肌の水分を奪ってしまう、間違ったパック方法とは?

長時間のパックはお肌の水分を奪うといわれています


コットンパック(ローションパック)などを長時間顔の上に載せておくと、水分を補給するどころか、お肌の水分まで奪われてしまう可能性があります。

パックを放置しておくと水分の蒸発が始まり、それとともに、パックがお肌の水分を吸収してしまうのです。

使用するパックのタイプによって適切な使用時間がありますので、それに合わせてパックを行うことが重要です。

化粧水のタイプによって適切なパック時間が異なります

皆さんは、普段スペシャルケアとしてパックを行っていると思います。

美容成分を浸透させ、水分でお肌に潤いを与えることが目的とされているパックですが、やり方を間違うと逆効果になりかねません。

「パックを乗せている時間は長ければ長いほど効果が高まる」というわけではないといわれています。

恐らく、市販のパックにも使用時間の目安が書かれていることと思います。

つまり、その数字がそのパックにとって最適な使用時間ということです。

使用する化粧水のタイプによって適切なパック時間が異なるため、次にご紹介する目安を参考にしていただくとよいでしょう。

  • さっぱりタイプ:1~2分程度
  • しっとりタイプ:5分程度
  • とろりとしたジェルタイプ:10分程度

成分や季節によっても異なりますが、一般的に必要な時間は覚えておきましょう。

化粧水の濃度によってパック時間の長さを変えることをおすすめします。

間違った方法でコットンパックをすると、乾燥を招き危険です

市販されているものを使用する人もいれば、手持ちの化粧水を使ってパックをするという人もいるでしょう。

ここでは、手持ちの化粧水を使ってコットンパックをする人向けに、注意したいことをいくつか挙げていきたいと思います。

パックをする時は、化粧水の成分に注意

ニキビケアや美白ケアなど、ご自身の悩みに合わせて化粧水を選べるのがコットンパックのメリットです。

しかし、コットンパックに向いていない化粧水というのもあります。

アルコールやエタノールなどの成分が含まれているものがそうです。

なぜなら、これらの成分は水分の蒸発を速めるため、お肌を乾燥させやすいといわれているからです。

パックで保湿の効果を上げるために

パックをすることでお肌の乾燥を招く可能性があるとご説明してきました。

そこで、パックをしていても保湿効果を損なわないために、あるものを使用するといいそうです。

その、“あるもの”とは、ずばり、台所にあるラップフィルムです。

ビニール素材は水分を蒸発させにくい性質を持っていますから、化粧水でパックした上に載せれば、高い保湿効果が期待できます。

コットンパックの正しい方法とは?

パックの効果が最大限生きるように、コットンパックの正しい方法を、順を追ってご説明していきます。

次の3つを準備してください。

  • コットン(肌への刺激が少ないもの、薄めのものがベター)
  • 化粧水

手順

  1. コットンを水に浸し、しっかりと湿らせます。

    その後、コットンを軽く絞り、水分を少し抜きます。

  2. 広げたコットンに化粧水をしみこませます。

    この時、化粧水がコットン全体に行き渡るようにするとよいです。

  3. コットンを数枚に分け、両手でコットンを引っ張るようにしながら、それぞれを顔全体(おでこ、両頬、あごなど)に乗せます。

    コットンの厚さが均等になっていると尚良いです。

    目安の時間が経過したら、コットンをはがします。

  4. パックの後の保湿ケアも重要です。

    お肌の水分が蒸発しないうちに、乳液やクリームを塗るようにしましょう。

これで、お肌の水分が奪われるのを防ぐことが可能となります。

正しい方法でコットンパックを行えば、お肌の乾燥が改善される効果が期待できます。

(まとめ)肌の水分を奪ってしまう、間違ったパック方法とは?

1.長時間のパックはお肌の水分を奪うといわれています

お肌に潤いを与えるはずのパックですが、長時間乗せたままにしておくと、かえってお肌の水分を奪ってしまう可能性があります。

パックによって時間の目安がありますから、それに従い、パックが乾く前にはがすようにしましょう。

2.化粧水のタイプによって適切なパック時間が異なります

パックは時間が長ければ良いというわけではなく、使用する化粧水の濃さによって目安があります。

さっぱりタイプであれば2分、しっとりタイプであれば5分、ジェルタイプであれば10分と、タイプによってパック時間の長さを調節することが大切です。

3.間違った方法でコットンパックをすると、感想を招き危険です

手持ちの化粧水を使ったコットンパックをする時、アルコールやエタノールなどの蒸発しやすい成分が含まれていないか確認しましょう。

また、パックの上からビニール素材でフタをしてあげれば、水分の蒸発を防ぐ効果が期待できます。

4.コットンパックの正しい方法とは?

コットンを水や化粧水に浸す時、しっかりと湿らせること、パック時間の目安を守ることなどがパックをする上で大切なことだといえます。

また、パックの後は乳液やクリームなどで保湿することも忘れないでください。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る