肌の水分量を上げるために効果的な食材とは?

ビタミンが豊富な食材を中心に、バランスのとれた食事をとることで肌の水分量アップが期待できます


肌の水分量を上げる食材として、ビタミン類やたんぱく質、脂質などが挙げられます。

特にビタミン類を豊富に含む食材は、積極的に摂取することで、乾燥肌の改善効果が期待できるでしょう。

ただし、前提となるのが食事のバランスです。

しっかりとバランスの取れた食事を摂っていなければ、乾燥肌を改善することはできません。

肌の水分の鍵を握るのはビタミン類です

肌の水分量を上げるために積極的に摂りたいのがビタミン類です。

具体的にどんな食材が効果的か、どんな効果があるのかを見ていきましょう。

ターンオーバー促進にはビタミンA

ビタミンAにはターンオーバーを促す効果があると言われています。

肌の水分を保持しているのは角質層ですが、この角質層が正常に働くためにはターンオーバーが欠かせません。

ビタミンAをしっかりと摂取してターンオーバーを整えましょう。

ビタミンAは、うなぎ、レバー、卵に多く含まれています。

また、かぼちゃや人参などの緑黄色野菜にも含まれています。

代謝アップにはビタミンB群

肌の代謝を上げることでターンオーバーが促進され、血液の循環も良くなります。

ビタミンB群の中でも、特にビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12が効果的とされています。

きのこ類や豚肉、海藻、緑黄色野菜に含まれています。

肌のバリア機能を高めるビタミンC

主にフルーツに多く含まれるビタミンCは、肌のバリア機能を高めます。

肌のバリア機能が高まることで外からの刺激を受けにくくなり、乾燥肌の予防にも繋がります。

血液の循環を促すビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用により肌の新陳代謝を高めます。

かぼちゃ、アーモンドなどのナッツ類、うなぎ、大豆などに多く含まれています。

ビタミンB群には様々な働きがあります


ビタミン類の中でも特に注目したいのが、ビタミンB群です。

それぞれの効果を見てみましょう。

参加気宇ビタミンB1
緑黄色野菜や豆類、豚肉などに含まれており、新陳代謝に欠かせないエネルギーを作り出す働きをしています。

ビタミンB1が糖質からエネルギーを作り出すことで、ターンオーバーが促進されます。

これによって肌の健康を保つことができるでしょう。

また、末梢神経の働きを正常にする働きもあることから体の健康のためにも欠かせません。

ビタミンB2

緑黄色野菜、レバー、納豆に多く含まれており、新陳代謝の促進だけでなく粘膜の保護にも効果的です。

不足すると肌質や髪質が悪くなります。

ビタミンB6

レバーやカツオ、ニンニクに含まれており、たんぱく質と一緒に摂取すると良いとされています。

ビタミンB6はたんぱく質を分解し、肌の保湿に欠かせないアミノ酸を作ります。

肌の水分保持の役割を果たす天然保湿因子はアミノ酸から作り出されます。

そのため、肌の乾燥が気になる場合はビタミンB6が含まれた食材をしっかりと摂取しましょう。

ビタミンB12

神経細胞を正常にすることで新陳代謝を促進し、肌のハリや弾力を保ちます。

他にも悪性貧血を予防する重要な役割を持っている栄養素です。

レバーやイワシ、貝類に多く含まれています。

脂質やたんぱく質も必要ですが摂りすぎには注意しましょう

肌の水分量を上げるためには、ビタミン類以外にも脂質やたんぱく質も必要です。

たんぱく質が含まれる食材

肉類、魚類、卵、牛乳、豆乳、豆類、大豆製品、乳製品に多く含まれています。

特に女性は豆乳や豆類、大豆製品からたんぱく質を摂取することが勧められています。

これらには良質なタンパク質だけでなくイソフラボンも含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることから、美容や健康に良い効果が期待できます。

脂質が含まれる食材

脂質は敬遠されがちですが、肌の潤いを保つだけでなくエネルギー源としても欠かせない栄養素です。

脂質は、飽和脂肪酸が含まれるものと不飽和脂肪酸が含まれるものに分けられます。

飽和脂肪酸が含まれている食材は、肉類、卵、乳製品です。

一方不飽和脂肪酸が含まれている食材は、魚類、ナッツ類、ごま、植物油です。

乾燥肌改善のためには、保湿効果を高める不飽和脂肪酸が含まれた食材を食べることをおすすめします。

ただし、肌の健康のためとたんぱく質や脂質を摂りすぎてしまうのも良くありません。

前述したように脂質だけでなくたんぱく質にも飽和脂肪酸が多く含まれています。

飽和脂肪酸は血中コレステロールを高めると言われています。

そのため、バランスを意識して取り入れることが重要です。

(まとめ)肌の水分量を上げるために効果的な食材とは?

1.ビタミンが豊富な食材を中心に、バランスのとれた食事をとることで肌の水分量アップが期待できます

ビタミン類やたんぱく質や脂質は肌の水分量を上げる食材として知られています。

乾燥肌を改善するためには、バランスを意識した食事を摂り、なおかつこれらの食材を摂取するよう心がけましょう。

2.肌の水分の鍵を握るのはビタミン類です

肌の水分を上げる効果が高い食材が、ビタミン類です。

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEのそれぞれに肌に良い効果があるため、毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

3.ビタミンB群には様々な働きがあります

肌の水分不足を感じた際に特に意識して摂取したいのがビタミンBです。

ビタミンB1、B2、B6、B12にはそれぞれ魅力的な効果があります。

これらが多く含まれた食材を食べて、肌の健康を促進しましょう。

4.脂質やたんぱく質も必要ですが摂りすぎには注意しましょう

健康的な肌を作り出すために、たんぱく質や脂質が含まれた食材も摂取しましょう。

ただし、たんぱく質や脂質には飽和脂肪酸が多く含まれていることから食べ過ぎには注意が必要です。

栄養のバランスを考えつつ、プラスしてみましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る