肌の水分量を改善する方法とは?

毎日のスキンケアで肌の水分量を上げることができます


正しいスキンケアを毎日コツコツと続けていくことで肌の水分量を上げて肌質を改善していくことができます。

間違ったスキンケアは肌を乾燥させてしまいます。

水分が十分に行き渡らせてみずみずしい肌になりましょう。

水分を上げるにはとり込んだ水分を逃がさないようにすることが大切です。

自分に適した化粧水を選びましょう

乾燥して水分が足りない肌には化粧水を使って水分を補給してあげる必要があります。

しかし、化粧水は正しい方法で用いなければ効果が得られにくくなってしまうのです。

化粧水で外から補給された水分はそのまま肌にとどまっていることはできません。

蒸発してしまう前に、すぐに保湿ケアをしてください。

化粧水は自分の肌に合ったものを使えばいいでしょう。

高価な商品を購入しても少しずつ使ってしまうと、適量以下の使用量になってしまうので、水分不足が加速されてしまうかもしれません。

たっぷりと使うことができるものにしましょう。

あまりにも乾燥が進んでいる場合には、ビタミンC誘導体が含まれている化粧水もおススメです。

ビタミンC誘導体が含まれていると、肌の奥にまで浸透しやすくなるからです。

たまには化粧水を使ってコットンパックもしてみませんか?
コットンにたっぷりと化粧水を含ませて顔に乗せて10分程度おきます。

コットンパックをすると水分が肌に行き渡るので、プルンプルンの肌になるでしょう。

ただし、この後には美容液やクリームなどで保湿も必要です。

帰宅後はすぐにメイクを落としましょう


仕事や外出先から帰宅したらすぐにメイクをおとしましょう。

夜寝る前にお風呂に入るので、その時までしっかりおメイクをしたままの人もいるでしょう。

また、ついうとうとと眠ってしまって月に1~2回はメイクをしたまま夜中まで過ごす人もいるのではないでしょうか?
これでは美肌にはなれませんし、肌の乾燥が進んでしまいます。

一晩メイクをおとさなければ肌の加齢が進むと言いますから、メイクは早めに落とすように心がけましょう。

メイクを落とす時にも正しい方法を身につけていなければ、肌を荒れさせてしまいます。

洗顔料は泡立てネットを使ってふわふわの泡にしましょう。

その泡をあるおでこやTゾーン、頬、あごなどポイントに乗せてマッサージをしながら広げていきます。

くるくると円を描くようにマッサージをしながら洗っていきましょう。

目の周りや口の周りなどは敏感な部分ですが、細かい部分でもあるので洗い残しの無いようにします。

最後はぬるま湯で洗いながせば完了です。

熱すぎるお湯は角質をはがしてしまうので、30度から32度程度のぬるま湯で何度も洗い流します。

洗顔後には化粧水プラス美容液やクリームをつけて保湿ケアを施せば完璧です。

寝ているときにも保湿ケアをしましょう

メイクをおとして保湿ケアをした後は就寝が待っていますが、就寝中も肌につけた美容液やクリームが浸透しやすいように環境を整えてあげましょう。

寝る時に加湿器を使って部屋を乾燥から守れば、保湿した肌をさらに守ることができますし、部屋全体が乾燥していないと美容液やクリームの肌への浸透も高まります。

加湿器を使うと、窓に結露が出来安くなるから嫌だと言う人もいるでしょう。

その場合にはマスクが便利です。

風邪対策として冬場になると寝る時にマスクをつけて寝る人もいるでしょうが、これを年中行うのです。

マスクをつけていればのどが潤うのと同じように肌も潤いますから乾燥肌対策にもなります。

肌の水分量が少なく乾燥肌気味の人は唇も荒れやすいと思うのですが、マスクをして寝ることで、唇がしっとり潤うので頻繁にリップクリームを塗る必要が無くなるかもしれません。

また乾燥によるしわも出来にくくなるでしょう。

水分量を上げていくためには毎日コツコツと保湿ケアや乾燥肌を防ぐことを行っていかなければなりません。

コツコツと続けていくことで、徐々に水分量がアップし、乾燥知らずの潤い肌になれるでしょう。

(まとめ)肌の水分量を改善する方法とは?

1.毎日のスキンケアで肌の水分量を上げることができます

肌の水分量を上げて乾燥肌を改善するためには正しいスキンケアを行うことが大切です。

正しいスキンケアを毎日コツコツと行っていけば、水分量アップしてプルンプルンの肌になれるでしょう。

2.自分に適した化粧水を選びましょう

化粧水をたっぷりと付けた後は保湿を行いましょう。

化粧水だけではすぐに水分が蒸発してしまうので、乾燥肌は改善できません。

ビタミンC誘導体の含まれた化粧水は肌への浸透率が高いので、みずみずしい肌をサポートできます。

3.帰宅後はすぐにメイクを落としましょう

外出先から帰ったらすぐにメイクをおとして保湿ケアを行います。

出来るだけ保湿ケアをしている時間が長いほど肌は休まりますし、乾燥肌が改善されていきます。

正しい洗顔を身につけて、洗顔後はすぐに化粧水をつけその後美容液やクリームをつけましょう。

4.寝ているときにも保湿ケアをしましょう

寝ている時にも乾燥肌対策をしてプルプル肌をめざしましょう。

加湿器を使えばいつもの保湿ケアがさらに効率の良いものになります。

加湿器が無い場合にはマスクをして寝ることもおススメです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る