肌の水分量を食べ物で上げるには?

肌の水分量を上げるための基本はバランスよく食べることです


肌の水分量を上げる食べ物はいくつかありますが、まずは大前提としてバランスの取れた食事が大切です。

水分量が上がる食べ物ばかりを多く摂取しても、栄養面が偏ってしまい美肌を手に入れることはできません。

まずは3食しっかりとバランスの良い食事を習慣付けましょう。

たんぱく質不足は肌のターンオーバーに悪影響を与えます

肌の水分量を上げるためには、まずは肌を健康な状態にしなければなりません。

肌自体が健康でなければ、いくら栄養を補給しても肌の水分を上げることはできないのです。

肌の土台作りに欠かせない食べ物が、たんぱく質です。

たんぱく質は体内に入るとアミノ酸に分解され、全身の細胞へと運ばれます。

肌はもちろん、髪や筋肉、血液などを作るうえでたんぱく質は必要不可欠な成分です。

そのため、たんぱく質不足にならないように注意しましょう。

たんぱく質をしっかりと摂取することで、肌の新陳代謝が活発になります。

新陳代謝が活発になれば肌のターンオーバーも促されるため、肌が健康な状態になります。

これによって、肌には無くてはならない保湿因子であるセラミドが生成されます。

セラミドは、肌の水分を保持している角質層の中の細胞間脂質に含まれています。

細胞間脂質は肌の約8割の水分を保持していることから、潤いのある肌には欠かせません。

たんぱく質は、肉や魚、卵、牛乳などの乳製品、豆腐や納豆などの大豆製品に多く含まれています。

これらを積極的に摂取して、肌の土台を作りましょう。

肌の水分量を上げる6つの栄養素を知りましょう


肌の水分量を上げる効果が期待される栄養素があります。

それぞれの効果を見ていきましょう。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は水分を保持する働きを持つ成分です。

山芋、モズク、オクラ、納豆などネバネバした食べ物に含まれています。

コラーゲン

肌の潤い成分としてよく知られており、魚の骨や皮、鶏の皮や手羽先に含まれています。

コラーゲンを摂取する際には、スープにして飲むのがおすすめです。

ビタミン類

ビタミン類は肌に良い栄養素として知られていますが、特にビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEを積極的に摂取しましょう。

ビタミンAやビタミンB群は肌を強くし、健康な肌を維持する効果が期待できます。

ビタミンCは肌の老化予防、ビタミンEは肌荒れ予防に効きます。

ビタミンは野菜や果物に含まれているイメージがありますが、これら以外の食べ物でもビタミンを含んでいるものは多くあります。

ビタミンAを多く含んでいる食べ物は、色の濃い野菜や鶏レバー、うなぎです。

ビタミンB群はきのこ類や海藻類に含まれています。

ビタミンCは野菜や果物類に、ビタミンEはナッツ類や植物油に含まれています。

良質な油は肌のバリア機能を高めてくれます

油分を補給することで、肌の水分量を上げることができます。

肌の表面には皮脂膜があります。

皮脂膜は主に皮脂と汗で作られており、肌を様々な刺激から守る働きをしています。

皮脂は肌荒れの原因になることから、意識して補給する人は少ないようです。

しかし、年齢と共に皮脂は減少していき、乾燥肌になってしまうのです。

食べ物で油分を補給するなら、良質な油がおすすめです。

肌に良い油として知られているのが、オリーブオイル、ゴマ油、エゴマ油、亜麻二油です。

オリーブオイルは不飽和脂肪酸やオレイン酸、ゴマ油はリノール酸やオレイン酸、エゴマ油と亜麻二油はaリノレン酸を含んでいます。

女性はダイエットを気にして油を控えめにすることが多いのですが、これらの油は肌の水分量をアップする働きがあるためぜひいつもの食事にプラスしてみましょう。

ただし、ゴマ油、エゴマ油、亜麻二油は加熱すると酸化してしまいます。

より肌への効果を求めるのであれば、加熱せずにそのまま摂取することをおすすめします。

(まとめ)肌の水分量を食べ物で上げるには?

1.肌の水分量を上げるための基本はバランスよく食べることです

肌の水分量を上げるためには、バランスの取れた食生活が必要不可欠です。

バランスを意識した食生活の中で、尚且つ肌の水分量を上げる食べ物を摂取すれば肌に潤いをプラスすることができます。

2.たんぱく質不足は肌のターンオーバーに悪影響を与えます

肌の水分量を上げる食べ物としてまず基本となるのがたんぱく質です。

たんぱく質は肌のターンオーバーを促し、健康な肌に導いてくれます。

たんぱく質は肉、魚、乳製品、大豆製品に多く含まれます。

3.肌の水分量を上げる6つの栄養素を知りましょう

肌の水分量を上げるために積極的に摂取したいのが、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミン類です。

ビタミン類の中でもビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEは肌に良い影響があると言われています。

4.良質な油は肌のバリア機能を高めてくれます

肌のバリア機能を高めることで、刺激に強い健康的な肌を手に入れることができます。

水分をたっぷり含んだ肌は、健康な肌であることが大前提です。

ぜひ良質な油を摂取して、肌の水分量を挙げましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る