乾燥肌でもダブル洗顔が必要なの?

乾燥肌でもダブル洗顔は必要です


ダブル洗顔はクレンジングの後に洗顔を行い、2回洗顔をするのでダブル洗顔と言います。クレンジングと洗顔では落とす汚れが異なります。

肌質に関係なくメイクをしていればW洗顔は必要なのです。

クレンジングだけでもメイク汚れはきれいに落とせますが、毛穴の奥まで汚れを落とすためには洗顔も必要なのです。

クレンジングと洗顔料は落とす汚れが異なります

クレンジングと洗顔料では、効果を及ぼす汚れの種類が異なります。

汚れを落とし切るためにも、メイクをした日にはW洗顔を行いましょう。

メイクには油分が入っています。

そのメイクをすっきりと落とすことが出来るのがクレンジングです。

クレンジングは油分の汚れを落とすのに最適なのです。

洗顔料は水溶性の汚れを落とすのに適しています。

汗やほこり、皮脂、古い角質などは水溶性の汚れに属するので、洗顔料を泡立てて使うことで隅々まで汚れを落とすことが出来るのです。

クレンジングだけでもある程度の水溶性の汚れを落とすことが出来ますが、毛穴の奥にたまっている汚れまでは落としきることが出来ません。

洗顔料をしっかりと泡立てて丁寧にマッサージしながら洗っていけば毛穴の奥の汚れもしっかりと落としきることが出来ます。

ただしメイクをしていないときにはW洗顔をする必要はありません。

油分による汚れがないので、クレンジングをする必要はないのです。

メイクをしていなくても古い角質や汚れ、ほこりなどが肌に張り付いているので、洗顔だけは行いましょう。

乾燥がひどい時にはダブル洗顔を控えましょう


クレンジング剤の中にはW洗顔不要ですと説明書きがされているものもあります。

もちろんW洗顔不要と書いてあっても、汚れを一切残したくないという人はクレンジングの後に洗顔罪で顔を洗ってW洗顔をしてもかまいません。

しかし、乾燥肌がひどい時にはW洗顔不要と書かれていることに従ってクレンジングだけで済ませるといいでしょう。

W洗顔をしなければ肌への負担が減りますから、乾燥状態をさらに悪化させることがないでしょう。

ただしダブル洗顔不要と書かれているクレンジングを使うときにはアイメイク専用のリムーバーを使いましょう。

アイメイクやマスカラが落ちにくいとついゴリゴリとこすってしまいますが、専用のリムーバーでアイメイクを落としておけば力を入れてこすることもないでしょう。

肌にダメージを与えることもありません。

乾燥肌の人はW洗顔をすることで洗顔後に肌のツッパリを大きく感じることがあるでしょう。

洗顔後にあまりに肌がつっぱるような場合はW洗顔をやめましょう。

ただし、W洗顔をやめるのであればW洗顔不要のクレンジングを使いましょう。

どうしても乾燥肌でもW洗顔しなければ汚れが残っているようで気持ちが悪いというなら洗顔料やクレンジングを見直しましょう。

クレンジングと洗顔料を見直すことで肌のツッパリが抑えられるでしょう。

クレンジングは肌の状態に合わせて選ぶことが大切です

クレンジングは肌の状態に合わせて選びましょう。

ベースメイクをしっかりとする人なら洗浄力の強いタイプにします。

それほどベースメイクが国内のであれば多少洗浄力が弱くてもきれいに落とせます。

クレンジングの洗浄力が強いとそれだけ肌に負担がかかると思うかもしれませんが、肌をこすりすぎたり、きれいに落としきれていなかったりする方が問題です。

洗浄力の弱いものを使うと、メイクの汚れをしっかり落としたいと思い強めに肌をこすってしまいがちです。

これでは肌に大きなダメージを与えてしまうでしょう。

クレンジングでメイクをきれいに落としきれないと毛穴の奥にメイク汚れが溜まってしまいますので肌トラブルの原因となってしまいます。

洗浄力が強くても肌への負担があまり感じられないものもあります。

洗顔をするときにもしっかりと洗顔料を泡立てて、ごしごしと肌をこするのではなく、やさしくマッサージをするように洗っていきます。

その後、化粧水や乳液、美容液などを使ってしっかりと保湿ケアをすれば肌は徐々に乾燥肌から改善していくことが出来るでしょう。

(まとめ)乾燥肌でもダブル洗顔が必要なの?

1.乾燥肌でもダブル洗顔は必要です

メイクをした日にはクレンジングの後に洗顔を行うW洗顔が必要です。

乾燥肌だから洗顔は1回で良いということはありません。

肌質に関係なくメイクをした日にはW洗顔をして汚れをすっきりと洗い流しましょう。

2.クレンジングと洗顔料は落とす汚れが異なります

メイクをした日にはクレンジングで洗った後に洗顔料で顔を洗いましょう。

クレンジングはメイクの油汚れを落とし、洗顔はほこりや古い角質などの水溶性の汚れを落としてくれます。

W洗顔をすることで汚れをすっきりと洗い流すことが出来まるのです。

3.乾燥がひどい時にはダブル洗顔を控えましょう

乾燥肌が進んでいるときにはW洗顔を控えましょう。

W洗顔不要のクレンジング剤を使えばクレンジングを使った後に洗顔をしなくても問題ありません。

ただしアイメイクは落としにくいので専用のリムーバーを使った方がきれいに落とすことが出来ます。

4.クレンジングは肌の状態に合わせて選ぶことが大切です

ベースメイクが濃いのに洗浄力の弱いクレンジングを使うと肌にメイク汚れが残ったままになってしまいます。

洗浄力が強くても肌に優しいものを使ってその後きちんと保湿ケアをすれば乾燥肌を徐々に改善していけるのです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る