乾燥肌予防のためにはどんな水分補給が効果的?

肌のためには体の外側に加えて内側からも水分補給することが効果的です


潤いのある肌を手に入れるためには、外側からの水分補給と内側からの水分補給が効果的です。

多くの方は、肌の乾燥が気になる際に化粧水で外側からのケアを徹底します。

しかし、たっぷりと化粧水を付けても、内側からのケアをしなければほとんど意味がありません。

肌を内側から整えなければ化粧水の効果が発揮されにくくなってしまいます

乾燥肌を改善するために水分補給は必要不可欠です。

しかし、肌の状態によっては化粧水の効果が十分に発揮できないことがあるのです。

肌が乾燥している場合、角質が厚くなっていることから肌の表面は硬くなっています。

肌の角質が厚いことから化粧水も浸透しにくくなってしまうのです。

化粧水が肌の奥深くまで浸透しなければ、当然肌に水分を与えることはできません。

また、肌が乾燥している場合、水分保持力が低下していると考えられます。

通常肌の角質層では水分を保持しており、これによって潤いが保たれています。

角質層は約0.02mmしか厚みがないため、刺激によって傷つきやすいのです。

この角質層が何らかの原因で傷つき、機能が低下してしまうと乾燥肌になります。

このようなことから、乾燥肌に水分を補給しても、肌が水分を保持できずに蒸発してしまいます。

また、角質層が傷つくと肌のバリア機能も低下してしまいます。

バリア機能が低下することで更に肌は刺激を受けやすくなり、肌荒れの大きな原因となってしまいます。

肌の水分保持力を上げるスキンケアをしましょう


肌の水分保持力を上げるためには、まずは厚くなった角質を除去する必要があります。

角質除去に効果があると言われているのがピーリングです。

ピーリングをすることで古くなった角質が除去され、肌のターンオーバーが整います。

このような角質ケアで肌の浸透率がアップします。

ピーリングで角質を除去しただけでは肌の水分保持力は上げることができません。

角質ケアをしたら、日々のスキンケアに力を入れましょう。

日々のスキンケアで特に意識したいのが保湿です。

肌の乾燥を防ぐためには、保湿が基本です。

保湿をしっかりと行うことで徐々に肌の水分保持力が上がります。

肌に水分補給をする、つまり化粧水を肌の奥深くまで届けるにはビタミンC誘導体がおすすめです。

ビタミンC誘導体は肌の奥深くまで浸透しやすい成分として今注目されています。

乾燥肌改善のために、ビタミンC誘導体が配合された化粧水を日々のスキンケアに取り入れてみましょう。

1日1.5リットルの水分を飲んで体の中からキレイを目指しましょう

肌の潤いのためには食生活も重要ですが、水分を補給することも忘れてはいけません。

特に肌が乾燥しやすい寒い季節は水分補給も怠りがちです。

体内に十分な水分がなければ当然肌も乾燥してしまうため、潤いのある肌をキープするためにしっかりと水分補給をしましょう。

乾燥肌を予防するためには、1日1.5リットルの水分を補給することが望ましいと言われています。

1.5リットルを一気に飲むのではなく、こまめに水分を摂ることが大切です。

ただし、水分なら何でも良いという訳ではありません。

特に糖分やカフェインには注意しましょう。

ジュースやコーヒーで水分補給をするのではなく、水やお茶が望ましいでしょう。

また、冷たい飲み物は体を冷やしてしまうためNGです。

体が冷えてしまうと新陳代謝が悪くなり、肌荒れや便秘などの原因となってしまいます。

温かい飲み物がおすすめですが、夏場に温かい飲み物を飲むのは辛いですよね。

そんな時はせめて常温を心がけましょう。

特にスポーツの後や入浴後はしっかりと水分補給をすることが大切です。

(まとめ)乾燥肌予防のためにはどんな水分補給が効果的?

1.肌のためには体の外側に加えて内側からも水分補給することが効果的です

肌に水分を補給する方法として、外側からと内側からの2つの方法があります。

乾燥知らずの肌をゲットするためには、どちらか片方のケアでは意味がありません。

2つのケアを行いましょう。

2.肌を内側から整えなければ化粧水の効果が発揮されにくくなってしまいます

乾燥肌は角質が厚くなっていることから化粧水の浸透率が低下しています。

また、水分保持力が低下しているため、水分が蒸発しやすい状態です。

そのため、乾燥肌を改善するためには化粧水の効果が十分に得られるように、状態を整えなければなりません。

3.肌の水分保持力を上げるスキンケアをしましょう

肌の水分保持力を上げるためには、まずは水分補給よりも角質を除去して肌の浸透率を上げることが重要です。

角質を除去したら、肌に浸透しやすいビタミンC誘導体配合の化粧水でしっかりとスキンケアを行いましょう。

スキンケアでは保湿を意識しましょう。

4.1日1.5リットルの水分を飲んで体の中からキレイを目指しましょう

肌の乾燥を防ぐためには、1日1.5リットルの水分を補給して体の内側からケアをする必要があります。

この時に注意したいのが糖分やカフェインの多い飲み物は控えることです。

また、冷たい飲み物ではなく、温かい飲み物がおすすめです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る