肌に水分を浸透させるためにはどんな方法が効果的?

肌に水分を浸透させるなら、手でパッティングをしましょう


肌に化粧水などの水分を浸透させるためには、手を使ったパッティングが効果的と言われています。

手を使うことで化粧水が温まり、肌に浸透しやすくなります。

また、肌の状態を直接触って確認できることも手でのパッティングのメリットと言えます。

肌がどんな状態かを知り、状態に合わせてスキンケアをすることが肌の健康のためには必要です。

肌に水分が浸透しないのは肌が健康に保たれている証拠です

多くの人は、肌に水分が浸透しないのは肌の状態が悪いからと考えがちです。

しかし、実際にはイメージとは全く逆で、水分が浸透しないのは肌の状態が良いからと考えられています。

顔だけでなく、体全体の肌表面には角質層があります。

角質層には肌の健康に欠かせない2つの働きがあります。

まず1つ目が、内側から水分が蒸発するのを防ぐ働きです。

これによって肌の潤いが保たれています。

そして2つ目が外側からの刺激を防ぐバリアの働きです。

アレルギー物質やウィルスなどだけでなく、水分もこのバリアによって浸透しにくくなっています。

イメージをするなら、食品用のラップが肌全体を覆っているようなものです。

そのため、水分が浸透しやすい肌はダメージを受けていると言えるでしょう。

水分が浸透しやすい肌は、水分だけでなくアレルギー物質やウィルスも肌に侵入しているということです。

肌の調子が整っているなら、スキンケアをしなくても良いの?と思うかもしれませんが、スキンケアは欠かしてはいけません。

肌の状態が整っていても、スキンケアを行うことで良い状態をキープすることができます。

逆に肌の状態が悪い場合には、いつも以上に保湿や水分補給を意識したスキンケアを行う必要があります。

浸透力の高い化粧水には注意しましょう


スキンケアをする際に注意したいのが、化粧水選びです。

肌にたくさんの水分を浸透させたいあまり、浸透力の高い化粧水を選んでいませんか?
このように、浸透力を重視して化粧水を選ぶのはおすすめできません。

浸透力の高い化粧水には、界面活性剤やアルコール成分が含まれていることがほとんどです。

これらの成分は肌に水分を浸透させるために、表面にあるバリアを破壊してしまいます。

バリアが破壊されてしまった肌は刺激によってダメージを受けやすくなります。

様々な肌トラブルの原因になることも考えられるでしょう。

特に敏感肌や乾燥肌の人は、刺激の強い成分が含まれた化粧水は避けるべきです。

確かに化粧水には肌への有効成分が多く含まれています。

その成分をしっかりと肌に浸透させたいと思っている人も多いでしょう。

しかし、健康な肌をわざわざ破壊してまで水分を浸透させる必要はありません。

水分を無理に浸透させなくても、健康な肌は十分水分を保持しています。

このようなことから、化粧水は界面活性剤やアルコール成分が含まれていないものを選びましょう。

それに加えて、弱酸性のものを選ぶとなお肌に良いと言われています。

弱酸性の化粧水を使うことで、肌を弱酸性の状態に保つことができます。

これらを踏まえて化粧水を選びましょう。

ダメージを受けた肌に水分を浸透させるには温めることがポイントです

刺激によってダメージを受けた肌を回復させるためには、水分を浸透させて保湿することが大切です。

前述したようにダメージを受けた肌は水分が浸透しやすいのですが、それと同時に水分が失われやすい状態になっています。

そのため、水分を浸透させて、尚且つその水分を保つ必要があります。

化粧水などの水分を肌に浸透させるためには、温めることがポイントになります。

まず、肌を温めることで毛穴が開き、より肌の奥深くまで入りやすくなります。

肌を温める方法として、蒸しタオルがおすすめです。

作り方はとっても簡単で、濡らしたタオルを袋に入れ、レンジで温めるだけです。

これを顔の上に載せて毛穴を開いてから水分を補給しましょう。

お風呂上がりも毛穴が開いているため、水分を浸透させるチャンスです。

また、化粧水を温めることで肌への浸透力が高まります。

化粧水を温めるには、手に取って手で肌に馴染ませることが大切です。

このように手の温度で化粧水を温められることからも、手を使ったスキンケアが勧められています。

肌に水分を浸透させたら、乳液やクリームでしっかりとフタをしましょう。

乳液やクリームは油分でできており、水分が逃げるのを防ぐ役割を果たします。

ただ単に化粧水をつけただけでは保湿とは言えません。

水分を補給したらフタをすることがスキンケアの基本と言えるでしょう。

(まとめ)肌に水分を浸透させるためにはどんな方法が効果的?

1.肌に水分を浸透させるなら、手でパッティングをしましょう

肌に化粧水を浸透しやすくするには、手でのパッティングがおすすめです。手を使うことによって浸透力がアップするだけでなく、肌の調子を確かめることもできます。

毎日肌の状態を確認し、スキンケアに取り組みましょう。

2.肌に水分が浸透しないのは肌が健康に保たれている証拠です

肌表面には角質層があり、バリア機能の働きをしています。

この働きによって、健康な肌は水分が浸透しにくくなっています。

健康な肌を維持するためには、毎日のスキンケアが欠かせません。

3.浸透力の高い化粧水には注意しましょう

肌に水分を浸透させたいからと、多くの人は浸透力の高い化粧水を選びがちです。

しかし、浸透力の高い化粧水には、アルコール成分など肌に刺激の強いものが含まれています。

化粧水選びの際には刺激の少ないものを選ぶべきです。

4.ダメージを受けた肌に水分を浸透させるには温めることがポイントです

ダメージを受けた肌の回復には、水分を浸透させることとその水分をキープすることがポイントになります。

水分をより浸透させるためには、肌や化粧水を事前に温めることが効果的です。

たっぷりと水分を補給したら、乳液やクリームを塗って保湿しましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る