乾燥肌30代の基礎化粧品選びはどうすればいい?

乾燥肌の30代は肌の悩みに合わせてセラミド入りの基礎化粧品を選びましょう


30代の乾燥肌は乾燥によって毛穴の保水力が落ちた状態になっていますからセラミド入りの基礎化粧品を使って保湿をしましょう。

保水力が低下しているために毛穴のたるみも目立ちがちになっています。

毛穴の引き締め・たるみ対策、ターンオーバーのサポートに有効なビタミンCも入っている基礎化粧品があれば有効に働くでしょう。

30代の肌は乾燥しがちです

30代になると乾燥肌の人は特に水分が失われ、肌が乾燥しがちになります。

30代の肌は20代の時と比べてあきらかに乾燥が進んでいます。

油分も水分も減少傾向です。

生まれたときの肌はプルプルとしていて水分で満ち足りて触るだけで気持ちのいい肌をしています。

しかしいつまでもそのようなみずみずしい肌が続くわけはありません。

人は年を重ねていくものですから、水分は20代をピークに徐々に減っていきます。

30代ともなれば水分だけではなく、油分も減少していくので肌のトラブルも現れてくるでしょう。

肌が水分も油分も足りない乾燥状態になると潤いが足りないので小じわが出てきます。

特に顔の中でも乾燥しやすい口の周りや目の周辺などに小じわができやすくなるでしょう。

30代の乾燥肌は20代に比べれば水分も油分も減少していますが、保湿をしっかりとおこなえば小じわは徐々に解消していくことが出来るでしょう。

紫外線を浴びすぎてしまうと肌の老化は進みますし、乾燥肌も進んでしまいます。

一年中紫外線が降り注いでいますから、紫外線対策は怠らないようにしましょう。

乾燥肌の30代の方は、潤い成分を含んだ基礎化粧品を選びましょう


20代のころの基礎化粧品を30代になった今でも使っている人は今すぐ化粧品を見直しましょう。

30代乾燥肌は20代の基礎化粧品ではケアしきれていないので乾燥が改善されにくくなっているのです。

乾燥しがちな肌は保湿対策をしなければなりません。基礎化粧品を選ぶ場合、肌の水分アップが出来る潤い成分が含まれているものを選びましょう。

30代の乾燥肌は潤いが持続できるような成分が含まれている方がいいでしょう。

ヒト型セラミド

保湿力や浸透力に優れている成分です。

人の角質細胞間脂質にはもともとセラミドがありますが、そのセラミドとほぼ同等なので刺激がなく安心して使用できます。

30代の年齢を兼ねてセラミドが少なくなってきた肌にお勧めです。

ヒアルロン酸

肌の弾力とうるおいをキープする働きがあります。

コラーゲン

サプリメントでとるコラーゲンと異なり、スキンケア商品に含まれている場合は細胞の奥にまで浸透することは難しいでしょう。

ただし、保水力アップには有効に働きます。

乾燥肌の30代は乳液やクリームを活用しましょう

優しくクレンジングや洗顔を行いしっかりと毛穴の汚れを落としたら基礎化粧品でスキンケアを行いましょう。

若いころなら化粧水をつけるだけで終わっても肌のトラブルを感じなかったかもしれませんが、30代乾燥肌のスキンケアは手抜きをすると後々にトラブルとして現れてきます。

基礎化粧品でケアする場合、化粧品の説明書きに適量の目安が書いてあると思いますが、適量とされている量よりも少し多めに使いましょう。

30代乾燥肌は水分と油分が減少している状態です。

化粧水で水分を与えたら水分の蒸発を防ぐためにクリームや乳液を使って蓋をしましょう。

化粧水だけではすぐに肌表面がかさつきます。

潤いを持続させるためですから潤い成分の入ったクリームまたは乳液を付ければいいです。

30代乾燥肌にはどちらか一方で構いません。

老化はまだ早いと思うかもしれませんが、乾燥肌の30代は乾燥を放置しているとすぐに小じわが目立つようになってきてしまいます。

小じわなどのエイジングサインが出始める前に対策を講じましょう。

水分と油分を補給して保湿対策が出来れば徐々に乾燥肌は改善していくことが出来るでしょう。

(まとめ)乾燥肌30代の基礎化粧品選びはどうすればいい?

1.乾燥肌の30代は肌の悩みに合わせてセラミド入りの基礎化粧品を選びましょう

30代の乾燥肌は保湿力が弱まった状態です。

セラミド入りの基礎化粧品を使って保湿をしていきましょう。

気になる毛穴のたるみの引き締めにはビタミンC入りの化粧品が有効です。

2.30代の肌は乾燥しがちです

20代のころは水分の減少だけでしたが30代になると水分だけではなく油分まで減少します。

肌が水分も油分も足りない乾燥状態になると肌トラブルが起き始めます。

30代では乾燥を強く感じる部分に小じわが現れてくるでしょう。

3.乾燥肌の30代の方は、潤い成分を含んだ基礎化粧品を選びましょう

30代の乾燥肌は水分と油分が足りない状態ですし、保湿が出来ていません。

保湿成分が含まれている基礎化粧品を使ってケアをしていきましょう。

20代をピークに減少していく成分であるセラミドが入った化粧品がおすすめです。

4.乾燥肌の30代は乳液やクリームを活用しましょう

クレンジングや洗顔後には正しいスキンケアを行いましょう。

30代乾燥肌は水分と油分が足りていません。

30代は小じわができやすい時期です。

きちんと保湿対策をすることが大切です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る