肌の水分を保つための乳液の役割とは?

乳液の役目は肌の水分と保湿分を補うことです


化粧水は確かに肌に水分を与えてくれますが、それだけではすぐに肌の表面の水分は逃げてしまいます。

美肌を保つためにはその水分や潤いを閉じ込めておくことが必要です。

乳液はそのように水分を保つためのラップのような役割を果たしてくれるアイテムなのです。

乳液は化粧水で吸収した水分を逃がさないよう閉じ込めるはたらきがあります

人によって肌のタイプというのは様々で、持って生まれたものもあります。

それに加えて、どのような生活をしているかでも大きく変化します。

例えば外仕事だったり外でやるスポーツをしていて紫外線にしょっちゅう当たったり、逆に室内でばかり過ごすタイプだったりとライフスタイルによっても肌の状態は異なるでしょう。

夏のクーラーや冬のファンヒーターなど、私たちの生活には季節の温度調整のために備えられた器具がたくさんありますが、そのために乾燥した空気の中で長時間過ごすことが増えているかもしれません。

そうした空気の乾燥は基本的に肌には良い影響をもたらしません。

なんといっても肌の美しさの基本はしっかりと角質層に水分量をキープできているかですので、放っておくとひどい乾燥肌になってしまう可能性もあります。

そのためしっかりと肌ケア、保湿ケアをして潤いを与え続ける必要があるわけです。

女性だけでなく男性でも美しくて爽やかな肌をキープして見た目の印象を良くしたいはずです。

肌の水分を絶やさないためには化粧水と使用する以外にも、化粧水で補充した水分を逃がさず閉じ込めておくための乳液などを用いる必要があります。

化粧水だけではすぐに水分は蒸発してしまうので、乳液やクリームの存在を忘れないようにしましょう。

入浴後は乳液を使って保湿ケアをしましょう


美容クリームやフェイシャルクリームなども一般的になってきているので、そうしたクリーム類を使っているからわたしは乳液は使っていないという方もいらっしゃるかもしれません。

確かに化粧水のあとに塗るものとして、なんとなく同じ役割のような気がしてしまうので、ついつい乳液を使用するのをやめてしまう人もいるかもしれません。

しかし乳液には化粧水で得た肌の水分を逃がさないように守ってくれる役目がありますし、さらに油分も含まれているので、肌を柔らかくしてモチモチした触り心地の良い肌にしてくれる働きがあります。

乳液は惜しみなく使うようにして、たっぷりと手のひらに出し、少し手で温めてから顔になじませていきましょう。

必要に応じてコットンを使用すると古い角質を落とすのにも便利です。

フェイシャルクリームは乳液にあとにプラスして用いると効果的で、特に乾燥肌の方にとっては化粧水、乳液でケアして水分や肌状態をしっかり守るために最後にクリームを使用するのがベストでしょう。

化粧水→乳液→クリームと洗顔後、入浴後は三段階に分けて塗っていくようにしましょう。

肌診断をして自分に合ったスキンケアを実践することも大切です

どんなスキンケア用品を使うべきかなかなかわからない、あるいは雑誌に書いてある通りやっているのになかなか肌トラブルが解決しないという場合は一度専門家の肌診断、肌分析を受けてみると良いかもしれません。

肌チェックができるところは様々ですが、本格的なところだと細胞レベルまで分析できるところもあります。

問い合わせれば無料で診断してくれるケースもあり、どんな原因でトラブルが生じているのか、自分の肌のタイプはどんなもので、どんな対策をとっていけばいいのかまで理解することができます。

アンチエイジングの基本は自分の身体や肌について正しい知識を得て、健康的な生活やケアをおこなっていくことです。

保湿がアンチエイジングのすべてということではなく、エイジングケアの前提となるのが肌の保湿です。

若々しい状態を保ち、身体や肌の状態を良い状態にしたいのであれば、自分に合った方法でボディケアをしていく必要があります。

今はスマホ一つで様々な情報が手に入りますので、肌チェックも含めて色々な方法を試してみてください。

(まとめ)肌の水分を保つための乳液の役割とは?

1.乳液の役目は肌の水分と保湿分を補うことです

保湿には、化粧水でしっかりと肌に染み込ませた水分をきちんと閉じ込めて潤いを逃がさないようにすることが大切です。

乳液などでラップしておく必要がありますし、乳液は保湿分を補ってくれる役割もあります。

2.乳液は化粧水で吸収した水分を逃がさないよう閉じ込めるはたらきがあります

夏はクーラー、冬はファンヒーターなどが乾燥した空間を生み出し、わたしたちの肌を乾燥の脅威にさらすことになってしまいます。

化粧水だけでなく、水分を逃がさないようにする乳液などで潤いをキープする必要があります。

3.入浴後は乳液を使って保湿ケアをしましょう

フェイシャルクリームを使っている人などに見落とされがちなのが乳液の働きです。

乳液は化粧水で得た水分をしっかりと守る働きと、肌を柔らかくしてくれる効果がありますので、ぜひ使うようにしましょう。

4.肌診断をして自分に合ったスキンケアを実践することも大切です

スキンチェックは無料でやってくれるところもありますし、細胞レベルまで分析してくれるところもあります。

自分の肌タイプや、どのようなケアをすることがベストかしっかりと理解することができます。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る