肌の水分を維持するにはどんな保湿が効果的?

肌の状態や時間帯によって適した保湿をすることが大切です


肌に十分な水分が蓄えられている状態を維持するためには、正しい保湿が欠かせません。

しかし、多くの人は正しい保湿を行っていないため、乾燥肌になってしまうのです。

ただ単に保湿力の高い化粧品を使用していませんか?
正しい保湿は人によって違うため、自分に合った方法を見つけましょう。

保湿とは何かを知ることで効果的に潤いを保てます

保湿とは、肌に十分な水分が保たれた状態のことを指します。

ただ単に肌の中に水分があっても、その状態を維持できなければ正しい保湿とは言えません。

肌が水分を保つためには、水分だけでなく油分も必要不可欠です。

油分は主に皮脂のことで、肌を刺激から守るバリアの働きをします。

皮脂は肌荒れやメイク崩れの原因となるため嫌われることが多いですが、肌の健康のためには必要不可欠なものです。

皮脂を落としすぎないことも保湿においては重要です。

前述したように正しい保湿をするうえで必要となるのが、水分と油分です。

水分は化粧水、油分は乳液やクリームで補うことができます。

保湿を意識したスキンケアでは、どちらか片方だけ使用しても意味がありません。

化粧水は水分を補給する効果が期待できますが、化粧水だけの使用では水分は蒸発してしまいます。

水分の蒸発を防ぐためには油分でフタをする必要があります。

また、乳液やクリームだけ使用した場合、肌は水分不足の状態になってしまいます。

このように、水分と油分それぞれに大切な働きがあるため、スキンケアでは化粧水や乳液、クリームをしっかりと使用しましょう。

保湿のためには化粧水の量やタイミングに注意しましょう


化粧水は肌に水分を補給することができますが、せっかく使用するならより効果が得られる方法で使用しましょう。

化粧水を使用する際に注意したいのが、量とタイミングです。

まず化粧水の使用量ですが、たっぷりとつけることで肌が潤うと思っている人も多いようです。

しかし、化粧水はたくさんつければそれだけ効果が得られるものではありません。

もちろん量が少なければ乾燥肌の原因となってしまいますが、だからと言ってたっぷりと使用するのはもったいない気がします。

化粧水によって適量は違うため、使用量の目安に従って使用しましょう。

化粧水をつけるベストタイミングは、洗顔後すぐです。

洗顔後の肌は最も水分が蒸発しやすく、放っておくとみるみる肌は乾燥していきます。

肌の水分が蒸発するのを防ぐために、出来れば洗顔後1分以内に化粧水をつけましょう。

遅くとも3分以内に化粧水をつけることが、保湿力を高める重要なポイントになります。

洗顔後はすぐに化粧水をつけることを習慣にしましょう。

肌の水分量を上げるために朝と夜の習慣を見直しましょう

肌の水分量を上げるためには、朝と夜のスキンケアを見直すことが重要です。

朝と夜で同じスキンケアをしている人は特に要注意です。

朝と夜では肌の状態は全然違います。

そのため、肌の状態に合わせたスキンケアを行いましょう。

朝の保湿で意識したいのが、洗顔です。

ついつい念入りに洗顔をしてしまいがちですが、朝の洗顔は1分以内が理想です。

また、朝は時間がないことから簡単なスキンケアで済ませてしまう人も多いようです。

しかし、時間が無くてもせめて化粧水だけでなく乳液をつけることを心がけましょう。

意外と多いのが、スキンケアの後すぐにメイクをすることです。

スキンケア後は時間をおいて化粧水などを肌によく浸透させることが大切です。

続いて夜のスキンケアですが、まずは帰宅後すぐにメイクを落とすことを心がけましょう。

メイクをしたままの状態で長時間過ごすと、それだけ肌に大きな負担が掛かってしまいます。

この時、クレンジングはやさしく丁寧に行いましょう。

夜の肌は、1日の疲れが溜まっている状態です。

たくさんの刺激を受けてデリケートになっているため、朝と同じスキンケアでなくより保湿を意識したスキンケアが理想です。

スキンケアは3対7で夜の割合を多くしましょう。

(まとめ)肌の水分を維持するにはどんな保湿が効果的?

1.肌の状態や時間帯によって適した保湿をすることが大切です

水分が蓄えられた肌を手に入れるためには、保湿がとても大切です。

しかし、自分に合った保湿を行わなけれな本来の効果は得られません。

まずは保湿を理解し、自分に合った方法を探しましょう。

2.保湿とは何かを知ることで効果的に潤いを保てます

保湿とは、肌の中に水分がある状態ではありません。

肌に水分が保たれている状態です。

そのためには、水分と油分を補給することが重要です。

スキンケアでは化粧水だけでなく乳液やクリームでの油分補給も行いましょう。

3.保湿のためには化粧水の量やタイミングに注意しましょう

化粧水は、量とタイミングを守って使用することでより高い効果が期待できます。

保湿のためにたっぷりと化粧水を使用したくなりますが、使用量は適量で十分です。

また、洗顔後は肌が乾燥しやすいため、なるべく早く化粧水をつけて水分を補給しましょう。

4.肌の水分量を上げるために朝と夜の習慣を見直しましょう

朝と夜では肌の状態が違うため、肌の状態に合わせた保湿をする必要があります。

朝は時間をかける余裕がありませんが、化粧水だけでなく乳液も使用しましょう。

夜は1日頑張った肌を労わり、リッチなスキンケアで肌に水分を補給してあげましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る