので、石鹸で落とせるタイプの下地やファンデーションに変え、クレンジングは目元だけにするようにすると、症状の改善に効果的です。

日焼け止めも強力なものではなく、紫外線吸収剤が入っていないものなど低刺激で比較的お肌に優しいものを使うようにするなどの工夫が必要です。

肌に負担となるようなものをできるだけ減らしていきましょう。

乾燥肌はセラミドなどの潤い成分が不足している状態なので、セラミドなどが配合された化粧水等で水分を与え、しっかりと保湿することが大切です。

(まとめ)乾燥肌の人も肌断食は効果があるの?

1.自分で肌断食を行うと乾燥肌の悪化や老化を早めてしまう危険性があります

乾燥肌の人が自分で肌断食を行うと、肌の状態の判断がつかないため、症状の悪化や老化を早めてしまう原因になる可能性があります。

乾燥肌の人はスキンケアをやめるのではなく、肌の負担になる行為を避け、生活習慣や食事を改善することが大切です。

2.年齢とともに皮脂の分泌量や水分は低下するため肌断食ではより良い状態になることは難しいです

年齢とともに皮脂の分泌量や水分を保つ力は衰えていくので、よりよい状態になることは難しいです。

また、乾燥肌はセラミドなどが不足している状態なので外部から補ってあげることが大切です。

3.乾燥肌の人が自分で行う肌断食にはリスクがあります

乾燥肌の人が自分で行う肌断食にはリスクがあります。

肌が荒れても「良くなる前兆」なのか「肌の悲鳴」なのか判断がつきません。

肌の悲鳴の場合、症状の悪化などに繋がってしまうこと、乾燥や紫外線により肌の老化を早めてしまうことなどがあげられます。

4.乾燥肌の人は肌の負担を減らししっかりと保湿してあげることが大切です

乾燥肌の人は肌の刺激や負担になるものをできるだけ使わないようにし、低刺激なものに変えて肌にかかる負担をなくしていくことが症状の改善に効果的です。

セラミドなどの潤い成分や水分を外部から補い、しっかりと保湿してあげることが大切です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る