乾燥肌がするべき夜のスキンケアとは?

保湿をしっかりと行う夜のスキンケアで乾燥肌が改善できます


乾燥肌の人は肌内部の保水力が低いので乾燥しがちになっていますので、夜のスキンケアではしっかりと保湿に力を入れて行いましょう。

夜のスキンケアは洗顔後に化粧水をつけ、その後乾燥しないように乳液やクリーム、美容液で保湿を行っていきましょう。

洗顔後は特に肌が乾燥しやすいので早めにスキンケアをすることが重要です。

夜のスキンケアは朝のスキンケアとは違います

夜の正しいスキンケアを把握しているでしょうか?

今更聞くこともできないという人もいるでしょう。

朝と夜ではスキンケアが異なりますから、夜の正しいスキンケアを身に着けて乾燥肌を改善していきましょう。

夜のスキンケアはメイクをクレンジングで落として洗顔をします。

洗顔後化粧水で水分を補給します。

その後美容液、乳液をつけて最後にクリームでしっかりと保湿を行いましょう。

クレンジング

落ちにくいアイメイクは専用のリムーバーで落としてから優しくクレンジングをしていきましょう。

肌をゴシゴシとこすらないようにするのがポイントです。

洗顔

しっかりと泡立てた洗顔料を肌になじませながらマッサージするように洗っていきましょう。

乾燥肌にはアミノ酸系の肌に優しい洗顔料がおすすめです。

化粧水

水分補給を化粧水で行うのでたっぷりとつけていきましょう。

乾燥が気になるところには何度も化粧水をつけていきます。

美容液

保湿成分がたっぷりと含まれているものがおすすめです。

また肌の悩みに合わせてしわや美白対策が出来るものであれば更にいいでしょう。

乳液・クリーム

乳液やクリームをつけてしっかりと保湿を行います。

乳液だけでもいいですが、水分を閉じ込めてしっかりと保湿を行うためには乳液後にクリームをつけた方がさらにしっとりとした肌になれます。

朝と夜とで同じスキンケアをしてはいけません


時間帯によって肌の状態は変化しますから朝と夜を同じスキンケアを行っていてはいけません。

朝の肌は夜寝ているときに水分が蒸発することによって乾燥気味になっています。

化粧水でしっかりと水分補給をします。さらに朝の化粧水は保湿の役割もしていますので、化粧水をつけた後にクリームでふたをする必要はありません。

夜は肌をしっかりといたわってあげる必要があります。

一日外気に触れていた肌は疲れています。

メイクや洗顔で優しく汚れや老廃物を落とした後は十分にスキンケアを行いましょう。

夜のスキンケアでは、日中に受けたダメージから肌をいたわってあげ、さらに肌が日中のダメージから回復できるようにサポートすることが中心です。

肌に栄養を与えるためにたまにはスペシャルアイテムを使ってケアをするのもいいでしょう。

肌をダメージから回復させるためには肌のゴールデンタイムを活用することも大切です。

肌のゴールデンタイムと言われている夜10時から夜中2時は睡眠時間に充てられるようにしましょう。

上質な睡眠が肌をダメージから守って回復のサポートをしてくれるのです。

乾燥肌の人はパックにも注意が必要です

乾燥肌の人は潤いを増すために夜のスキンケアで化粧水を終えた後にパックをする人もいるでしょう。

パックをすると潤いが増して肌が潤います。

乾燥肌の人は水分が足りない状態ですから、化粧水をたっぷり浸したコットンを肌にのせてコットンパックをする人が多くいますが、やり方を間違えると水分を蒸発させてしまいます。

コットンパックは長時間やりすぎないようにしましょう。

長時間行うと、コットンに含まれる水分と一緒に肌の水分までも一緒に蒸発させてしまうのです。

乾燥を防ぎたいのに余計に乾燥肌に拍車がかかってしまうでしょう。

コットンパックは優しく肌にのせたら、のせる時間は1分から3分でいいのです。

パックのあとは再度手のひらで優しく化粧水をなじませましょう。

この後に美容液や乳液などでふたをするとプルンプルンの肌になれます。

(まとめ)乾燥肌がするべき夜のスキンケアとは?

1.保湿をしっかりと行う夜のスキンケアで乾燥肌が改善できます

夜のスキンケアで保湿を重点的に行っていけば乾燥肌をケアすることが出来ます。

夜は朝のスキンケアとは違います。

正しいスキンケアをすることが肌質を高めるためにも重要です。

2.夜のスキンケアは朝のスキンケアとは違います

夜のスキンケアは洗顔後に化粧水で水分を補給した後しっかりと保湿を行いましょう。

美容液を付けた後は乳液をつけます。

更に保湿を高めるためにクリームをつければ完璧です。

3.朝と夜とで同じスキンケアをしてはいけません

朝と夜のスキンケアは異なります。

朝は化粧水を使って保湿ケアをすることが中心ですが、夜は肌のダメージを回復するために汚れを落として栄養や潤いを与えることが中心となります。

4.乾燥肌の人はパックにも注意が必要です

乾燥肌の人はパックを長時間しすぎると水分が蒸発して余計に乾燥肌が進んでしまいます。

パックは1分から3分程度にしておきましょう。

パックの後は美容液や乳液を使って蓋をすればしっかりと保湿が出来ます。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る