お肌の水分量は飲み物にも関係があるの?

お肌に必要な水分は飲み物として摂取することも重要です


お肌の乾燥には普段から何で水分補給しているのかがとても重要になります。

お肌が乾燥している場合、化粧水や美容液などを使用して体の外側からケアするのももちろん重要です。

しかし、お肌の外側からケアするだけではなく、内側から体の機能を整えていくことも欠かせません。

食生活を改善することや生活習慣の改善もとても重要になります。

しかし水分の補給方法や飲み物の種類にも注目しましょう。

タイミングと量に注意しながら水分補給をしましょう

水分を大量に摂取することで、体の中の代謝が良くなって老廃物を体外排出するデトックス作用が活発になります。

そのため、体に良いことだと思われるかもしれませんが、必ずしもそうではない場合もあります。

一度に大量の水分を摂取すると、体の機能が低下して、体が冷えてしまいます。

そこで、体に負担をかけない水分補給の方法を身に付ける必要があるのです。

自分はただ単に摂取すれば良いのではなく、タイミングや量といったものがあります。

乾燥肌の改善のために、タイミングや量を意識し、尚且つ継続して摂取をし続けることが重要です。

つまり、間違った方法を続けていれば、それだけ体に負担をかけてしまうことになります。

水分を摂取するのであれば、水を摂取しましょう。

コーヒーや紅茶などのカフェインが含まれているものや糖分の多いジュースなどで水分補給をしても意味がありません。

また、一度に大量の水を飲むのではなく、15分に1度最低でも30分に一度は水分補給を行うようにしましょう。

冷たい水を大量に飲んでしまうと、お腹を冷やしてしまい内臓機能が低下し、代謝が低下してしまうこともあります。

最悪の場合には、体が著しく弱ってしまうこともありますので、水分の摂取のタイミングや種類には注意してください。

1日に摂取する水分の量は1,500mlから2,000mlが理想です


水分の摂取量を増やすことが重要なのはわかると思いますが、1日にどのくらいの量を摂取すれば良いのか、という事はなかなかわからないものだと思います。

1日に摂取すべき量を大幅に超えてしまうと、体調不良を引き起こしてしまいますし、不足しすぎてしまうとお肌が乾燥してしまいます。

1日に成人が摂取すべき水分量は1,500ミリリットルから2,000ミリリットルと言われています。

水分をあまり摂取しない方にとっては、非常に多いと思われるかもしれませんが、コップ1杯の水を100ミリリットルと仮定した場合であれば、1日に5杯から6杯に分けて飲むだけで良いのです。

食事中にお茶や汁物を摂取すれば、さらに量を多く摂取することになります。

ただしこれらの両方を一度にまとめて飲むのは良くありません。

特に食前に大量の水を摂取してしまうと、胃液が薄まってしまいます。

胃酸が薄くなるとどうしても消化作用に対して影響を与えてしまいます。

食品をうまく消化できなくなってしまえば、栄養分の補給効率も悪くなってしまいますので、お肌に必要な栄養分を吸収できずに体外へ排出してしまうことになります。

さらに、消化されなかったものが体内に残り毒性の強いガスなどを発生させ、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

1,500ミリリットルから2,000ミリリットルの量の水を1日に何度かに分けて摂取するようにしてください。

水分補給は水でない飲み物でも問題ありません

水分補給は1,500ミリリットルから2,000ミリリットル飲むのが理想ですが、毎日の生活の中でこれだけの水を摂取するはなかなか大変かもしれません。

そこで飲み物を分けるということを考えてみましょう。

食事や間食をするときに飲み物はお茶やコーヒーなどでも問題はありません。

しかし、コーヒーやお茶を飲むのではなく、できるだけ青汁や豆乳といった美肌効果の高い成分を補給するのがオススメです。

また、酵素や豆乳といったものも乾燥肌に対して効果的だと言われています。

体を温める作用のある成分を摂取するように心がけましょう。

生姜湯やハーブティーなどは、体を温め血液の流れを良くしてくれます。

フルーツジュースなどを摂取するのであれば、できるだけ糖分の含まれていないものを選ぶようにしてください。

フルーツジュースの中には果糖だけではなく、糖分で味を調節しているものも多いです。

できるだけ必要最低限の糖分の摂取量で済むことが出来るよう、意識してみて下さい。

また、ポリフェノールはお肌に良いとされているので、お茶などに含まれているポリフェノールを積極的に摂取している方も多いでしょう。

また、ダイエットをしている方は、ポリフェノールには脂肪を分解する働きがあるとされているので確かにオススメではあります。

しかし、脂肪の吸収を妨げるが故に、お肌に必要な脂肪分まで体外排出してしまうことがあるのです。

脂肪は摂取しすぎても良くありませんが、全く摂取しないのもまた問題なのです。

(まとめ)お肌の水分量は飲み物にも関係があるの?

1.お肌に必要な水分は飲み物として摂取することも重要です

お肌はどのようにして水分補給をしているのかによって、潤い方が全く違ってきます。

お肌が乾燥をしている場合には化粧水、美容液を使用し体の外側からケアをするというのも重要です。

2.タイミングと量に注意しながら水分補給をしましょう

お肌の乾燥を予防するためには、水分補給が欠かせません。

水分は摂取する量やタイミングがなによりも重要です。

闇雲に水分の摂取量を増やすだけではなく、15分に一度、もしくは30分に一度は小まめに水分補給をするようにしましょう。

3.1日に摂取する水分の量は1,500mlから2,000mlが理想です

水分の摂取量を増やすことは重要ですが、だからといって過剰に水分を補給してしまうのは良くありません。

水分補給をするのであれば、食事において摂取する水分も含めて、2,000ミリリットルを上限としてください。

4.水分補給は水でない飲み物でも問題ありません

水分補給は水だけでなくとも構いません。

糖分やカフェインの過剰摂取にならないようにして、ビタミンやミネラルを補給できるものを選んでみましょう。

健康的に、お肌の保湿力を高めるうえでとても大切なポイントになります。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る